それって潰瘍性大腸炎かも?腸内フローラを整えて症状を改善しよう

悩み別改善方法

それって潰瘍性大腸炎かも?腸内フローラを整えて症状を改善しよう

投稿日:

いつもは便秘気味なのに、最近は下痢が多くなってはいませんか?

または、便が赤くなる血便になってないですか?

そんな皆さんは潰瘍性大腸炎かもしれません!

潰瘍性大腸炎は難病にも指定されている、完治できない病気なので、一生付き合っていくしかありません…。

しかし、その症状を軽減する方法はあるんです!

その方法とは、『腸内フローラを整える』ということ。

いつもと違う便に戸惑い、不安を抱えていたとしても、腸内フローラを整えればいつもの便に戻り、快適な生活に戻ることができますよ。

それでは、潰瘍性大腸炎、腸内フローラ、症状の軽減方法について詳しく見ていきましょう。

潰瘍性大腸炎ってどんな病気?

腸に炎症が起きる炎症性腸疾患の一種である潰瘍性大腸炎。

これの病気は国が定めた『指定難病』に分類されます。

「えっ、そんなすごい病気にかかっているの!?」と不安になっている皆さん。

まずは、皆さんが今悩んでいる症状が本当に潰瘍性大腸炎によるものなのか、確かめてみましょう。

粘膜に炎症が起きることで発症する病気!

潰瘍性大腸炎の症状を見る前に、軽くこの病気がなぜ発症するのか、その原因を見てみましょう。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に炎症が起きることで発症します。

これには過剰な免疫反応が関係していると考えられ、TNF-αという体内物質が過剰に作り出されるため、炎症が起きています。

しかし、その過剰な免疫反応がなぜ起きているのかは、分かっていません。

そのため、潰瘍性大腸炎は原因が分かっていない、完治することができない難病と言われています。

この潰瘍性大腸炎を患って、症状が出ている状態だと自分の好きなように食事ができず、食事制限は必須です。

さらに、激しい下痢や嘔吐などの症状があるため、皆さんの仕事や勉強などにも大きな影響を及ぼします。

潰瘍性大腸炎を患ったせいで仕事を辞め、今は短時間のバイトしかできないという風な声も良く聞きます。

このように、潰瘍性大腸炎は皆さんの快適な生活を大きく変えてしまう難病なんですよ。

続いて、そんな潰瘍性大腸炎の症状を紹介するので、皆さんが実際に潰瘍性大腸炎を患っているのか、確認してみてください。

潰瘍性大腸炎の症状は?

潰瘍性大腸炎として代表的なのが、

  • 下痢・軟便
  • 血便
  • 腹痛

これに加えて、発熱、体重減少、貧血などの症状がみられる場合もあります。

そんな症状が出る潰瘍性大腸炎は、『症状が落ち着いている寛容』と『悪化している再燃』を繰り返すという慢性疾患です。

潰瘍性大腸炎はこのような慢性疾患であるため、悩んでいた症状が治まったとしても、病気が治ったわけではないので安心はできません。

さらに、腸に現れる腸管合併症、腸以外の全身に腸管外合併症などの合併症を起こす危険性もあるんです。

このように、下痢などの症状だけでなく、全身に合併症が起きる可能性がある潰瘍性大腸炎。

その症状をただの下痢として対処することになれば、身体が大変なことになってしまうかもしれませんね…。

皆さんの症状に、潰瘍性大腸炎の症状は当てはまっていますか?

判断基準として、血便の人は第一にこの病気を疑ってもいいでしょう。

それと、いつもは便秘気味なのにいきなり下痢が続くようになった人も要注意です。

完治が望めない潰瘍性大腸炎の症状と一致してしまった皆さん、すごく不安だと思います。

どうにか症状を軽減できる方法がないのか知りたいですよね?

そんな皆さんに朗報です。

実はその潰瘍性大腸炎の症状を軽減する方法があるんです!

潰瘍性大腸炎を軽減する方法とは

ズバリ、腸内フローラを整えること。これに尽きます。

皆さんも腸内フローラという名前は、聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

腸内フローラとは、『人の腸内』と同じ意味です。

言い換えなくてもいいかなとは思うのですが、すごくキャッチーなので耳に残りますよね。

そんな腸内フローラを整えることで、潰瘍性大腸炎の症状を軽減することができるんです。

続いて、潰瘍性大腸炎の軽減方法の詳細を見ていく前に、腸内フローラがどんなものなのか紹介していこうと思います。

腸内フローラとは一体なに?

人の腸内を顕微鏡で見たとき、その中に生息する腸内細菌たちが、花畑(英:flora)に見えたことから、名付けられた『腸内フローラ』。

腸内フローラを整えることで、潰瘍性大腸炎の症状を軽減できると聞き、腸内フローラについて興味を持った人も多いはずです。

そんな腸内フローラについて詳しく見ていきましょう。

理想的な腸内フローラってどんな状態?

理想的な腸内フローラとは、【善玉菌・悪玉菌・日和見菌】この3つの腸内菌のバランスが良い状態です。

「善玉菌?日和菌?それって何?」と疑問に思った方、これから腸内菌の説明をしていくので、安心して見ていってください。

善玉菌

善玉菌は名前の通り、良い働きをする腸内細菌です。

その代表的な菌と作用を簡単まとめたものがこちら。

代表的な菌 作用
ビフィズス菌
乳酸菌
糖質を発酵・分解し有機酸を生成する。

その他に、ビタミンの合成、消化吸収の補助、免疫の調節などを行う。

善玉菌の作用で、理想的な腸内フローラにするために重要なのは、有機酸を生成する作用

この有機酸は、腸内は酸性化して悪玉菌の増殖を抑制したり、減らしたりします。

以上の作用により以下の効果が得られます。

  • 腸の蠕動運動を活発にして排便を促し、便秘や下痢を防ぐ
  • 腸内が酸性化され、病原菌の増殖を防ぎ、身体の免疫を整える

このように善玉菌は、身体にとって良い働きをしてくれる腸内細菌です。

悪玉菌

次は悪玉菌ですが、これもまた名前通りの働きをします。

こちらも、代表的な菌と作用を確認してみてください。

代表的な菌 作用
ブドウ菌
ウェルシュ菌
大腸菌(有毒株)
たんぱく質を腐敗・分解し、腸内に腐敗物を生成する。

表にある作用で悪玉菌が生成した腐敗物は、【有害ガス・細菌毒素・発がん物質】を作り出します。

それによって腸内環境が悪化し、様々な病気を発症してしまうんです。

以上のように、悪玉菌は理想的な腸内フローラとは真逆の方向へ向かわせる菌

従って、悪玉菌は理想的な腸内フローラを作るにあたって、増やしてはいけない腸内菌なんですよ。

日和見菌

最後に日和見菌の説明をします。

この日和見菌も例によって、名前通りの働きする腸内菌です。

代表的な菌 作用
バクテロイデス
大腸菌(無毒株)
連鎖球菌
善玉菌と悪玉菌、数が多く優勢な方の味方になる。

日和見菌は、善玉菌にも悪玉菌にも当てはまらないが、優勢な方につく菌です。

なので、善玉菌が強い時は善玉菌側、悪玉菌が強いと悪玉菌側になるという毒にも薬にもなる菌なんですね。

いかがですか?

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のことについて何となくわかってきたでしょうか?

そんな3種類の腸内菌が、

善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%のバランスで構成されている腸内フローラ、これが理想的だと言われています。

腸内フローラ改善で、潰瘍性大腸炎にどんな効果が?

理想的な腸内フローラに改善することで、排便に関わることだけでなくあらゆる病気を軽減できます。

特に潰瘍性大腸炎には、大きな効果を発揮します。

潰瘍性大腸炎は、腸内の免疫が過剰反応することで症状が起こっている病気。

そのため、腸内の免疫を整えられれば、症状を軽減できるということですよね?

では、その腸内の免疫はどうすれば整うのか。

これには皆さんの中に、既に気付いている人もいるんじゃないでしょうか?

そうです、腸内フローラを改善することで腸内免疫は整い、症状も軽減できるんです。

では、理想的な腸内フローラにするための改善方法をこれから紹介していきますね。

腸内フローラを整えて潰瘍性大腸炎が軽減する!

腸内フローラを改善する方法それは大きく2通りあります。

それがこちら。

  • 他人の腸内フローラを移植して改善する
  • 善玉菌を取り入れて、自然に腸内フローラを改善する

この2つについて詳しく紹介していきますね。

腸内フローラ移植で潰瘍性大腸炎を軽減!

まずは他人の腸内フローラを移植して改善する方法から紹介します。

他人の腸内フローラを移植するというのはイメージしずらいと思いますが、方法は至って簡単。

他人の便を移植するということです。

私はこれを聞いたとき、正直引いてしまいました…。

言葉が強烈なので、皆さんもそういう気持ちになっている人もいるのではないでしょうか?

しかし、便移植という名前ですが、便をそのまま移植するというわけではありません。

移植するのは、便から精製した移植用の菌液なので、安心してくださいね。

でも少し潔癖症の私ですが、この治療法を施すのは気が進みません。

なんか、他人の菌が身体の中に入るって少し気分が悪いですよね…。

さらに、保険適用外の治療法なので費用はすべて実費で、調べたところたった6回の移植で200万近くの費用が必要になるそうです。

それに加えて、最後に重大な事実をお伝えします。

実はこの治療法で潰瘍性大腸炎への有効率は20%。

このように、便移植での潰瘍性大腸炎の症状軽減の見込みは低く、金銭面でも現実性も低そうですね。

便移植はダメっぽい…、そんな人は乳酸菌で軽減!

次は、善玉菌を取り入れて自然に腸内フローラを改善する方法です。

この方法は、サプリメントなどから乳酸菌などの善玉菌を摂取することで治療していきます。

便移植とは違い、他人の菌を身体に入れるという不安もないですし、費用も大きく抑えられます。

そして、継続的にサプリから善玉菌を取り入れるため、有効性にも期待はできますよ!

潰瘍性大腸炎の症状を軽減するうえでの注意点

最後に潰瘍性大腸炎の症状を上記の2つの方法で改善するときの注意点を2つ紹介します。

1つ目が、即効性が無いということ。

どちらの方法をとるにしても、根本的には腸内に善玉菌を増やしているだけ。

そのため、薬のように短期的な効果を得られる方法ではないので、即効性は無いといってもいいでしょう。

2つ目が、継続的に行わなければいけないということ。

先ほどの言ったように、どちらの方法も腸内に善玉菌を入れているだけです。

従って、善玉菌が減れば追加してまた取り入れなければいけません。

さらに、潰瘍性大腸炎は完治することは無いので、ずっと続けていかなければいけません。

これを考えると、費用の面は凄く重要ですよね。

効果や費用を考慮して、潰瘍性大腸炎の症状緩和の方法でおすすめなのは、

善玉菌を乳酸菌サプリなどから摂取する方法。

この方法をとれば、潰瘍性大腸炎の症状を軽減し、快適な元の生活に戻れることでしょう。

腸内フローラを改善して、潰瘍性大腸炎を軽減できる乳酸菌サプリがあるって本当?

潰瘍性大腸炎の症状を軽減する方法としておすすめするのは、乳酸菌サプリを飲むこと。

でもどんな乳酸菌サプリを飲めばいいのか、よく分からないですよね?

そこで、潰瘍性大腸炎の症状を軽減するおすすめの乳酸菌サプリを紹介します!

腸内フローラを改善できる乳酸菌サプリの条件はコレ

最初に、腸内フローラを改善できる乳酸菌サプリの条件を見ていきましょう。

潰瘍性大腸炎の症状軽減への効果がある善玉菌が配合されているか

これが最も重要ですよね。

皆さんもご存知かもしれませんが、善玉菌は数えきれないほどの種類があり、それぞれ効果も違います。

そのため、潰瘍性大腸炎への効果がある善玉菌を配合したサプリを選ぶ必要があります。

その中でもおすすめな善玉菌は『ビフィズス菌ロンガム種BB536』です。

この菌は、潰瘍性大腸炎の緩和作用があると認められ、発表されています。

従って、ビフィズス菌ロンガム種BB536を配合していること。

これが潰瘍性大腸炎の症状軽減を目的として乳酸菌サプリを選ぶうえでの、第一条件です。

善玉菌のエサが配合されているか

腸内で働いている善玉菌は生物なので、エサが無いとしっかりと働いてくれません。

さらに、善玉菌が腸内で生きて活動するためにも必要不可欠な成分です。

そのため、善玉菌のエサとなる『オリゴ糖』を一緒に摂取することが大切になります。

善玉菌が生きたまま腸内まで届けられること

善玉菌は死んでいても効果を発揮する場合もありますが、潰瘍性大腸炎の症状緩和に対しては、生きていないと意味がありません。

なぜなら、善玉菌が腸内の糖を代謝し、有機酸を作らなければ腸内フローラを改善できないからです。

ちなみに、代謝とは人間でいるところの食事から排泄までの一連の流れと同じ。

死んでしまっては食べることも排泄することもできないですよね?

従って、潰瘍性大腸炎の症状を軽減するためには、善玉菌を生きたまま腸内へ届ける必要があるんです!

以上の3つの条件を考慮した上で、私がおすすめするサプリをお教えしますね。

潰瘍性大腸炎に効果がある乳酸菌サプリはどれ?

潰瘍性大腸炎に効果があるサプリはズバリ、

『ヘルスエイド®ビフィーナEX』です!

まずは、このビフィーナEXの基本情報をご覧ください。

ビフィーナEX
機能性表示食品届け出表示 腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。
価格 初回限定3,980円
内容量 1箱30包
一日の目安量 1日1包
菌の種類 ビフィズス菌ロンガム種BB536

乳酸菌アシドフィルス菌

乳酸菌ガセリ菌

その他の成分 オリゴ糖(ラフィノース)

ビフィーナEXはこのような乳酸菌サプリです。

先ほどの条件に照らし合わせてみていくと、

ビフィズス菌ロンガム種BB536は100億個配合し、オリゴ糖も0.3グラム配合。

そして、胃酸に強い小さなカプセルに入れられているため、BB536を生きたまま腸内へ届けることができます。

このように、ビフィーナEXは潰瘍性大腸炎の症状を緩和するためのサプリの条件をしっかりと満たしています。

潰瘍性大腸炎を患った人は、

  • ちゃんとした食事をとることができず、お菓子なんて食べられない
  • 下痢や嘔吐のせいで仕事ができなくなり失業
  • 症状のせいで、パートナーに見限られ恋愛もできない

このような暗い未来しか待っていないように思えます…。

しかし、このビフィーナを飲めば、潰瘍性大腸炎の症状は緩和され、食事も仕事も恋愛だって、何に邪魔されることもありません!

ビフィーナEXを飲むか飲まないか。

皆さんの将来はこの判断で大きく変わるといっても過言ではないでしょう。

そんなビフィーナEXは1日約130円と価格も安く、1日1袋飲むだけ。

潰瘍性大腸炎の症状を緩和するために継続して飲んだとしても、皆さんの負担にはなりませんよ!

※21年連続売り上げNo,1サプリのため、品切れする場合がありますのでご注意ください。

まとめ

潰瘍性大腸炎、腸内フローラについて詳しくお話しましたが、よく分かって頂けたでしょうか?

潰瘍性大腸炎の症状を改善するには、腸内フローラを改善すること。

そして、その腸内フローラを改善するには、腸内の善玉菌を増やすこと。

これが本ページで最もお伝えしたかったことです。

その方法として、便移植や乳酸菌サプリを飲むという方法があります。

どちらの選択をするかは皆さん次第ですし、どちらが正しいかは試してみないと分かりません。

しかし、潰瘍性大腸炎は早期的な対処が大切です。

どの方法を試すのか、出来るだけ早く判断して試してみてくださいね。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-悩み別改善方法



Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.