整腸剤って危険なの?整腸剤のやめ時っていつ?

腸内フローラをよくするために整腸剤を使おうかどうか迷っている人や、整腸剤を使ってはいるけどやめ時が分からない人へ、伝えられることはただ一つ。

「薬には必ず副作用が伴う。腸内フローラは、食べ物で整えるべし!」と言うことです。

整腸剤も立派な薬ですが、ここからは人気の整腸剤の成分表を読み解きながら、危険性を学びましょう。そして、腸内フローラに貢献できる食べ物をお伝えしていきます。

手持ちの整腸剤、それって危険だった

今回ピックアップするのは、人気の整腸剤5種はこちらです。

新ビオフェルミンS ミヤリサン錠 強力わかもと ザ・ガードコーワ エビオス錠
効果・効能 整腸 整腸 整腸
胃もたれ
栄養補給
整腸
胃もたれ
胃もたれ
栄養補給

【乳糖】消化できない添加物

私たちは生まれてから期間限定で母乳やミルクで育てられるので、母乳やミルクに含まれる糖分「乳糖(ラクターゼ)」を消化するための消化酵素ラクターゼは、年齢を重ねるごとに減っていきます。

ラクターゼを持っていない体に「乳糖」を入れると、消化不良を起こし、腸内フローラは滅茶苦茶になってしまうことは、簡単に想像できると思います。

牛乳などの乳製品を飲むと、下痢や腹痛が起きる人は「乳糖不耐症」と診断されますが、病気と言うよりも正常なことなのです。

腸内フローラには脅威な「乳糖」が、お腹の調子を整えてくれるはずの整腸剤に入っていたら、どう思われますでしょうか。

今回リサーチした5種の整腸剤のうち、なんと4種類に含まれていました!

新ビオフェルミンS ミヤリサン錠 ザ・ガードコーワ エビオス錠
成分

どうして高確率で整腸剤に乳糖が含まれているのかと言うと、錠剤を作るうえで乳糖を使用すると、安く済ませることができるからです。

どの整腸剤も、優秀な善玉菌や善玉菌の栄養素を含んでいるのに、乳糖で打ち消される可能性があるのは残念です。

【制酸剤】胃酸の操作は危険

整腸剤は、

  • 胃に効くタイプ
  • 小腸に効くタイプ
  • 大腸に効くタイプ

の3段階に分けられますが、もし「胃」タイプを選ぶ・服用しているのでしたら、非常に危険です。

なぜかというと、「乳糖不耐症」で見たような消化不良が、無自覚に起こっている可能性があるからです。

新ビオフェルミンS 強力わかもと ザ・ガードコーワ
成分

これらは、胃酸の中和をしてくれる成分で【制酸剤】と呼ばれます。胃酸の中和で、食べ過ぎによる胃もたれ・胸やけ症状を抑えられます。

しかし、胃酸の酸を弱めると、食べ物が胃から通り過ぎた時に恐ろしいことが起こります。

  • 口から入ってきたばい菌を、胃の段階で殺すことが出来なくなる。
  • 消化酵素を活性化できず、消化不良を起こしてしまう。
  • 消化不良の食べ物が腸に進むと、腸内で腐って腸内フローラが崩れる。

このように、今抱えている不快感だけを抑えようとすると、胃より先に待っている腸内環境はボロボロになってしまうんです。

【硬化油】腐った油を使っている

エビオス錠に言えることです。

エビオス錠
成分

「硬化油」とは、常温で固まるように加工した油のことです。

錠剤を作る際の潤滑油として使用されていますが、自然界には存在しないこれらの油にはトランス脂肪酸が含まれていて、「腐った油」と呼ばれるほど非常に体に害のある油です。

マーガリンとかショートニングも硬化油の一種で身近なものですが、全身の血管を痛めて動脈硬化を進め、ガン・高血圧・心臓疾患の原因ともされています。

整腸剤を飲まないで腸内フローラをよくする方法

色々いわくつきの存在だと分かってもらえたと思いますが、整腸剤に頼らないで腸内フローラをよくする方法は、ただ一つ。食べ物で、ジワジワゆっくりと整えていくことです。

今回は、生活に取り入れやすい腸内フローラの整え方を、2つお伝えします。

グラノーラで腸内フローラを整える

お通じ改善に食物繊維はマストですが、意外と見落としがちなのが、水溶性食物繊維・不溶性食物繊維のバランスです。

不溶性食物繊維は、便のカサを増やしてお通じをスムーズにしますが、摂り過ぎると水分が吸収されてしまって、逆に便秘に!と言うパターンがよくあります。

水溶性食物繊維には、固めの便を柔らかくする効果があるので、腸内環境を整えるには、どちらの食物繊維の力も必要になってきます。

なお、現代人は食物繊維不足と同じく、実は水溶性食物繊維不足も深刻だってご存知でしたか?便秘になって腸内フローラが乱れている可能性もあります。

ここで、定番野菜の食物繊維の内訳を見てみましょう。

野菜 水溶性 不溶性
にんじん 0.7g 2.1g
たまねぎ 0.6g 1.0g
じゃがいも 0.6g 0.7g
レタス 0.4g 1.4g
キャベツ 0.1g 1.0g

(可食部100g)

野菜と言えば・・・で思いつく野菜、どれも水溶性の量が低いですよね。野菜は好きで食べているという人でも、腸内フローラが整っていない理由はここにありました。

水溶性食物繊維が多く含まれる食品(オクラや山芋などネバネバしたものやキノコ類)も意識的に食べてもらいたいですが、手っ取り早く補えるものとして「オールブラン フルーツミックス」があります。

小麦の外皮部分のブランを使用したフレークに、ドライフルーツを混ぜ込んでいます。水溶性食物繊維も配合されているので、バランスが良いんです。

食物繊維のバランスを計算して、野菜を食べるのが一番なのですが、手っ取り早く食べ物で解決したい人にはピッタリの、優秀な一品だと思います。

乳製品が得意ではない方にも美味しく食べられる方法として、豆乳をかけて食べるという方法もありますよ。

豆乳をかけて食べれば、1食でこのような栄養素を摂ることが可能です。

1食分(40g) 豆乳200mlをかけると
エネルギー 144kcal 261 kcal
たんぱく質 2.8g 10.5g
脂質 0.7g 8.4g
糖質 29.3g 33.4g
食物繊維 4.9g 4.9g
ナトリウム 194mg 375mg
3.3mg 4.2mg
ビタミンA 153µg 153µg
ビタミンB1 0.22mg 0.22mg
ビタミンB2 0.34mg 0.34mg
ナイアシン 4.4mg 4.4mg
ビタミンC 27mg 27mg
ビタミンD 0.80µg 0.80µg
食塩相当量 0.5g 0.5g

豆乳でたんぱく質も増え、より安定感のある一食になりましたね。

乳酸菌サプリメント

形状から「サプリメント=薬」と認識されている人が多いですが、分類上は食品です。乳酸菌サプリメントは、善玉菌をギュッとカプセルに詰めた物なので、腸内細菌のチカラになって働いてくれます。

腸内の善玉菌が増えることで、

  • 免疫アップ
  • 精神安定
  • 美肌効果

などが期待できますので、日頃お通じがスムーズではない人はもちろん、様々な病気の予防にも持って来いです。

ビフィーナS 善玉菌のチカラ 久光EC-12
使用の善玉菌 ビフィズス菌50億個(ロンガム種)

乳酸菌10億個(アシドフィルス菌・ガセリ菌)

乳酸菌20億個(クレモリス菌FC株) 乳酸菌1兆個(エンテロコッカス・フェカリス菌EC-12株)
効果・効能 腸内フローラを良好に、便通を改善する。 クレモリス菌FC株の強力なねばりが、内からの健康をお手伝いする。 善玉菌の増加を強力にサポートし、お腹健康生活を実現する。

どのサプリメントも、生きて腸まで届き、腸内フローラを整えてくれると実証されています。

口から入れる善玉菌が、自分の腸内細菌と手を取り合ってよく働いてくれるかどうかは相性がありますので、しばらく飲み続けないと効果のほどは分かりません。

しかし、どれも使用実験では、平均して腸内の善玉菌が増えたとの報告があります。特にビフィーナSは、腸内の善玉菌の99.9%を占めるビフィズス菌と乳酸菌の絶妙なバランスによる相乗効果が期待できるサプリメントです。

まとめ

整腸剤に頼らなくても、基本的な食べ物が私たちの腸内フローラを整えてくれます。

整腸剤を毎日飲むことは、“薬漬け”の幕開けです。医食同源の伝えにのっとって、美味しく毒性の低い食事で腸内フローラを改善していきましょう。

投稿日:2017年4月27日 更新日:

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.