ヤクルトに頼って良いの?腸内フローラを整える方法とは

小さい頃は、ジュース感覚で口にしていたヤクルト。
年齢が上がると、腸内フローラを整える目的で飲む大人が増えてきます。

ヤクルトって、甘酸っぱくて美味しくて、どこか懐かしくて。これが健康にいいとなれば、この上ない幸せですよね。

あなたも、ヤクルト生活の真っ只中でしょうか。それとも、これから始めようと考え中なのでしょうか。

でも、実は健康的にはデメリットもあるってこと、ご存知でしたでしょうか。

ヤクルトは糖質が高い

メタボや肥満は非国民! と言われている世の中で、甘いヤクルトの糖質が引っかかります。最もベーシックな「Newヤクルト」65mlでさえ、糖質は11.5gと多め。

角砂糖だと4個分にもなります。

糖質制限ダイエットが流行していることから分かるように、糖質は肥満の原因とされています。そんな中で、いくら腸のためといっても乳酸菌を送るためだけに角砂糖を4個も踏み台にすることは正しいのでしょうか。

ヤクルトには乳糖が含まれる

乳製品に含まれる「乳糖」は、成人では消化できないので、消化不良が起こってしまう成分です。消化不良の症状としては、下痢や軟便があります。

幼い頃は、まだ乳糖を分解する消化酵素を持っているので、ヤクルトを飲んでも副作用は起きづらいのですが、徐々にその消化酵素は減っていきます。乳製品は、子供が飲むものであって、大人には必要ないと、体が判断しているのです。

同じく乳酸菌で腸内フローラ良くするとされてきた「ヨーグルト」でも、乳糖問題は存在します。

 

以上2点が、大人がヤクルトを使って腸内環境を整えるべきではない理由です。

ヤクルトがダメなら?

しかし、ヤクルトを飲むのが習慣になっている人にとっては、名残惜しいことでしょう。でも大丈夫!乳酸菌サプリがあります。

乳酸菌サプリは、乳酸菌など、腸の中で働いてくれる善玉菌を、カプセルやタブレットにまとめたものです。ヤクルトで乳酸菌を届けることで出てくるデメリットをそぎ落としたようなものですね。

近年の腸内フローラブームから、乳酸菌サプリを販売する会社は年々増え、粗悪品もたくさんあります。歴史あるヤクルトに肩を並べられるだけの乳酸菌サプリは、ごくわずか・・・。

ですから、以下の3点に注目して選んでください。

  • 糖質が低いこと
  • ヤクルトの乳酸菌シロタ株と同じレベルの臨床データを提示していること
  • ヤクルトの乳酸菌シロタ株と同じレベルで腸まで生きて届くこと

です。ヤクルトから切り替えるのですから、ヤクルトのデメリットを加味してもこのくらいの実績がないと、気持ちがついてきませんよね。ただ、この条件を完璧に満たしている乳酸菌サプリと言うのも、探し出すのは大変です。

情報収集も手間にもなると思いますので、ヤクルトの代わりを務められる、乳酸菌サプリをお伝えしておきます。

それが、ビフィーナSです。ビフィーナSは、まれに薬局でも取り扱っていますが、主に通販専売のサプリメントです。

>>ビフィーナSについて詳しく

ビフィーナSは、ヒト由来の乳酸菌「ビフィズス菌ロンガム種」が入った乳酸菌です。ヒト由来であるのがポイントで、今いる腸内細菌と手を取り合って働かせることができるのです。

臨床データも、乳酸菌シロタ株と引け目のないものです。

善玉菌の増加データ※非摂取期を1とした場合の増加率
乳酸菌シロタ株(ヤクルト) ビフィズス菌ロンガム種(ビフィーナS)
非摂取期 1 1
摂取期 2 1.5

ビフィズス菌ロンガム種は、繁殖時に乳酸をつくる力が強く、生きたまま腸に届けば活躍が約束されている菌種でした。しかし、熱や酸に弱くて、胃酸で死滅してしまっていたため、サプリや食品では実用化されずにいました。

ビフィーナSは、この弱点を見事に克服し、特殊なカプセルに入れることで、胃酸下での生存率を9割にすることに成功しています。

気になる糖質は0.84gと微量です。

SNSでも、ビフィーナSがお腹の調子を整えてくれたことに関しては絶賛されていましたので、ご紹介させていただきます。

便ピッピが大変で、コーラックは死ぬから、ビフィーナS飲み始めた!(・ω・)イイ!ほそぼそとしてたウ◯チが、ふっくらしてきたし、カチカチしてた便が懐かしいよ・・・。今まで何で知らなかったのかしらね。

#ビフィーナS

ビフィーナSも、しっかりと効果の実感が出来ているのですね。某口コミサイトで、ビフィーナSの口コミを集計したところ、なんと89%の方が整腸作用を実感できたとのことです。

Q.あなたはビフィーナSを飲んで、整腸作用を実感しましたか?

>>ビフィーナSについて詳しく

ビフィーナSを作っているメーカーは?

ビフィーナSを作っているのは、森下仁丹と言う医薬品メーカーです。創業124年は、ヤクルトよりも42年ほどお年寄り。老舗ですね。

医薬品を作るメーカーですから、乳酸菌サプリにおいても、きっちりと臨床データが提示されているんです。データのない乳酸菌サプリもたくさんありますから、信頼するに足るサプリだと言えます。

ビフィーナSって、実は安くありません。1ヶ月2,980円で1日100円ほどはかかりますから、もしもNewヤクルトを飲んでいたら2倍以上の費用を使うことになります。

でも、ヤクルトのデメリットをそぎ落とし、皆さんが期待される効果をここまで得られる乳酸菌サプリは、他にありません。

>>ビフィーナSを確認する

公式ホームページからの購入が一番お得で、丁寧な対応をしてもらえますよ。

最後に

ヤクルトを長年愛用されてきた人にとっては、ショッキングな内容でした。そして、これから始めようと思っている人にとっても、出鼻をくじかせてしまいましたよね。

しかし、お腹の調子を整えて健康になりたいという想いは、長い人生におけるご自身の生活を、よりよくするためのものであるはず。であれば、努力の方向を間違えず、正しい方法で腸内フローラを整えてもらいたいのです。

ヤクルトを上回る乳酸菌サプリの選び方

  • 糖質が低いこと
  • ヤクルトの乳酸菌シロタ株と同じレベルの臨床データを提示していること
  • ヤクルトの乳酸菌シロタ株と同じレベルで腸まで生きて届くこと

おすすめは、ビフィーナSです。

>>ビフィーナSの公式販売サイトはこちら

投稿日:

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.