アレルギーの治し方は体質改善にアリ!アレルギーに負けないためには○○が重要!

悩み別改善方法

アレルギーの治し方は体質改善にアリ!アレルギーに負けないためには○○が重要!

投稿日:

つらい症状を引き起こし、ときには日常生活に影響さえ及ぼすアレルギー。

みんなと同じ環境で過ごせない、同じものを食べられない、同じものを触れない…というのは本当に辛いものだと思います。

しかし、そんなつらいアレルギーも、体質改善で症状が緩和するかもしれないということをご存知でしょうか。

今回は、今まで以上にアレルギーに強くなるための体質改善方法をご紹介したいと思います!

一度発症してしまったアレルギーでも治すことができる?

アレルギーを発症して病院を受診した場合、大抵の医療機関では、抗ヒスタミン薬やステロイド剤といった薬が処方されます。

ところが、これらの薬はアレルギーを完全に治療するものではなく、実はアレルギーの症状を抑えるためのものなんです。

現在の医学では完全にアレルギーを治すことができない?

前述でもお伝えした通り、従来の日本におけるアレルギー治療といえば、症状を抑制する対症療法が中心となっていました。

しかしここ数年前からは、アレルゲン免疫療法といって、アレルゲンを少量ずつ投与することで、体をアレルゲンに慣らして症状を治療する方法も行われるようになってきています。

ただ、この免疫療法に要する期間は3年~5年と長く、アレルギーが完全に改善されるのかと言いますと、今のところはまだハッキリと断言できない状態です。

食物アレルギーの治療はさらに困難

アレルギー治療の中でも特に改善が難しいとされているのが、特定の食品に対してアレルギー症状を発症する食物アレルギーです。

食物アレルギーの治療は医師の指導のもと、アレルゲンとなる食べ物を少量ずつ食べる経口免疫療法というものがあります。

しかしこの経口免疫療法は効果にバラつきがあり、小麦アレルギーに対しては8割以上が成功しているが、乳アレルギーに対しては改善が難しいという問題点もあります。

アレルギーを治したければアレルゲンに反応しづらい体をつくるべし

対症療法・免疫療法・経口免疫療法と、病院で行ってもらえる治療方法をいくつかご紹介しましたが、いずれにせよ、アレルギーを完全に治すというのはかなり難しいと言えます。

そこでおすすめしたいのが、病院に通わずとも、アレルギーに対して強くなれる体づくりです。

そもそもアレルギーというのは、免疫細胞が体に害のない物質に対して「敵だ!やっつけなければ!」と異常反応を起こし、アレルゲンに対するIgE抗体という物質をつくり出すことで症状を引き起こします。

ですから、アレルギー症状を引き起こしたくないのであれば、免疫細胞が正常に反応(体にとって有害な物質だけに反応)するよう、体質を改善すれば良いのです。

アレルギーにもう負けない!体質改善するためにやるべきこと

それでは、免疫細胞が過剰反応しない体質に改善していくためには、具体的にどんなことを行っていけば良いのでしょうか。

答えは簡単、腸内環境を改善すれば良いのです。

腸内環境を整えればアレルギーも怖くない!?

『アレルギーの9割は腸で治る!(だいわ文庫)』という題名の本が出版されているように、アレルギーの改善には腸内環境の良し悪しが大きく影響しています。

というのも、善玉菌(おなかの調子を整えてくれる菌)として知られる乳酸菌やビフィズス菌には、免疫細胞の誤作動を防ぐパワーがあるためです。

私たちの体で働く免疫細胞の中には、ウイルスや細菌に対して働くTh1細胞と、花粉やダニなどのアレルゲンに対して働くTh2細胞というものがあります。

お察しの通り、アレルギーはTh1細胞よりもTh2細胞が優位に働いた際に発症しますが、日常的に乳酸菌やビフィズス菌を摂取することで、何とこのTh1細胞・Th2細胞のバランスを整え、IgE抗体の生成を抑えることができるんです。

つまり、腸内環境を日頃から整えておけば、自ずとアレルギー症状も起こりにくくなるというわけなんですね。

アレルギーに強い体質に改善するためにはまず食事から

アレルギーに強い体質=良好な腸内環境に改善していくためには、まず食生活から見直してみることをおすすめします。

アレルギーに負けない体質改善におすすめの食べ物(一例)
乳酸菌・ビフィズス菌そのものが入っている食品
  • ビフィズス菌入りヨーグルト
  • キムチ
  • 納豆
  • 味噌
  • ぬか漬け など
乳酸菌・ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖が含まれている食品
  • きな粉
  • バナナ
  • はちみつ
  • たまねぎ
  • にんにく など
悪玉菌の増加を抑える食品
  • ごぼう
  • さつまいも
  • ブロッコリー
  • とうもろこし など

※上記の食品のうち、アレルゲンとなるものは摂取しないようにしましょう。

アレルギーの症状緩和にはサプリメントの併用もおすすめ

よりアレルギーに負けない体質改善を目指すのであれば、食事と一緒にサプリメントを併用するのもひとつの手です。

過去の研究で、乳酸菌は

  • 子供のアトピー性皮膚炎の発症率低下
  • アトピー性皮膚炎の症状緩和

ビフィズス菌は

  • 花粉症の症状緩和
  • 乳児のアトピー性皮膚炎の症状緩和
  • アレルギー性の喘息の緩和
  • 食物アレルギーの緩和

に効果を示したと報告されていることから、サプリメントを併用するのであれば、乳酸菌・ビフィズス菌の両方を同時に摂取できるものがおすすめです。

そこで使っていただきたいのがこちら。

ビフィーナEX

機能性表示食品届け出表示 腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。
価格 初回限定3,980円
内容量 1箱30包
一日の目安量 1日1包
菌の種類 ビフィズス菌ロンガム種BB536

乳酸菌アシドフィルス菌

乳酸菌ガセリ菌

その他の成分 オリゴ糖(ラフィノース)

森下仁丹の『ヘルスエイド®ビフィーナEX』は、100憶個のビフィズス菌(ロンガム種BB536)+乳酸菌(アシドフィルス菌・ガセリ菌)が同時に摂取できるサプリメントです。

リアルタイムで発症しているアレルギー症状を抑えることはできませんが、先程紹介した研究結果からもわかる通り、アレルギーの発症予防やこれから起こる症状の緩和には十分な期待が見込めます。

もうすぐ花粉が舞う季節。今からビフィーナEXを摂取しておけば、今年の秋、来年の春はこれまでと違った嬉しい季節を過ごせるかもしれません。

※ヘルスエイド®ビフィーナEXは、原材料の一部に大豆・ゼラチン・乳成分が含まれています。これらの食品に対してアレルギーをお持ちの方は摂取をお控えください。

まとめ

これまで主流だった対症療法だけではなく、免疫療法(経口免疫療法)といった新たな治療方法にも注目が集まってきている現在。

今後のアレルギー対策はさらに進化していきそうですね!

しかし、今の時点でアレルギーを完全に治す方法はないに等しいので、これ以上症状を悪化させないためにも、アレルギーに負けない体質改善を今から行っていくことがとても重要です。

過去の研究でも明らかになっているように、乳酸菌・ビフィズス菌にはアレルギー症状を予防・緩和させる驚きのパワーがありますから、是非とも日常的に意識して摂ってみてはいかがでしょう。

 


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-悩み別改善方法



Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.