サプリメント

乳酸菌サプリで腹痛が起きる!?気になる腹痛の原因や対処法教えます!

投稿日:2018年3月26日 更新日:

下痢や便秘の改善に役立つとして注目を集めている「乳酸菌サプリ」。

しかし一部の乳酸菌サプリ体験者さんの中には、乳酸菌サプリを飲んだら逆にお腹の調子が悪くなってしまった、という方もいらっしゃいます。

せっかく腸内環境を整えようと思って買ったのにただお腹が痛くなっただけでは損ですし、これから始めようにもそんな事を知ってしまってはなかなか手が出せないですよね。

そこで今回は皆様に安心して乳酸菌サプリを試していただくためにも、乳酸菌サプリを飲んだことでお腹が痛くなってしまうのは一体なぜなのか、そして万が一乳酸菌サプリでお腹が痛くなってしまったらどう対処したら良いのかということについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

またそれと併せて腹痛が起こりにくくお腹に優しい乳酸菌サプリをいくつかご紹介していきますので、安全な乳酸菌サプリを試してみたいという方は是非参考にしてみてくださいね。

乳酸菌サプリで腹痛を起こしてしまう原因は?

乳酸菌サプリとは本来お腹の調子を整えてくれるはずのもの。

じゃあそんな乳酸菌サプリを飲むことでお腹が痛くなってしまうのはなぜなのでしょうか?

まずは気になる腹痛の原因について知っていきましょう。

 1日の摂取量を超えている

乳酸菌サプリは医薬品ではありませんが、1日に摂取すべき量は事前にしっかりと決められています。

しかもその規定量というのは私達の体に必要な成分量をよく考えて定められたものなので、1日の規定量を守らずに飲みすぎてしまったりすると体になんらかの異常があらわれる可能性も否めません。

また乳酸菌サプリは一度にたくさん飲めばそれだけ効果が実感できるというわけでもありませんから、摂取する際は必ず決められた量を守って服用するようにしましょう。

好転反応によるもの

好転反応とは、薬やサプリメントを摂ったことで体内のバランスが崩れ、何らかの症状が出てしまうこと。

基本的に乳酸菌サプリにはあまり副作用はないと言われていますが、人によってはこの好転反応のせいで腹痛を起こしてしまう可能性もあります。

ただ好転反応の症状は一時的なものであり、摂取していくうちに改善されていくことも多いです。

とは言っても実際飲み続けてみたら好転反応のせいではなかった…なんてこともあり得ますので、おかしいなと思ったらすぐに服用を中止することをおすすめします。

 乳糖を含むサプリを摂取した

ヨーグルトや牛乳といった乳製品には、「乳糖」と呼ばれる成分が含まれていることが多いです。

しかし残念なことに日本人の中には、乳糖を摂取するとお腹がゴロゴロしてしまう「乳糖不耐症」の方が多く存在すると言われます。

つまり乳糖不耐症の方が乳糖の含まれているものを摂ってしまうと、ヨーグルトや牛乳に限らずどんなものでもお腹を壊してしまう可能性があるのです。

乳酸菌サプリは基本的に乳糖不耐症の方でも摂取できるものばかりですが、中には危険性のあるものもありますので、乳糖でお腹を壊してしまったことがあるという方はしっかりと配合成分を確認するようにしましょう。

 お腹に優しい高品質な乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌サプリによる腹痛には様々な原因がありましたが、もちろん全ての乳酸菌サプリに腹痛などの副作用があるわけではありません。

では腹痛が起きない乳酸菌サプリを見つけるには、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか?

高品質かつお腹に優しい乳酸菌サプリを見極めるためのコツをいくつかご紹介させていただきます。

 自分の腸内と相性が良いか

腸内に存在している細菌は人それぞれ違うので、どれだけ良い乳酸菌サプリであっても万人に効果があるとは言い切れません。

そのため乳酸菌サプリの効果をしっかりと実感するためには、自分の腸と相性の良いものを選ぶことが重要なポイントになってきます。

と言ってもいきなり自分に合うものを見分けるのは難しいはずですから、はじめは乳酸菌の配合量が多いものや乳酸菌の種類が豊富なものを選んでみるのがおすすめです。

 続けやすい形状や味であること

乳酸菌サプリは一時期的にたくさん摂ったり高いものを選んだりするよりも、続けやすいものを継続的に摂取していくことが大切。

そしてサプリメントを続けていくためには、嫌悪感の無い形状や味のものを選ぶのがおすすめです。

ちなみに世の中には「良薬口に苦し」なんて言葉もありますが、乳酸菌サプリはあくまでサプリメントなので自分の好みだけで選んでも全く問題は無いですし、錠剤だから腹痛が起きやすい、なんていうことも一切ありません。

乳酸菌サプリには錠剤や顆粒、噛んで食べられるチュアブルなど色々な形状のものがありますから、自分の好みに合わせて続けやすそうなものを選ぶようにしましょう。

 添加物やアレルギー物質が含まれていないこと

先程もお伝えしましたが、乳酸菌サプリは基本的に毎日飲み続けるものです。

ただ毎日ずっと飲み続けていくということは、栄養だけでなくサプリに含まれる添加物も同時に摂取することになりますよね。

そのため乳酸菌サプリを選ぶ際は、体に害のある添加物が含まれていないかどうかも確認しておく必要があります。

また何かしらのアレルギーを持っているという方はアレルゲンとなるものが含まれていないかどうかも確認しておくと、副作用などの心配も少なくなるのではないでしょうか。

 お腹に優しいおすすめ乳酸菌サプリランキング

では乳酸菌サプリの正しい選び方もわかったところで、ここからは乳酸菌サプリの中でも特にお勧め度の高い5つのサプリをご紹介していきたいと思います。

今回は乳酸菌サプリによる副作用が心配な方も安心できるようなサプリのみを厳選させていただきましたので、是非お気に入りのものを見つけてみてくださいね。

 第1位:ヘルスエイド・ビフィーナEX

ビフィーナEX
★乳酸菌サプリ売上ランキング21年連続第1位
★ビフィズス菌BB536を100憶個配合
★耐酸性ハイパープロテクトカプセル採用で生きたまま腸まで届ける
価格 初回3,980円(税込み)
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 100億個
ガセリ菌
アシドフィルス菌
オリゴ糖
形状 顆粒
ビフィーナEX
原材料 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド) 、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む)
成分 1袋(2.0g)当たり エネルギー8.8kcal、たんぱく質0.28g、脂質0.73g、炭水化物0.89g、食塩相当量0.0024g、ビフィズス菌100憶個、(その他の成分:乳酸菌10憶個、オリゴ糖0.30g)

ビフィーナEX

はじめにご紹介させていただくのは、創業120年以上の森下仁丹から開発された「ヘルスエイド・ビフィーナEX」。

ビフィーナEXは数ある乳酸菌サプリ中でも根強い人気を誇っている商品であり、21年連続売り上げナンバーワンを記録している実力者です。

またビフィーナEXに含まれる乳酸菌はどれも元々私達の腸に存在している菌となっているため、お腹に刺激を与えることなく摂取することもできます。

安心感と信頼性にこだわった乳酸菌サプリを選びたいという方にはイチオシの高品質サプリです!

 第2位:乳酸菌革命

 乳酸菌革命
★乳酸菌16種類配合の充実感
★生きて腸まで届きやすい有胞子乳酸菌
★体に優しい無添加製法
価格 定期2,730円
1日あたりの価格 約91円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌
ラブレ菌
ガセリ菌など16種類
形状 カプセル
 乳酸菌革命 カプセル
原材料 乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)、乳酸菌末(EC-12)、ラブレ菌、HPMC
成分 1粒当たり エネルギー1.36kcal、たんぱく質0.06g、脂質0.03g、炭水化物0.22g、ナトリウム0.26mg
 

第2位の「乳酸菌革命」は、業界トップクラスの菌種数を誇る充実感に溢れた乳酸菌サプリ。

3大乳酸菌をはじめとする16種類の乳酸菌が様々な面から腸内環境を整えてくれるので、他の乳酸菌サプリが合わなかったという方でも効果を実感しやすくなっています。

また乳酸菌革命は化学性の添加物を使わないことにもこだわっているため、悪いものを極力とりたくないという方でも大丈夫。

安全かつ腸に合いやすい乳酸菌サプリを選ぶのなら、断然乳酸菌革命がおススメです。

 第3位:乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12
★死菌の乳酸菌EC-12を配合
★便通改善に効果的な食物繊維
★噛んで食べられるヨーグルト味のチュアブル
価格 初回1,954円
1日あたりの価格 約65円
送料 無料
主成分 フェカリス菌EC-12 1兆個

食物繊維

オリゴ糖

形状 チュアブル錠
乳酸菌EC-12 チュアブル
原材料 還元麦芽糖水飴、難消化デキストリン、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、乳酸菌(乳酸菌EC-12(殺菌)、デキストリン)、ミルクエキス末、セルロース、ソルビトール、香料、ステアリン酸カルシウム、酸味料、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に、乳、かにを含みます。)
成分 2g(4粒)あたり:熱量5.12kcal、たんぱく質0.13g、脂質0.07g、糖質1.38g、食物繊維0.38g、ナトリウム0.04〜3.61mg、<乳酸菌EC-12(殺菌) 1兆個>

「乳酸菌EC-12」は、死菌の状態で活躍してくれるEC-12を含んだちょっと変わり者の乳酸菌サプリ。

他の乳酸菌サプリは乳酸菌を生きて腸まで届けることにこだわっていますが、こちらはあえて死菌の状態にすることによって、生きた菌よりも少ない刺激で緩やかに作用することが可能となっています。

ただ一つ難点なのが、乳酸菌EC-12には乳糖である「ミルクオリゴ糖」が配合されているため、乳糖不耐症の方にはあまりおすすめできないということ。

その他は食物繊維が含まれていたり、食べやすいチュアブルタイプであったりと魅力的な部分が多いので、乳糖への心配が無いのであれば候補に入れておくことをおすすめします。

 

第4位:善玉菌のチカラ

善玉菌のチカラ
★カスピ海ヨーグルトのクレモリス菌FC株
★日本人に不足しがちなカルシウム配合
★海藻生まれの食物繊維を配合
価格 初回定期1,550円
1日あたりの価格 約51円
送料 無料
主成分 クレモリス菌FC株 20億個

食物繊維

カルシウム

形状 カプセル
善玉菌のチカラ カプセル
原材料 乳酸菌末(還元水あめ、乳酸菌原末、デキストリン)、ゼラチン、デキストリン、貝カルシウム、アルギン酸カリウム、ショ糖脂肪酸エステル、(原材料の一部に大豆・ゼラチンを含む)
成分 1粒(400mg当り)エネルギー0.71kcal、たんぱく質0.08g、脂質0.01g、糖質0.05g、食物繊維0.05g、ナトリウム1mg、カルシウム70mg

最後にご紹介させていただく乳酸菌サプリは、食品メーカーのフジッコから販売されて「いる「善玉菌のチカラ」。

こちらはカスピ海ヨーグルトでお馴染みの「クレモリス菌FC株」に加えて、便の硬さを調整する食物繊維や不足しがちなカルシウムなどといった成分を含んでいる優れモノであり、

1つで豊富な栄養を摂取することができます。

善玉菌のチカラは値段もかなり手頃ですしなかなか魅力的な成分を含んでいるので、乳酸菌サプリデビューをする方にはおすすめ度の高いサプリだと言えるんじゃないでしょうか。

第5位:森永ビヒダス536

ビヒダスBB536
★ビフィズス菌BB536を150億個配合
★飲みやすい小型カプセル
★耐酸性のカプセルが乳酸菌を生きて腸まで届ける
価格 初回定期1,835円
1日あたりの価格 約61円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 150億個
形状 カプセル
ビヒダスBB536 カプセル
原材料 ビフィズス菌末 (澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳蛋白消化物/HPMC、アルギン酸Na、炭酸Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に乳成分を含む)
成分 (2カプセル当たり)熱量1.5kcal、たんぱく質0.16g、脂質0~0.01g、炭水化物 0.29g、 糖質0.21g、食物繊維0.08g、食塩相当量0.005~0.02g

第4位の「森永ビヒダスBB536」は名前からもわかる通り、乳製品で有名な森永乳業から開発された乳酸菌サプリです。

こちらの主成分は「ビフィズス菌BB536」のみとなっているため、たくさん菌を摂るとお腹を壊しそうで怖い…なんて方におススメ。

また一種類の菌しか含まれていないと効果の方が不安になるかもしれませんが、ビフィズス菌BB536はビフィズス菌の中でも特にパワーが強い菌でもありますから、そこまで役不足ということは無いかと思います。

ただやはり菌種数で言えば他には劣ってしまいますので、一つの菌を集中的に摂ってみたいという方に向いた乳酸菌サプリだと言えるでしょう。

乳酸菌サプリで腹痛や下痢を起こしてしまった際の対処法

先程ご紹介させていただいたような乳酸菌サプリには下痢や便秘による腹痛を改善するような効果も期待できますが、それでも万が一お腹の調子が悪くなってしまった場合はどのように対処したら良いのでしょうか?

乳酸菌サプリによる腹痛の対処法をいくつかお伝えさせていただきます。

飲むタイミングを変えてみる

突然腹痛が起こってしまった場合、食後すぐの服用を避けつついつもと違うタイミングで飲んでみると症状が改善される場合があります。

また空腹時に飲んでしまうと胃に大きな負担がかかり、人によっては腹痛を起こしてしまう場合もありますので、そういった症状が心配な方は食後すぐと空腹時は避けて飲むようにすると良いでしょう。

食事内容に気を付ける

乳酸菌サプリを飲んだことで腹痛が起こり下痢などの症状が出てしまった場合は、消化のしにくい食べ物や体を冷やすようなものはとらないように注意しましょう。

症状を悪化させないためには、うどんやお粥などの消化が良い食べ物が最適です。

食物繊維などを摂る際は要注意

食物繊維には便通を良くする効果がありますが、腹痛時や下痢時に摂取すると便の出が良くなりすぎて長時間トイレにこもる羽目になってしまいます。

どうしても早く治したい!という場合には使えるかもしれませんが、同時に脱水症状なども起こりやすくなってしまうので、実践する際は十分注意する必要があります。

乳酸菌サプリと組み合わせたい腸内環境改善法

乳酸菌サプリは摂取することで腸内の善玉菌を増やすことはできますが、本当の意味で健康になるには乳酸菌サプリをただ飲むだけではいけません。

腸内環境をしっかりと改善して健康的な体を手に入れるためにも、以下でご紹介させていただく事柄を実践していきましょう。

腸を疲れさせない生活を送ろう

私達の腸は食生活が偏りがちだったり、ストレスが溜まりがちな生活を送ったりしていると疲れてしまい、俗にいう「腸疲労」の状態に陥ってしまいます。

また面倒なことに腸疲労の状態になってしまうと下痢や便秘による腹痛が起こりやすくなり、食べ物を消化する力も弱まるため、乳酸菌サプリで乳酸菌を摂るだけでは腸内環境を改善することが難しくなってしまうのです。

特に日頃から食べすぎや偏食をしやすいという方は十分注意して、乳酸菌サプリを摂りつつ腸を疲れさせない生活を心がけていきましょう。

まとめ

乳酸菌サプリを飲んだことによって腹痛が起きてしまうのには様々な原因がありますが、それらは事前に知っておきさえすれば十分防ぐことは可能です。

またそれと同時に正しい乳酸菌サプリの選び方を身に着け、安全性の高い物を選ぶことができれば腹痛のような副作用が出ることはほとんど無いでしょう。

それに乳酸菌サプリは本来お腹の調子を整えてくれる作用のあるものですから、お腹への影響を心配して飲む必要はありません。

ですのでもし少しでも乳酸菌サプリが気になっているという方は、是非一度思い切ってお試ししてみることをおすすめしますよ。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント



Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.