悩み別改善方法

潰瘍性大腸炎について学ぼう!原因や症状、治療法をチェック!

投稿日:2018年7月20日 更新日:

自分のお通じ、毎回確認していますか?

お通じは自分の健康の判断をする物差しのようなもの。

自分の健康のセルフチェックは、様々な病気の早期発見に大きく役立つんですよ。

そこで皆さんは下痢が頻繁に出てきたり、血が混じった便が出てきたりしたことは無いですか?

そんな人は『潰瘍性大腸炎』の疑いがあります!

潰瘍性大腸炎の症状は生活に支障をきたす場合がほとんどで、仕事がままならず休職・退職を避けられないケースがよくあるんです。

もちろん、勉強やスポーツに集中することもできなくなりますね…

そんな皆さんの人生に関わる潰瘍性大腸炎という病気について一緒に勉強していきましょう。

潰瘍性大腸炎とは?

自分が患っているかもしれない潰瘍性大腸炎が、『人生に関わる病気』などと言われたら、その病気について詳しく知りたいと思うはず。

そこで、まずは潰瘍性大腸炎がどのような病気なのか一緒に見ていきましょう。

大腸の粘膜に炎症が起こる病気

潰瘍性大腸炎は消化管に起きる病気で名前の通り、大腸に炎症が起る病気です。

その炎症は主に大腸の粘膜を侵し、びらんや潰瘍を形成していきます。

この炎症が生じる範囲によって、

  • 直腸炎型
  • 左側結腸炎型
  • 全大腸炎型
  • 右側結腸炎型

この4つに分けられます。

さらに、潰瘍性大腸炎は再燃と寛解を繰り返す、慢性疾患であるため、完治することは無く一生付き合っていくしか方法はありません…。

こんな潰瘍性大腸炎は、昔の日本ではほとんど見られることのない病気だったのですが、30年前くらいから日本での患者数が急激に増加、今では約18万人もの患者がいます。

このように多くの患者がいますが、幸いなことに重症患者は全体の5%と少なく、それ以外は軽症・中等症の患者さんで占められています。

しかし、軽症・中等症がほとんどであっても、完治することが無い病気だということは事実。

以上のような病気であるため、潰瘍性大腸炎は国が定める『指定難病』に指定されているんです!

潰瘍性大腸炎は国が定めている「指定難病」の1つ

潰瘍性大腸炎は、指定難病の告示番号97に当たる病気です。

そもそも指定難病とは何なのかというと、

  1. 発病の機構が明らかになっていない
  2. 治療法が確立していない
  3. 希少な疾病
  4. 長期の療養を必要とする

この4つの条件を満たしている『難病』の内、

  1. 患者数が日本において一定人数に達しないこと
  2. 客観的な診断基準が確立していること

以上の2つの要件をすべて満たしていること。

さらに、患者の状況、良質かつ適切な医療の確保を図る必要性の高いものとして、厚生科学審議会の意見を聴いて、厚生労働大臣が指定した病気。

それが『指定難病』です。

このように、治療法が確立していない且つ、それが長期にわたるため、この指定難病は国の医療費助成の対象になっています。

ちなみに、指定難病の中には、『クローン病』『パーキンソン病』のような聞いたことのある病気もあるんですよ。

そんな指定難病に分類される潰瘍性大腸炎には、発症しやすい年代があることを知っていましたか?。

若い人に発病しやすいって本当?

指定難病に指定される潰瘍性大腸炎ですが、比較的若い人に発症しやすい病気なんです。

男女とも16歳から、発症するグッと人が増えて30代に入ると徐々に落ちてきます。

ちなみに男女の発症人数の差は、数字上では少しだけ男性の方が多いですが、男女差はほとんど無いといっていいでしょう。

そして潰瘍性大腸炎がどれくらい若い人が発症しやすいかというと、50代の男女に比べて発症人数が2倍も多いというデータがあるほどなんです。

ここで「病気って年齢を重ねるほど発症しやすいイメージだけど違うの?」と疑問を持ちませんか?

もちろん一般的に言えば、それで間違いは無いですが、潰瘍性大腸炎に関しては例外。

なぜなら、潰瘍性大腸炎の発症には近年の食生活の欧米化が起因しているからです!

これが原因だという根拠は、食生活の欧米化が進む前に比べて、現在の若い人の腸内細菌の量が半減したというデータにあります。

腸内細菌の半減は食生活の欧米化により

  • 腸内環境を整える食物繊維が摂取しづらくなった
  • 悪玉菌のエサとなる糖分の摂取が増えた
  • 腸内環境を乱し、下痢の原因にもなる脂質の摂取増えた

このように腸内環境が変化したことで起きてしまいました。

以上のような経過を経て、食生活の欧米化により若い人の腸内細菌が半減したので、潰瘍性大腸炎は若い人に発症しやすいんですよ。

潰瘍性大腸炎の症状を確認してみよう

潰瘍性大腸炎がどのような病気であるかが分かったところで、次は症状について見ていこうと思います。

潰瘍性大腸炎の症状は、下痢や血便だけだと思ってはいませんか?

でも症状はそれだけではない上に、合併症を起こす場合もあるんですよ!

まずは自覚症状から見ていきましょう。

自覚症状

潰瘍性大腸炎の自覚症状は以下の通りです。

症状 発症時期 発現率
血便 発症早期 86%
下痢・軟便 炎症が広範囲に広がった場合 97%
腹痛 63%
体重減少 症状がさらに悪化した場合 37%
全身倦怠感 31%
発熱 20%
食欲不振 14%

このように、潰瘍性大腸炎の症状は発現する時期や発現率にも大きな開きがあります。

この表を見れば病気が今、どのくらい悪化している状態なのかは大体わかりますね。

しかしこれらの症状は、潰瘍性大腸炎が再燃し活動期にあるときにのみ現れます。

そのため、寛解期にはこれらの症状が出ることは無いため、この症状に一生悩まされるわけではないので安心してくださいね。

合併症として発症しやすい病気

潰瘍性大腸炎の自覚症状を確認したところで、次は合併症について見ていこうと思います。

潰瘍性大腸炎の合併症は、大腸や小腸に現れる腸管合併症腸管以外の全身に現れる腸管外合併症の2種類に分けられます。

それぞれの合併症について説明していきますね。

腸管合併症

潰瘍性大腸炎の主な腸管合併症はこちら。

合併症の種類 説明
大量出血 潰瘍性大腸炎の症状として出血は一般的な症状ですが、それとは明らかに異なる大量の出血が起こる。

出血に伴うショック症状や貧血が見られる。

中毒性巨大結腸症

(チュウドクセイキョダイケッチョウショウ)

腸管運動が低下して、腸内にガスが溜まった結果、横行結腸が巨大化し全身に発熱や頻脈などの中毒症状が現れる。

一緒に穿孔を生じる可能性が高く、いったん穿孔が生じれば予後が悪くなる。

狭窄

(キョウサク)

炎症が長期間続いたり、寛解再燃を繰り返したりするうちに腸管が狭くなる(狭窄)、あるいは閉じる(閉塞)こと。

炎症性のポリープが巨大化して腸管内を占拠し、閉鎖することもある。

穿孔

(センコウ)

穿通性の潰瘍(腸に穴が開くようなえぐれ方)ができ、腸に穴が開くことが稀にある。

(ガン)

大腸癌。

長い期間が経過した潰瘍性大腸炎は、炎症が続いたことにより、腸の癌化の危険性が高くなる。

潰瘍性大腸炎の腸管内合併症として以上のような病気が引き起こされ、どれも手術が必要な危険度が高い合併症です。

潰瘍性大腸炎だけでも難病で辛いのに、合併症にかかると肉体的にも精神的にも大きなダメージになってしまうはず…。

中でも、10年以上経過した潰瘍性大腸炎の『全大腸炎型』では大腸がんが多いと言われています。

そのため、症状が治まっていたとしても、定期的な大腸内視鏡検査による早期発見が重要ですよ。

腸管外合併症

この症状は潰瘍性大腸炎が発症した腸管ではなく、全身に現れる合併症。

その種類と説明がこちらです。

合併症の種類 説明
アフタ性口内炎 口の中の粘膜にアフタと呼ばれる小さな潰瘍ができる。

その周辺は赤く腫れ、強い痛みを伴う。

虹彩炎やぶどう膜炎 目に強い痛みを感じたり、まぶしかったり、目が充血したりする。
関節炎 合併症の中で最も発症頻度が高い。

ひざや足首などの関節に痛みが起こる。

結節性紅斑

(ケッセツセイコウハン)

主に足に見られる病変。

放置していると周囲に強い炎症を伴う深い潰瘍になる。

壊疽性膿皮症

(エソセイノウヒショウ)

血液の変化や血流の障害が原因で、静脈内に血栓が作られて血流を阻害する。
強直性脊椎炎

(キョウチョクセイセキツイエン)

脊椎が固まって繋がる病気で、腰背部に痛みが現れる。
原発性硬化性胆管炎

(ゲンパツセイコウカセイタンカンエン)

炎症で胆管が細くなってしまい、胆汁が流れにくくなる。

進行すると胆汁性の肝硬変や肝不全に至ることもある。

以上のように全身に症状を起こすのが、腸管外合併症です。

病気の軽重は、関節炎といった比較的軽い症状から、肝不全といった重大なものまで様々ですね。

腸管内合併症から腸管外合併症まで見てきましたがいかがでしょうか?

これらの合併症の中でも最も怖いのが大腸癌ですよね。

しかし潰瘍性大腸炎の合併症としての大腸癌は、炎症が広範囲に、かつ長く続いた場合に発症します。

そのため、潰瘍性大腸炎を早期に発見し、的確な処置を続けていれば大腸癌になる可能性は低いので大きな心配はいりませんよ。

潰瘍性大腸炎は原因不明の病気って本当…?

これまでさんざん症状や合併症などを見てきましたが、そもそも潰瘍性大腸炎の原因が何なのかよく分かりませんよね。

噂では原因は分かっていないと聞きますが、それは本当なのでしょうか?

そこで、潰瘍性大腸炎の原因について調べてきたので一緒に見ていきましょう。

潰瘍性大腸炎の原因はいまだ分からず…

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に炎症が起きて症状が出る病気。

ということは、その炎症が起きる原因こそが潰瘍性大腸炎の原因となりますよね?

その炎症の原因なんですが…、実はまだ分かっていません!

そもそも指定難病に指定されている時点で、病気の原因は明確ではないというのは分かっていたんですけどね。

しかし、細かな調査の末、現時点で有力視されている原因があることが分かりました!

続いて、その有力視されている原因についてお話していきますよ!

有力視されている原因はコレ!

潰瘍性大腸炎の原因として有力視されている原因は、

腸内の免疫に異常が生じて起きている。ということです!

まず人間の身体には、外から異物が侵入した時に、それらを排除するための免疫機能が備わっています。

しかし、この免疫機能が誤作動すると、自分の大腸の粘膜までも異物とみなして攻撃。

その結果、粘膜が傷ついて炎症が起きてしまうんです。

この説を踏まえて考えると、潰瘍性大腸炎は大腸の免疫機能を正常化することで、症状の軽減、もしくは病気の軽減ができるのかもしれませんね!

潰瘍性大腸炎は指定難病だから死亡率も高いって本当?

潰瘍性大腸炎は原因も明確に分かっていないため、完治することは難しい指定難病。

このように、治療が難しい病気のため死亡率も高いというイメージが強いですよね?

では潰瘍性大腸炎はそのイメージ通りの病気なのか、確かめに行きましょう。

潰瘍性大腸炎の死亡率は高くない!

潰瘍性大腸炎の死亡率は、一般の人との差はほとんどありません。

以前までは発症時の重症度が重いほど、罹患範囲が広いほど手術率、死亡率が高くなるという報告が多かったのです。

しかし近年では、いま言った通り、潰瘍性大腸炎に罹っても生存率に差がないとされています。

そのため、軽症、中等症などではまず死亡することは無いと考えていいでしょう。

しかし、重症化すると悪性疾患(大腸癌)や手術後の合併症により、死亡する可能性が非常に高くなります。

従って、潰瘍性大腸炎が重症化しない為にも早期からの治療が大切ですよ。

ちなみに、潰瘍性大腸炎が重症化し、悪性疾患又は手術の合併症で死亡した人は、男性の方が圧倒的に多いので、男性は要注意です!

潰瘍性大腸炎の治療法は?

早期の治療で重症化を避ければ、死亡率は低い潰瘍性大腸炎。

しかし、原因はわからず完治させる方法は無いため、症状を抑える・症状を現れないようにする等の、継続的な治療が必要になります。

その継続的治療は、症状の度合いにより色々な方法で行われるんです。

では、その治療法について見ていきましょう。

薬物を使用した治療法

潰瘍性大腸炎に罹った人には、患者さんそれぞれの病変や範囲、重症度により治療法は様々。

しかし、基本的にはこの薬物治療が基本となります。

その薬物は大きく4つに分けられるのでそれぞれの作用や副作用について表にまとめたのでぜひご覧ください。

薬物の種類 作用 副作用
5-ASA製剤

(ASA=アミノサリチル酸)

病変部の腸管に直接作用し炎症を抑える。

 

発疹やかゆみ、めまいなどのアレルギー反応を起こす場合あり。
副腎皮質ステロイド 強力な炎症作用がある。 不眠、体重増加、糖尿病、高血圧、感染症にかかりやすくなる。(易感染性)
骨粗鬆症やステロイドを急にやめると副腎不全になる。
免疫抑制剤 体内で起きている過剰な免疫反応の調整。

即効性が無いものもある。

白血球、赤血球、血小板が減る。
易感染性、吐き気、脱毛など。
悪性腫瘍の発生率の増加。
抗TNFα抗体製剤 潰瘍性大腸炎の炎症に直接関与しているTNFαという物質の働きを抑える。 結核、不血症を含む重篤な感染症などの悪化。
悪性腫瘍の発現。

以上のような様々な作用を持った薬物を、それぞれの症状などに合わせて組み合わせながら投与していきます。

これらは効果的な作用を持っていますが、逆に恐ろしい副作用もあることが分かって頂けたはず。

薬物治療はもちろん潰瘍性大腸炎に効果的ですが、それなりの危険のある治療法なんですよ。

血球成分吸着除去療法

潰瘍性大腸炎には活性化した白血球が関与していると考えられています。

そこでその白血球を除去することで、炎症や症状の改善を得るための治療法がこの血球成分吸着除去療法です。

この治療法は、

体外循環装置を使用して腕の静脈から血液を体外に出す。

特殊な筒に通して白血球を吸着・除去した後、再び体内に戻す。

このような方法で白血球の量を減らす医療法です。

これはステロイド治療が効かなかった患者さんに使用され、最大で10回も行う必要があります。

がんや症状があまりに酷いときに行われる外科療法(手術)

最後は手術による療法です。

基本的に潰瘍性大腸炎は薬物治療でコントロールできます。

しかし、下記の5つに当てはまる場合は手術が必要です。

  1. 大量出血が見られる場合
  2. 中毒性巨大結腸症
  3. 穿孔
  4. ガン又はその疑いがある場合
  5. 内科的治療が効かない重症の場合

このような場合には大腸の全摘出を基本に手術が行われます。

ちなみに大腸が無くなっても、生活に大きな影響はないと言われていますが、便が一日7~8回出ることになります。

潰瘍性大腸炎に悩まされている時よりは、マシかもしれませんが不便であることには変わりないですよね…。

以上のように潰瘍性大腸炎の治療法は、

まずは薬物治療、重症な人は手術で大腸を全摘出する。

ということになります。

でも薬物には副作用、手術はそもそも重症化した人にのみ行われ、術後の合併症により死亡するリスクがあります。

では、薬を最小限にして潰瘍性大腸炎を改善できる方法は無いのでしょうか…。

そこで、皆さん紹介するのが、大腸にいるビフィズス菌を摂るということです!

潰瘍性大腸炎の症状を軽減するにはビフィズス菌が効果的!?

「薬には副作用があるし、手術は大腸を全部取らなきゃいけない…。」

「できれば、薬は最小限で潰瘍性大腸炎の症状を軽減したい。」

そんな人には、ビフィズス菌を摂取することをおすすめします!

中でもビフィズス菌ロンガム種BB536は症状軽減率約85%もあるんですよ!

そんなビフィズス菌について見ていきましょう。

症状軽減率85%を誇るビフィズス菌ロンガム種BB536が凄い

そもそも皆さんは、ビフィズス菌を知っていますか?

ビフィズス菌というのは、主に人や動物の大腸の中にいます。

その働きは、糖を代謝して乳酸、酢酸を精製すること。

その結果、大腸を酸性化し、有害物質を生み出す悪玉菌を死滅させ、腸内環境を改善する効果があるんです!

そんなビフィズス菌の中でも、『ビフィズス菌ロンガム種BB536』は潰瘍性大腸炎への効果が研究により明らかになっている菌なんです。

その研究では、なんと約85%もの人が症状レベルが低下し、そのうち約83%が症状の軽減又は消失したというもの。

「潰瘍性大腸炎に効果があります」と、実績無く謳っている乳酸菌とは違いますよ!

しかし、潰瘍性大腸炎を患っている人の腸内は腸内環境が悪いため、ビフィズス菌BB536が少なくなっています。

なので、潰瘍性大腸炎の症状を軽減するためには、ビフィズス菌BB536を身体に摂取する必要があるんです!

「ビフィズス菌を摂るって、例えばヨーグルトとか?」と思っていませんか?

実際にビフィズス菌を含むヨーグルトを食べる方法が主流となっていますが、

それは非常に効率もコスパも悪いです!

そこでおすすめするのが、BB536を配合した機能性表示食品で摂取することです!

ビフィズス菌ロンガム種BB536を配合した機能性表示食品って?

その名も、『ヘルスエイド®ビフィーナEX』です。

まずはその食品の基本情報をご覧ください。

ビフィーナEX
機能性表示食品届け出表示 腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。
価格 初回限定3,980円
内容量 1箱30包
一日の目安量 1日1包
菌の種類 ビフィズス菌ロンガム種BB536

乳酸菌アシドフィルス菌

乳酸菌ガセリ菌

その他の成分 オリゴ糖(ラフィノース)

※薬ではなく食品なので、副作用の心配はありません。

皆さん、機能性表示食品届け出表示の欄に『腸内フローラ』という聞き慣れない言葉がありますね。

腸内フローラとは、善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つの腸内細菌からなる腸内環境のこと。

この腸内フローラを整えると、便通を良くするほかに身体の免疫機能を改善させる効果もあるんです!

身体の免疫の乱れは潰瘍性大腸炎の原因と言われているので、腸内フローラを良好にしてくれるビフィーナEXは潰瘍性大腸炎に効果的といえるでしょう。

潰瘍性大腸炎という病気は、食事から仕事、友人関係など様々なことに影響します。

食事では消化に気を付け、油ものや刺激物などは食べてはいけない、と注意が多く、仕事には下痢や腹痛で集中できず、仕事を辞めたなんて人も少なくありません。

さらには、友人の理解が得られず関係が悪くなり、会うこともなくなったという人もいます。

このように、潰瘍性大腸炎は人生を豊かにしてくれる要因のほとんどに悪影響を及ぼします。

この病気の症状を軽減しなければ、どのような未来が待っているか想像できるかと思います…。

その逆で、潰瘍性大腸炎の症状を軽減できれば、どんなに明るい未来が待っていることでしょう!

食事に気を付ける必要は無く、仕事だってバリバリやって同期より早く昇格するなんてこともあるかもしれません。

もちろん、友人関係も今まで通り、いえ潰瘍性大腸炎という難病を乗り越えたからこそ人に優しく接することができるようになるかもしれません。

このような理想の未来を現実にする為にも、ビフィーナEXを飲んで、潰瘍性大腸炎の症状を軽減しましょう。

まとめ

本ページでは、人生を大きく変える恐れがある潰瘍性大腸炎についてお話してきました。

症状から原因、治療法まで幅広く、情報量も多かったので読むのに疲れてしまったかもしれませんね。

しかし、潰瘍性大腸炎について深く知れた、いい勉強になったのではないでしょうか?

皆さん、ここで学んで知識を生かして潰瘍性大腸炎と戦っていきましょう!


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-悩み別改善方法



Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.