やっちゃダメなこと・やるべきこと 腸内フローラのすゝめ

最近、ますます注目を浴びてきた腸内フローラ。

以前は健康番組と言えば、テーマがダイエットとか腰痛など、変化が分かりやすいものが主流でしたが、今では腸内環境にスポットを当てたものが多くなっていますよね。

皆さんも、腸内フローラへの関心や意識が高いからこそ、こうやってリサーチするに至ったのではないでしょうか。

しかし、中には腸内フローラを改善するのに良しとされてきたものが、本当は間違っていた! とか、逆に腸内フローラの仕組みを壊していた! という可能性もある行動もあるんです。

例えば、この2つ。

ヨーグルト

お腹に優しいとされてきたヨーグルトは、実は最も危険。ヨーグルトには、「乳糖」という私たちが分解できない成分が入っているので、消化不良になってしまうのです。乳酸菌が乳糖を分解するので、牛乳よりはマイルドな下痢かもしれません。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンの殺菌力は、悪玉菌も弱らせられるとされてきました。確かに強い殺菌力により、消臭剤にも使われています。

でも、カテキンは化学変化で結合すると「タンニン」になり、タンニンが酸化した「タンニン酸」はタンパクを凝固させる働きがあるので、胃粘膜を荒らしてしまいます。

実際に、職業柄お茶を沢山のまなくてはいけない茶道の先生は、胃が縮んでいることが多いんです。胃がただれると、結果として消化不良で腸にまで影響が出てきます。

 

ヨーグルトの乳酸菌が良い→でも乳糖で消化不良
緑茶のカテキンが良い→でも胃を痛ませて消化不良

消化不良の状態で腸に入ってこられると、腸内フローラ的には本当に迷惑で、腸の安定が難しくなってしまうのです。

今まで信じてきたものに頼れないなら?

これら2つは、とても身近で手軽です。更には味も良い!となり、私たちの生活には馴染みすぎているものです。

でも、消化不良に影響していると分かった今、他に頼りにできるものは何か、と考えた時にまっ先にあがるのは「乳酸菌サプリ」でしょう。

乳酸菌サプリとは、腸の善玉菌や、善玉菌を助ける菌を詰めたサプリメントのことです。

ヨーグルトが届けたかった善玉菌も、緑茶が殺したかった悪玉菌も、一手に引き受けてくれるものです。

腸の善玉菌が増えれば腸内pHが酸性になり、アルカリ性の腸内でしか優勢になれない悪玉菌は自然に減っていきます。

ただし、乳酸菌サプリを選ぶのにも、大きく3つのポイントがあります。

  • 体全体を考えた時の副作用がないこと
  • 飲み続けられる形と価格
  • 臨床実験を行っている

です。

一部分だけ見れば、ヨーグルトも緑茶も、十分に優秀なアイテムです。しかし、体に入って作用するかまでの全体として考えると、とんでもないデメリットを抱えた爆弾でしたよね。

乳酸菌サプリを口に入れてから、期待した働きだけして去ってくれるか、副作用がないかどうかを、しっかりチェックします。

同時に、腸内フローラの改善には、根気が要ります。1日2日でガラリと劇的な変化をするのではなく、ジワジワと腸内細菌の傾向を変えていく必要があるのです。

それが一週間なのか、1ヶ月なのか、2ヶ月なのか。人によって違いますから、価格の面で続けられること。そして、飲むうえで嫌にならないという点が大切です。

同時に、このサプリで体はどう変化するのかという臨床データを添えている乳酸菌サプリを選んでください。

サプリに入っている善玉菌と自分の腸内細菌の相性によって、すぐには結果が出ない乳酸菌サプリですから、信じられるものを見せてもらいたいのです。それが臨床データと言うことです。

腸内フローラが話題になってから、乳酸菌サプリは続々販売され、様々なサプリに「乳酸菌入り」と言う文字が入っています。乳酸菌サプリの数は、ヨーグルトの商品数を上回るかもしれませんね。

3つのポイントを満たした乳酸菌サプリって?

沢山ある中から、上記3ポイントを満たした乳酸菌サプリを見つけるのも大変だと思いますので、一番条件に合致するサプリと言うのをお伝えしたいと思います。

ビフィーナS」という乳酸菌サプリです。

>>ビフィーナSを確認する

善玉菌を腸に届ける時、「整腸剤」であれば胃酸を中和して弱めることで、善玉菌の生存率アップを狙います。

しかし、胃酸が中和されてしまうと、本来活性化されるべき消化酵素の働きが弱まって、恐れるべき消化不良にまっしぐら。

そんな副作用を生まないために、ビフィーナSでは特殊なカプセルを使って善玉菌を届けます。胃酸を弱めることなく生存率90%を超えていて、副作用なく腸内フローラを良好にすることができるんです。

ビフィーナSを作るメーカーって?

ビフィーナSは、森下仁丹という老舗の医薬品メーカーが製造販売しています。世間が腸内フローラと騒ぐ前から研究を開始し、ビフィーナSは乳酸菌サプリの先駆けとなりました。

医薬品メーカーだけあって、乳酸菌サプリでの重視ポイント「臨床実験」も提出済みです。

ビフィーナSに含まれる「ビフィズス菌ロンガム種」を2週間服用した所、排便回数の増加や腸の善玉菌が増加に転じたと証明されています。

続けやすい価格かどうかの判断ですが、1ヶ月2,980円なので、1日100円弱の計算になります。ヨーグルトや緑茶を市販で購入した場合と大差ありませんから、本当に腸内環境を整えたい人にとっては、信じて投資するだけの価値があるのではないでしょうか。

>>ビフィーナSの詳細を確認する

ビフィーナSは、カプセルに包まれた善玉菌と、善玉菌のエサになるオリゴ糖が入った、顆粒タイプの乳酸菌サプリです。ニオイの強いサプリや、粒が大きすぎて飲み込むのが大変なサプリと違って、受け入れやすい形状だと思います。

大きな情報源SNSでも、評判もよろしいようです。

実はビフィーナSを先月から飲んでいる。朝のトイレ週間が根付いた。だって座れば出せるし。かなり実感できているから、続けて行きたいと思う。ダイエット系のサプリと違ってまずくない。

#ビフィーナSは美味しいよ

最後に

SNSでは実感の声が聞かれましたが、ここまで優秀なサプリでランキングでは19年も連続1位なのに、一般的な認知度は意外にも低いんですよね。

自己管理ができて、世話好きで他人の健康を願える人ほど、従来の健康法をコツコツ守り続ける人が多いように思います。その想いを、確実に健康につなげることができるのが、乳酸菌サプリだとしたら、どうでしょうか。必要なモノが、必要なトコロに届けられるよう、ただただ祈るばかりです。

乳酸菌サプリを選ぶポイント

  • 体全体を考えた時の副作用がないこと
  • 飲み続けられる形と価格
  • 臨床実験を行っている

一番おすすめは「ビフィーナS」です。公式サイトが一番安く、そして安全です。類似品なんかもありますから、くれぐれもご注意してくださいね。

>>ビフィーナSの公式販売サイトはこちら

投稿日:2017年6月29日 更新日:

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.