サプリメント

アレルケアはアトピーの救世主となるのか。成分から考察

投稿日:2016年8月4日 更新日:

かゆくて夜も眠れない。
肌がボロボロで、薄着の季節が怖い。

そんな悩みを抱えたアトピー性皮膚炎の方は多いですね。病院で処方された薬を飲んだり塗ったりしても、なかなか症状が改善しないことも多々あります。

そこで登場したのが、アトピーをはじめとしたアレルギーに効果があるとされる「アレルケア」という乳酸菌サプリです。アレルケアが、どのようにアトピーに作用してくれるのか、そしてアトピーの原因など、関係を詳しく見ていきましょう。

アトピーってどんな病気?原因は?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹ができ、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピーの原因を作るのは、いったい何なのでしょうか?それは、大きく体の内側と外側の要因に分けられます。

体の内側の要因

それでは、体の内側で作られるアトピーの要因を見てみましょう。

《アトピー素因》

アトピーの要因に「アトピー素因」があります。

アトピー素因とは、本人またはその家族にアレルギー性の疾患があるか、免疫物質である「IgE抗体」を作りやすい体質のことをいいます。

IgE抗体とは、体に入った特定の異物(アレルゲン)に反応してTh2(免疫細胞)から作られるタンパク質のことです。

IgE抗体が異物を体から除去しようとする反応を「免疫反応」と呼ぶのですが、IgE抗体は体に直接害のないダニや花粉などの異物にも反応してしまうことがあり、アレルギー症状が出てきます。

アトピー性皮膚炎にもこのIgE抗体が関係していると考えられていますが、ハッキリと解明されていません。

《アレルギー》

アレルギーには免疫が大きく関係しており、過剰な免疫反応がアレルギーであるといえます。免疫系にはTh1細胞とTh2細胞がいて、これらがバランスを保って免疫反応をコントロールしていますが、このバランスが崩れるとTh2細胞が働きすぎる状態に陥ります。

その結果、アレルゲンと反応するIgE抗体が多く作られすぎ、過剰な免疫反応=アレルギーが起こってしまうのです。

 

アトピーは必ずしもアレルギーによるとはいえませんが、全体の約8割ほどがアレルギーによるものだと推測されています。ですから、アレルギーによってアトピーが起こっているのであれば、アレルギーの原因となる因子(アレルゲン)が影響していると考えられます。

ダニや動物の毛、ほこりなどの生活環境にあるアレルゲンと、卵や小麦、大豆などの食物のアレルゲンがあります。

体の外側の要因

体の外側の要因も見てみましょう。

《乾燥肌》

多くのアトピー患者の肌は、乾燥肌であることが分かっています。

健康な皮膚は皮脂などでバリアができており、体内の水分が出ていくことを防いでいるほか、外からの異物の侵入を防ぐ役割があります。乾燥肌ではこのバリア機能が弱く、刺激に弱くなるので、かゆみ起こるのです。

《アレルギー以外》

アレルギー以外では、汗や乾燥、化粧品や洗剤などの化学物質の刺激のほか、過労やストレスなどもアトピーの要因となり得ます。 

アトピーの症状を改善させるには?

体中かゆくて、掻いているうちに皮膚がボロボロになってしまう、辛いアトピーの症状を少しでも良くしたい!そんなとき、どのようなことができるのでしょうか?

アトピー改善のために避けるべきことは?

避けた方が良いことはたくさんあります。以下はその一例です。

  • ダニやほこり、動物の毛などが掃除されていない
  • チクチクするような繊維の衣類
  • 添加物や刺激物の多い食事
  • 肉中心の食事
  • 爪を長くして、掻いた皮膚に傷がつく
  • 肌の洗いすぎや化粧品で荒れている
  • ストレスをためる
  • 不規則な生活

アトピー改善のためにしたいことは?

アトピーを改善するために色々なアプローチができます。ここでは、体内リズム・自然治癒力・食生活の3つの見直しを考えてみましょう。

体内リズム【体内時計を整える】

人間には体内時計ともいえるようなリズムが備わっており、「朝起きて夜眠る」という、昔から良しとされている生活をすることが一番健康的なのです。

正しい体内リズムの中でこそ、皮膚の再生や回復が正常に行われます。規則正しい生活を心がけて体内リズムを整えることが、アトピー改善への第一歩となるかもしれませんね。

自然治癒力【体の中から強くする】

人間には病気や傷を自分自身で回復しようとする自然治癒力が備わっています。自然治癒力が低下していると、アトピーの症状も改善せず、悪化してしまうのです。

自然治癒力には、壊れた細胞を治す自己再生機能と外敵と戦う自己防御機能があります。自己防御機能の中心となるのがアトピー要因として挙げた免疫なので、免疫力を高めると、自然治癒力も高まるのです。

自然治癒力を高める方法には、適度な運動・ストレスをためない・体を温める、などがあります。

食生活【栄養と腸内フローラ】

皮膚の健康を保つ栄養素ビタミンやミネラルは、野菜や果物に多く含まれます。これらの栄養素をバランスよく摂取し、逆にアトピーに悪影響とされる動物性脂質や砂糖、香辛料、食品添加物を避けてください。食生活は、何においても基礎となってくるものです。

また、意外にもアトピー性皮膚炎の人は胃腸が弱かったり、腸内フローラが乱れている人が多いようです。

免疫系の大半は腸に集まっており、悪玉菌が増えると免疫バランスが崩れるとされています。これが、近年腸内フローラが脚光を浴びる理由になっています。腸内フローラを整えることで免疫力が強くなるほか、便通を良くすることで有害物質を溜め込まない体質にすることができます。

食事で腸内フローラを整える方法には、腸内で善玉菌になって働いてくれる菌が入った食品を食べることと、善玉菌のエサになる食品を食べることがあります。善玉菌が入った食品とは、菌の働きで風味が変化した「発酵食品」がこれにあたります。

善玉菌のエサになる食品は、腸まで分解・吸収されずに届く、オリゴ糖や食物繊維のことです。これらは、野菜や果物、海藻類に豊富です。ビタミンやミネラルも豊富に摂ることができるので、アトピーで傷んでしまう皮膚に必要な成分も同時に摂取することができます。

 

しかし、どんなに善玉菌のエサを積極的に食べても、腸内の善玉菌に元気がなければ、すぐには腸内フローラを改善することができないんです。善玉菌を補給する目的で発酵食品を食べても、胃を通過するときに、胃酸で相当な数の菌が死んでしまいます。

ですから、善玉菌のエサを積極的に食べ、同時に【乳酸菌サプリ】を摂取することが、最も効率的な方法だと言えます。この効率を叶えるためには、乳酸菌サプリにも選び方があって、

  • 生きたまま腸に届く乳酸菌を使っているのかどうか
  • アレルギー原因物質を含んでいない乳酸菌サプリなのか

という2点をクリアした乳酸菌サプリを見つける必要があります。生きて腸に届いて、自らが善玉菌となって働いてくれ、そしてアレルギーの原因となる因子(アレルゲン)を含んでいないという前提は、決して譲れません。

アレルケアってどんなサプリ?

それでは、アトピー改善用に使うべき乳酸菌サプリの条件を、アレルケアが満たしているのかどうかを確認していきましょう。

アレルケアの特徴―生きて届くL-92乳酸菌

アレルケアは、カルピスの研究で見つけ出された有用性が高く貴重な「L-92乳酸菌」が入ったサプリメントです。L-92乳酸菌は、胃酸ではへこたれず、腸まで生き抜く力を持ちます。

アレルケアの成分表―アレルギー原因物質なし

含まれている菌 L-92乳酸菌
栄養成分(2粒あたり) エネルギー2.64Kcal・たんぱく質0.01~0.03g・脂質0.03g・炭水化物0.58g・食塩相当量0~0.003g・L-92乳酸菌20.7mg
その他原料 麦芽糖・でんぷん・植物油脂

アレルケアは、成分も原料も、とてもシンプルなものです。アレルギー原因物質は、一切含まれていません。

アレルギー物質27品目

乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、カシューナッツ、ごま

ですから、アレルケアが原因でアトピー症状が悪化する、という可能性は、あらかじめ取り除かれているんです。

 

以上から、アレルケアは、アトピー対策として使う乳酸菌サプリの条件を、一応は満たしていることが分かりました。次項目からは、もっと深くアレルケアを掘り下げてみましょう。

アレルケアの「L-92乳酸菌」ってどんな菌?

アレルケアがアトピーに効果があるといわれる理由は「L-92乳酸菌」の特徴にあります。

「L-92乳酸菌」誕生まで

「L-92乳酸菌」の正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」です。乳酸菌飲料でおなじみの「カルピス」の長年の乳酸菌研究から選び出されました。

①どんな目的で選ばれた菌なの?

何百種類もある乳酸菌から、まずヒトの免疫機能への適性を考慮して10種類の菌に絞り、さらにそれらの菌の抗アレルギー作用について様々な試験を経て選び抜かれたのが「L-92乳酸菌」です。

免疫バランスが崩れるとTh2細胞が増え、IgE抗体が増えるためにアレルギーが起こることは上述しました。アレルケアにはTh1細胞を活性化させ、Th2細胞の増加を抑制する働きがあります。

この結果IgE抗体の産生が抑制されるためアレルギー反応を起こしにくくする効果があるといわれています。

②アトピーに関するL-92を使った試験

アレルケアがアトピーに有効であることを示した試験がありますのでご紹介します。

《乳幼児対象の試験》

生後10か月以上3歳未満のアトピー患児45名対象。25名が「L-92乳酸菌」を通常量、20名が低用量摂取して経過を比較した試験があります。

すると、通常量摂取した25名のほうが皮膚炎症状が改善したという結果になりました。血液中のIgE値も低下し、アレルギー症状が抑えられた可能性があることがわかりました。(出典:「カルピス」由来健康情報室)

《小児対象の試験》

4歳から15歳までのアトピー患児20名対象。「L-92乳酸菌」の摂取による皮膚症状の変化と血液検査が実施されました。すると、皮膚炎の症状は改善し、その比率は90%の人に有効であったという結果となりました。(出典:「カルピス」由来健康情報室)

《成人対象の試験》

18歳から54歳のアトピー患者49名対象。24名が「L-92乳酸菌」を含んだタブレットを、25名が含まないタブレットを摂取して経過を比較した試験があります。すると「L-92乳酸菌」を摂取した24名のほうが皮膚炎の重症度が低下し、アレルギーを抑制するといわれるTGF-βという物質の増加も確認されました。(出典:「カルピス」由来健康情報室)

菌の性質と研究結果から、アレルケアの効果のほどは?

アレルケアを摂取することにより、アトピーの皮膚症状の改善効果が期待できます。さらに、アレルギーそのものの抑制効果も期待できるため、アトピー以外のアレルギー症状を抑える可能性もあります。

また、そもそも乳酸菌は腸内で善玉菌に分類されますから、アレルケアを摂取することにより腸内の善玉菌が増加して腸内フローラを整えることも期待できますよね。免疫系は大腸に集中していますから、腸内フローラを整えることで免疫力を高める効果があるといえそうです。

アレルケアはアトピー改善の救世主といえる?

上記のことを総合すると、アレルケアはアトピー改善の救世主となる可能性は、大いにあると言えそうです。実際の研究でも、アトピーの症状が改善したという結果が出ている点が心強いですね。 

アレルケアでアトピー改善を期待している人へ

では実際にアレルケアを試した方に効果はあったのでしょうか?口コミ評価と、サプリメントの意味を考え、アドバイスさせていただきます。

アレルケアの口コミ評価は?

良い口コミ 悪い口コミ
娘に朝晩飲ませてますが、一袋目がきれた時に湿疹が酷くなったので少しは効いていると思いリピートしました。アトピーは難治性ですし、なかなかすぱっと成果は出ませんがゆっくり付き合っていこうと思います。 アトピー持ちです。速効性は無いので、飲み続けることで効果があると聞き購入しました。

2ヶ月以上飲んでますが、実感が得られなかっただけでなく、少しは効いたかな?と思えることも無いまま、一応飲み続けている状態です。

飲料のL-92の方が飲みやすいですが、旅行先などではかさばる飲料よりはやっぱり錠剤のほうが良いので、上手に使い分けて毎日の習慣にしていくつもりです。

皮膚科で保湿剤と塗り薬をもらっていた、中程度のアトピー性皮膚炎が、良くなっています。

大人アトピー(30代男)です。全く変わりません。毒にも薬にもならない錠剤です。
私は本当に効果ありました。1ヵ月目は何も変わらず、しかし、2ヵ月飲み終わった頃、アトピーも今まで数日置きに出たり治まったりの繰り返しでしたが、この1ヶ月半アトピーが殆ど出ていません。

ここ数年、ここまで続けて治まってるのは初めてです。

4ヶ月ほど飲みましたが軽めの乾燥アトピーすら効果ない。

逆に悪化してきます。飲むのをやめたらよくなってきた。ビタミンBとかのサプリ取ったほうがいい気がする。

アトピーで皮膚科も転々とし、薬も山ほど試しました。アレルケアを飲みはじめて2週間ほどで飲み薬も塗り薬も全く使ってないのに湿疹が減ってるんです。

このまま湿疹が減ってすこしでも肌がきれいになってほしいのでまだまだ続けたいと思います

4ヶ月飲み続けましたが、飲む前も後も変わらず。

体質的なことがあるので、効果がないことがあるということはわかりますが、私は本気で悩んでいるので全く効果が現れないという結果に本当にがっかりしました。

最初の3ヶ月くらいは特に変化ないなーと思いながらもとりあえず飲んでいたのですが、5ヶ月くらいたった時から効果が出始め、いまは医者に通っていません。

飲み続けて約1年たちました。まだたまにかゆみも出ますし、完璧にアトピーが治ったわけではないのですが、本当に状態が良くなりましたよ。

1年以上飲み続けましたが、まったく効果なし!

アレルケアは乳酸菌の「サプリメント」です

サプリメントは「補足するもの」「補助するもの」という意味です。薬ではありませんから必ず効くわけではありません。

サプリメントはあくまでも補う目的で作られていますので、摂取したからといって、病気が治ったり健康効果が現れたりするものではないことは、理解が必要でしょう。

口コミを見ても分かるように合う・合わないといった個人差もありますから、まずは自分の生活を改善することから始め、足りない分をサプリメントで補うという感覚で、長期的に付き合っていくことを勧めます。

アレルケアは「マイ・サプリ」になる?

アレルケアが自分に合っているかどうか、やはり試してみるしかないでしょう。すぐに効果が現れるものではないので、数か月、数年といった長い期間飲み続ける必要がありそうです。

飲み始めて体調が悪化するようであればすぐに使用を中止して医師に相談するようにしてください。変化がない、または効いている気がする、というときには飲み続けてみると良いかもしれませんね。

アレルケア+αが大事!

繰り返しになりますが、あくまでもサプリメントは補う目的で作られています。盲目的に依存することなく、アレルケアを上手に利用しましょう。アトピーに良いビタミンやミネラルを多く含んだ野菜中心の食生活に切り替えると、自然と食物繊維も多く摂取できてデトックスになります。

また、肌のターンオーバーが正常に行われるよう、規則正しくストレスのない生活を心がけることも大切です。生活が健康的に整うと、自然と免疫力・自然治癒力も高まってきます。まずはこのような生活の改善を行い、+αでアレルケアを試してみることがアトピー改善への近道なのではないでしょうか。

まとめ

数ある乳酸菌サプリの中でも抗アレルギー作用に着目して開発されたアレルケアは、アトピー性皮膚炎の改善にも役立つことが期待されるということがわかりました。

しかし、必ず効果が出るというサプリメントは存在しません。普段からアトピーに悩む人が、絶対効くはず!と思って利用して、効かなかったときのガッカリ感は大きなストレスになってしまいます。

効くかもしれない。効くと良いな。そのくらいの軽い気持ちで試したほうが、意外と良い結果が現れるかもしれませんよ。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.