サプリメント

便秘の予防にはサプリがおすすめ!腸活ライフで便秘知らずのカラダに

投稿日:2018年4月19日 更新日:

便秘 サプリ 無縁

多くの人を苦しめる便秘・・・。

その原因は腸内環境の乱れにあります。

つまり逆に言えば、普段から腸内環境を整えておくと便秘と無縁の生活を送ることができるんです!

そして便秘予防におすすめなのが乳酸菌。

サプリから乳酸菌を効率よく摂取することで便秘知らずのカラダを作ることができます。

また乳酸菌がもたらす効果は便秘予防だけでなく、いろいろなところに現れます。

便秘と無縁の生活を送り、また乳酸菌で健康な身体を作るにはどうすればいいのか見ていきましょう。

なぜサプリから乳酸菌を摂ると便秘を予防できるの?

腸内環境を整えるサプリといえば乳酸菌サプリです。

ではなぜ乳酸菌が腸内を整えて便秘を予防してくれるのか説明します。

腸内の仕組みについて知ろう

まず基本知識として、私たちの腸内には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」という3つの細菌グループが住んでいることを覚えておきましょう。

それぞれの働きについて説明します。

善玉菌:排便作用を促し、便通を整える菌。

悪玉菌:善玉菌の働きを邪魔し、便秘や下痢を引き起こす菌。

日和見菌:善玉菌と悪玉菌、どちらか優勢なほうに加担する菌。

腸内ではそれぞれの菌がこういった働きをしており、また常に勢力争いをしています。

そして「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」は多くの場合2:1:7の割合で存在していますが、これを3:1:6にすることができれば良好な腸内環境だといえるでしょう。

そして乳酸菌が私たちの腸内で善玉菌として働くため、善玉菌を増やすには乳酸菌を摂取することが大事なんです。

善玉菌が便秘を防ぐ

上記を見ると善玉菌を増やすことが良好な腸内環境には必要だということがわかりますね。

善玉菌は、排便に必要な腸の蠕動運動を正常化してくれるので、便秘を予防するために働いてくれるんです。

仮に悪玉菌が増え、腸の蠕動運動に異常をきたしたとします。

腸の蠕動運動に異常が生じると、便の水分を吸収しすぎて便を固くしてしまい便秘になったり、まだ水分を十分に吸収できず下痢となってしまったりということが起きてしまうでしょう。

それらの異常を防ぎ、善玉菌として働いてくれるのが乳酸菌ということです。

便秘を予防するサプリの選び方

便秘を予防するサプリには乳酸菌が必要だということがわかりましたね。

しかし乳酸菌を摂取できるサプリは数多く存在しています。

その中からどういった基準でサプリを選べばいいのか見てみましょう。

整腸作用をもつ乳酸菌がいい

乳酸菌と一言でいっても、数百種類もの数が存在していることをご存知ですか?

それぞれが人と同じように個性を持っていて、得意とする働きが違うんです。

その中でも特に高い整腸効果を持っている菌がいます。

どんな菌なのか見てみましょう。

≪高い整腸作用を持つ菌≫

ビフィズス菌BB536、ビフィズス菌SP株、ガセリ菌SP株、EC-12株、JBL01株、クレモリスFC株、LGG株、L-55株、L-92株、N-1株、K-1株、シロタ株、ブルガリア菌2038株、ラブレ菌、ロイテリ菌など

これらの菌が高い整腸作用を持っています。

したがってこれらの乳酸菌が含まれたサプリを選ぶことで、便秘予防に強く働いてくれるでしょう。

生きて腸に届く乳酸菌を選ぼう

乳酸菌は生きて腸に届くことで善玉菌として働いてくれるものです。

しかし乳酸菌のほとんどは体内の熱や胃酸により死滅してしまいます。

その問題を解決するために、メーカーは耐熱性カプセルに閉じこめるなどの工夫をして乳酸菌の生存力を上げているんです。

したがって、そういった対策がされたサプリを選ぶようにしましょう。

また前述した高い整腸作用を持つ菌の中に、ビフィズス菌BB536という菌がありますね。

この菌は特別強い生存力を持っており、熱や酸で死滅せずほとんどが腸に生きて届きます。

このビフィズス菌BB536が配合されたサプリを優先的に選ぶのもおすすめです。

善玉菌のエサが配合されているか

善玉菌を増やすことも大切ですが、その善玉菌にエサを上げることも重要です。

善玉菌は食物繊維とオリゴ糖をエサにしており、それらを食べることで活性化し更に増殖を繰り返します。

したがって乳酸菌と一緒に摂取することを強く勧められている成分なんです。

しかし普段の食事から十分な量を摂取するのはなかなか難しいですよね。

そんな悩みを解決するために、サプリの中には食物繊維とオリゴ糖も一緒に配合しているものがあります。

それらが配合されているかどうかということも、選択基準となるでしょう。

便秘予防におすすめのサプリランキング

それでは便秘を予防するサプリの中で具体的におすすめなものを紹介していきます。

上記の選択基準に沿って厳選したものを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

第1位 ヘルスエイド・ビフィーナEX

ビフィーナEX
★乳酸菌サプリ売上ランキング21年連続第1位
★ビフィズス菌BB536を150憶個配合
★耐酸性ハイパープロテクトカプセル採用で生きたまま腸まで届ける
価格 初回3,980円(税込み)
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 100億個
ガセリ菌
アシドフィルス菌
オリゴ糖
形状 顆粒
ビフィーナEX
原材料 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド) 、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む)
成分 1袋(2.0g)当たり エネルギー8.8kcal、たんぱく質0.28g、脂質0.73g、炭水化物0.89g、食塩相当量0.0024g、ビフィズス菌100憶個、(その他の成分:乳酸菌10憶個、オリゴ糖0.30g)

ビフィーナEX

最初にご紹介するヘルスエイド・ビフィーナEXは森下仁丹から発売されているサプリです。

森下仁丹は創業125年という長い歴史を持つメーカーで、ビフィーナEXは21年連続乳酸菌サプリ売上No.1を記録するなどの実績も持っています。

そんなビフィーナEXに配合されているのは、ビフィズス菌BB536とガセリ菌、アシドフィルス菌という3種類の乳酸菌です。

ビフィズス菌BB536は前述した通り高い整腸効果を持つ菌で、更に熱や酸で死滅することなく、9割が生きたまま腸内へ届きます。

「腸内フローラを良好にし、便通を改善する」ことを認められている機能性表示食品なので、その効果には高い期待が持てますね。

またガセリ菌、アシドフィルス菌という2種類の乳酸菌も強い整腸作用を働き、ビフィズス菌BB536をサポートします。

それに加え、コレステロールの低下や内臓脂肪の低減といった作用も働くので、ダイエットのお供にもおすすめのサプリです。

第2位 乳酸菌革命

乳酸菌革命
★ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとした16種類の菌を配合
★菌の種類の多さでは業界1位
★他のサプリメントが合わなかった人におすすめ
価格 定期2,730円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌
ラブレ菌
ガセリ菌など16種類
形状 カプセル
乳酸菌革命 カプセル
原材料 乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)、乳酸菌末(EC-12)、ラブレ菌、HPMC
成分 1粒当たり エネルギー1.36kcal、たんぱく質0.06g、脂質0.03g、炭水化物0.22g、ナトリウム0.26mg

乳酸菌革命は健康いきいき倶楽部から発売されているサプリメントです。

配合されている乳酸菌は業界内でも最多の16種類と、とてつもない量を配合しています。

その16種類の中にはビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌といった主要の3大乳酸菌も含まれているので、それらが多角的に腸内をケアし、確実に便秘を予防してくれるでしょう。

またそれらの乳酸菌は有胞子性乳酸菌として配合されているのも特徴です。

有胞子性乳酸菌とはカラに包まれた乳酸菌で、そのカラで身を守ることで熱や酸による死滅を防ぎ、生きたまま腸内へと届きます。

更に独自開発された耐熱性カプセルを使用しているので、その生存力には目を見張るものがあります。

また添加物を使っていないというのも魅力的な点です。

ほとんどの乳酸菌サプリは添加物を使っている中で、乳酸菌革命は合成保存料や合成着色料などの添加物を使用していません。

したがって子供や妊婦さんでも安心して飲めるサプリメントです。

第3位 乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12
★フェカリス菌EC-12株を一度に1兆個摂取できる
★免疫細胞を活性化し免疫力アップ
★ヨーグルト風味のチュアブル型で美味しく飲みやすい
価格 1,954円(初回限定40%オフ)
送料 無料
主成分 フェカリス菌EC-12 1兆個
食物繊維
オリゴ糖
形状 チュアブル
乳酸菌EC-12 チュアブル
原材料 還元麦芽糖水飴、難消化デキストリン、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、乳酸菌(乳酸菌EC-12(殺菌)、デキストリン)、ミルクエキス末、ソルビトール、セルロース、香料、ステアリン酸カルシウム、酸味料、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に、乳、かにを含みます。)
成分 2g(4粒)あたり:熱量5.12kcal、たんぱく質0.13g、糖質1.38g、脂質0.07g、食物繊維0.38g、ナトリウム0.04〜3.61mg、<乳酸菌EC-12(殺菌)1兆個>

次に紹介する乳酸菌EC-12は久光製薬から発売されているサプリメントです。

久光製薬は数多くの医薬品や医療用雑貨を発売しているメーカーなので、健康食品であるサプリメントにも期待できますね。

そんな乳酸菌EC-12には、フェカリス菌EC-12という乳酸菌が配合されています。

フェカリス菌EC-12は死んでいても生菌と同じように効果を働く菌なので、殺菌され死菌として配合されているんです。

死んでいることの利点としては、生菌は熱や酸で分解されるのに対し、死菌は熱や酸で分解されずに腸内まで届くということがあります。

また生菌は急に腸を活性化させるので初めは腹痛を起こしやすいのですが、死菌は緩やかに作用するので腹痛が起こりにくいのも特徴です。

したがって、元々お腹が弱いという人にぜひおすすめしたいサプリとなっています。

第4位 ビヒダスBB536

ビヒダスBB536
★ビフィズス菌BB536が腸内環境を改善
★熱や酸で分解されず生きたまま大腸に届くビフィズス菌
★小型カプセルで喉に引っかからず飲みやすい
価格 初回1,835円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 150億個
形状 カプセル
ビヒダスBB536 カプセル
原材料 ビフィズス菌末 (澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳蛋白消化物/HPMC、アルギン酸Na、炭酸Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に乳成分を含む)
成分 (2カプセル当たり)熱量1.5kcal、たんぱく質0.16g、脂質0~0.01g、炭水化物 0.29g、 糖質0.21g、食物繊維0.08g、食塩相当量0.005~0.02g

ビヒダスBB536は森永乳業より発売されている乳酸菌サプリです。

森永乳業といえばヨーグルトや牛乳など乳製品を多く発売しているメーカーなので、乳酸菌を摂取できる商品に関しては専門度が高く期待がおけます。

そんな森永乳業が開発したビヒダスBB536は、その名の通りビフィズス菌BB536が配合されたサプリです。

ビフィズス菌BB536は特に強い整腸作用を持つ菌として紹介しましたね。

そのビフィズス菌BB536がビフィーナEXよりも多い、150億個もの菌を一度に摂取できるので、高い便秘予防効果を働くでしょう。

しかし食物繊維やオリゴ糖といった善玉菌のエサが配合されていないのには注意が必要です。

普段の食事からそれらの成分を摂取するように気をつければ、ビヒダスBB536は確実にあなたの腸を守ってくれるサプリとなります。

便秘予防以外にも腸内を整えることでこんな効果を得られます

サプリから乳酸菌を摂取し腸内環境を整えれば、便秘予防だけでなく様々な好反応が身体に表れます。

どんな効果を得られるのか見てみましょう。

免疫力の強化

腸内環境を整えることで、風邪やインフルエンザといった疾患に対する免疫力が上がります。

そもそも病原菌やウイルスを退治する免疫細胞は、その約7割が腸内に存在していることをご存知ですか?

実は善玉菌には免疫細胞を活性化させる働きがあるため、免疫細胞は腸内環境の影響を一身に受けます。

したがって善玉菌を増やすと免疫細胞が活性化し病気に対する免疫力が向上するんです。

アレルギー症状の緩和

また善玉菌には免疫バランスを整え、アレルギー症状を緩和するという働きもあります。

アレルギー症状の代表的なものといえば花粉症やアトピー性皮膚炎ですね。

これらは腸内の免疫器官に異常が生じ、免疫バランスが崩れることによって起こるのですが、善玉菌にはそのバランスを整える働きがあるんです。

実際に継続して乳酸菌を摂取したところ、アトピーや花粉症が軽減したという実験データも出ているので、現在それらで悩んでいる方は試してみるとアレルギーの悩みから解放されるかもしれません。

肌トラブルの解決

大人ニキビといった肌トラブルにも乳酸菌は有効です。

実は大人ニキビの原因に、腸内環境の乱れがあります。

みなさんは便秘のときにニキビができたという経験はありませんか?

それは便秘で腸内環境が乱れていることによって、腸内にニキビの原因となる老廃物が溜まっているからです。

腸内の老廃物が正常に排出されないと、老廃物は血液中に混ざり身体中を巡ります。

すると、ニキビとなって肌に表れてしまうんです。

したがって乳酸菌でニキビの原因を全て解決できるわけではありませんが、腸内環境の乱れによって表れるニキビは解決できるでしょう。

サプリと一緒に試す便秘予防

サプリと一緒に普段の生活を改善することで、更に高い便秘予防効果を実感できます。

それではどんなことに気をつけて生活すればいいのか見てみましょう。

規則正しい食生活を送る

腸内環境を良好に保ち便秘を予防するためには、普段の食生活が重要になります。

例えば朝は腸が一番活発に動く時間なので、朝ごはんを抜いていると腸の動きにリズムが作れず、便秘になりやすくなります。

また、コンビニ弁当やカップラーメンなど添加物を多く使用しているものばかり食べていると、添加物が悪玉菌を増殖させ便秘を引き起こしてしまうでしょう。

そういったことを防ぐためには、毎日3食決まった時間に食べ、栄養素をバランスよく摂ることが大事です。

また栄養素の中でも善玉菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖は欠かせません。

それぞれどんな食品から摂取できるのか見てみましょう。

≪食物繊維≫

こんにゃく、おから、しそ、ゆでいんげん豆、ゆで大豆、納豆、ごぼう、にんにくなど

≪オリゴ糖≫

きな粉、ごぼう、たまねぎ、エシャロット、大豆、いんげん豆、あずき、にんにくなど

これらの食品に多く含まれています。

特に食物繊維は善玉菌のエサになるだけでなく、便の水分を調節しスムーズに排泄する手助けもしてくれるので重要です。

したがってなるべく普段の食事からこれらの成分を摂るようにすると、便秘と無縁の生活を送れるでしょう。

適度な運動をする

便秘予防には適度な運動も大事です。

身体を動かすことで排便に必要な腸の蠕動運動が正常に行われます。

また有酸素運動が特におすすめです。

有酸素運動は代謝をアップし血行を良くするので、腸にも血が巡りやすくなり活発に動きます。

おすすめの運動はジョギングやウォーキング、水泳、ヨガなどですが、なかなか時間が取れないという人も多いですよね。

そんな方は普段の通勤に徒歩の時間を入れてみたり、エレベーターの代わりに階段を使うようにしたりしてはいかがでしょうか。

毎日少しでも身体を動かす時間を増やすようにすれば、腸が活性化され便秘を予防できますよ。

まとめ

便秘の予防にはサプリが効果的だとわかりましたね。

普段から乳酸菌を摂取していれば腸内環境が良好に保たれ、便秘と無縁の生活を送ることができます。

また併せて食生活を見直したり、生活に運動を取り入れたりすることも有効的です。

どちらもサプリと一緒に試すことで便秘予防に高い効果を発揮してくれますよ。

腸内環境を整えることは便秘予防だけでなく、様々な不調も軽減してくれるので、できれば腸は健康に保っていきたいところです。

みなさんも腸活ライフを送って健康な未来をつかんでみませんか?


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.