サプリメント

森永ビヒダスBB536比較分析!メリット・デメリットをわかりやすく解説

投稿日:

森永ビヒダスBB536 比較

ここ数年、TVや雑誌などで特集が増えたせいか、腸内フローラを改善するサプリメントや食品が一気に増えてきましたね。

特に最近、善玉菌を代表する乳酸菌やビフィズス菌が配合された健康食品は、市場で激戦が繰り広げられているようです。

「この商品が気になっているけど、他の商品と比べてどうなのかわからない…」

そんな皆さまのお悩みを解決するため、当サイトでは腸内環境の改善に役立つサプリメント・食品を徹底比較!

今回は人気商品の1つ、「森永ビヒダスBB536」と他商品を比較し、メリット・デメリットをお伝えしたいと思います!

森永ビヒダスBB536の商品特長

森永ビヒダスBB536

商品名 森永ビヒダスBB536
名称 ビフィズス菌(生菌)利用食品
メーカー 森永乳業
内容量 1袋60カプセル(約30日分)
価格(税込み) 通常購入:3,650円+送料500円
お試しセット:500円(送料無料)
定期コース:初回限定1,835円(送料無料)

※2回目以降は3,305円

原材料 ビフィズス菌末 (澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳蛋白消化物/HPMC、アルギン酸Na、炭酸Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に乳成分を含む)
形状 森永ビヒダスBB536 カプセル
カプセル
栄養成分表示 (2カプセル当たり)熱量1.5kcal、たんぱく質0.16g、脂質0~0.01g、炭水化物 0.29g、 糖質0.21g、食物繊維0.08g、食塩相当量0.005~0.02g

商品比較の前に、まずは森永ビヒダスBB536の基本情報をおさらいしておきましょう。

なお、ここからは森永ビヒダスBB536をビヒダスと省略して解説させて頂きます。

国内外からも高く評価されている機能性表示食品

森永ビヒダスBB536 評価 海外

ビヒダスは、ビフィズス菌BB536という菌が使われている機能性表示食品です。

このビフィズス菌BB536は、過去に森永乳業が健康な乳児から発見した、Bifidobacterium longum(ビフィドバクテリウム・ロンガム)というヒトのおなかにすむ種類のビフィズス菌です。

整腸作用はもちろん、感染症予防・骨強度の増強・発がん性予防・血中脂質改善・アレルギー予防など、数多くの機能性が長年の研究から明らかになっており、その実績は世界各国で認められるほど。

2009年には、アメリカFDA(食品や医薬品を管轄する政府機関)による食品の安全審査制度において、GRAS認定(一般的に安全と認められたもの)も取得しています。

小型カプセルに150憶個のビフィズス菌BB536を配合

ビフィズス菌BB536 150憶個

多くの機能が明らかになっているビフィズス菌BB536ですが、最も優れている点といえば、やはり胃酸や熱で死滅しにくいことでしょう。

ビフィズス菌BB53は他のビフィズス菌に比べて、酸や夏に強く、生きたまま大腸に到達することが研究で解明されています。

森永乳業は、このビフィズス菌BB536をさらに強化するため、独自開発の特殊な小型カプセルでコーティング。

小さなカプセルに詰め込まれた150憶個のビフィズス菌BB536が、毎日の健康をサポートしてくれます。

口コミ評価・アンケート結果も高評価!脅威の実感度

森永ビヒダスBB536 口コミ

前項でご紹介した機能性以外にも様々な効果が期待できると人気のビヒダス。

アットコスメの口コミ評価や、Amazonのカスタマーレビューでも商品を高く評価する声が目立ちます。

ここで少しだけ、ビヒダスの口コミをご紹介致しましょう。

※当サイトでご紹介している口コミ・レビューはあくまでも個人の感想です。商品の実感スピードは個人差があります。

硬いコロコロうんちが改善、肌荒れも良くなりました♪(40代・女性)

便秘で悩んでいたあの頃が嘘のよう!硬くてうさぎのようなうんちしか出ない日が続き、1週間もスッキリしないことがザラだったのに、ビヒダスのおかげでドッサリ出るように♪

白ニキビが出来やすい肌質にも変化が見られました!ダイエットにも美肌に効果的なビヒダスは、まさに女性の味方と言えますね(#^皿^#)v

下剤からこっちにチェンジ♪(20代・女性)

もともと便秘が辛くて、コー〇ックを飲んでいましたが、ビヒダスの存在を知ってからはこちらにシフトチェンジしました。下剤ばかり飲み続けるのはやはり体に良くないですものね。ビヒダスはカプセルが小さくて飲みやすいから、下剤や整腸剤などに頼りっぱなしの人にもおすすめです。

辛い花粉症はコレで改善できます!!!(30代・男性)

ムズムズする花粉の症状に毎年困っていましたが、ビヒダスはアレルギー予防や免疫力の向上効果があるので、かなり症状が軽減されます!家にいても窓を開けるだけでくしゃみ・鼻水が止まらなかった僕ですが、ここ何年かは外出もできるようになりました。

健康維持のために飲んでいます(40代・女性)

腸内環境と健康についての特集番組を見て以来、サプリメントで腸内環境を整えています。色々サイトを見たり、商品を実際に買ったりしましたが、ビヒダスは確かな研究成果も出ているし、何より大手メーカーなのですごく安心して使えます。実際にお通じも以前より良くなり、ガスのニオイも軽減しました。

ちなみに公式サイトに掲載されているアンケート結果では、利用者の95%がスッキリを実感、70%以上がトイレのニオイが気にならなくなったと実感しているそうです。

森永ビヒダスBB536を他社サプリメントと比較

長年の研究成果をもとに開発され、国内外でも高く評価されているビヒダス。

しかし、どれだけ優れた商品でも、他社で販売されている商品と比較してみると、必ず劣っている点は出てきます。

そこで、ビヒダスのメリット・デメリットを明らかにするため、配合成分や価格、飲みやすさなどを、他社製品と比較してみました。

ビフィズス菌配合サプリと比較

森永ビヒダスBB536 ビフィズス菌

ビヒダスの他にもビフィズス菌を配合しているサプリメントはたくさんあります。

しかし、ビフィズス菌サプリといっても、配合しているビフィズス菌の種類や菌の数、期待できる効果は商品によってバラバラです。

まずはビヒダスと似ているサプリメントを比較して見てみましょう。

※価格は全て税込みです。

サプリ名 形状・内容量 価格

森永ビヒダスBB536

森永ビヒダスBB536

(森永乳業)

カプセル/60粒

(1日2粒目安)

通常価格:3,670円

定期価格:初回1,835円

※2回目以降は3,305円

お試し価格:500円(7日分)

【特徴】

ビヒダスBB536を150憶個配合した機能性表示食品

森永乳業が発見したビヒダスBB536を配合

胃酸に強く、ヒトに適したビフィズス菌で、整腸作用・感染症予防・アレルギー予防・潰瘍性大腸炎の緩和などに効果が期待できる

森下仁丹 ヘルスエイド®ビフィーナS

ヘルスエイド®ビフィーナS

(森下仁丹)

顆粒/30袋

(1日1袋目安)

通常価格:3,856円

初回価格:2,980円

【特徴】

ビフィズス菌(ロンガム種BB536)を50憶個配合した機能性表示食品

他にもアシドフィルス菌・がセリ菌・オリゴ糖を配合している

乳酸菌やビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖も一緒に摂れる、3層構造のカプセル顆粒サプリメント

フジッコ 善玉菌のチカラEX

善玉菌のチカラEX

(フジッコ)

カプセル/31粒

(1日1粒~2粒目安)

通常価格:4,700円

定期価格:初回2,350円

※2回目以降は3,900円

【特徴】

クレモリス菌FC株30憶個+ビフィズス菌30憶個

さらに、サポート成分としてカルシウム、ビタミンDを配合

Wの善玉菌を生きたまま大腸へ届けたい方におすすめ

lakubi ラクビ

LAKUBI

(ビアンネ)

カプセル/31粒

(1日1粒目安)

通常価格:3,800円

定期価格:初回990円

※2回目以降は2,650円(3回以上の継続縛りアリ)

【特徴】

ビフィズス菌B-3を約8.5憶個配合

酪酸菌やオリゴ糖でダイエットと腸内フローラの改善をサポート

芸能人やモデルも愛用している口コミ評価の高いサプリメント

健康いきいき倶楽部 乳酸菌革命

乳酸菌革命

(健康いきいき倶楽部)

カプセル/62粒

(1日2粒目安)

通常価格:2,880円

定期価格:2,730円

【特徴】

3大乳酸菌であるビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌をはじめ、主役級である乳酸菌を16種類配合

数種類の乳酸菌で多角的に腸内フローラへアプローチ

メイトー LKM512

LKM512顆粒タイプ

(メイトー)

顆粒/30包

(1日1包目安)

通常価格:4,320円

定期価格:初回2,160円

※2回目以降は4,104円

お試し価格:500円(10日分)

【特徴】

ビフィズス菌LKM512を60憶個配合

体に良い善玉物質であるポリアミンが増える環境をサポート

成分1つで勝負している商品はビヒダスとメイトーのLKM512顆粒タイプぐらいですね。

他の商品は数種類の菌で腸内環境を改善といった感じで、価格もそこそこお高め。

成分の種類を優先するか、価格を優先するか、はたまた菌の配合量を優先するか悩みどころですが、信頼度で選ぶなら知名度の高い森永乳業か森下仁丹の2社が強いと思います。

人気の善玉菌サプリメントと比較

善玉菌 サプリメント

腸内環境の改善に役立つのはビフィズス菌だけではありません。

ガセリ菌やラブレ菌といった、一度は耳にしたことがあるであろう菌も、良好な腸内環境をサポートしてくれる善玉菌の仲間です。

次に、ビフィズス菌以外の善玉菌を配合しているサプリメントをいくつか見ていきましょう。

※価格は全て税込みです。

サプリ名 形状・内容量 価格
久光製薬 乳酸菌 EC-12

乳酸菌EC-12

(久光製薬)

チュアブル/120粒

(1日4粒目安)

通常価格:3,240円

定期価格:2,916円

お試し価格:1,810円

【特徴】

乳酸菌1兆個とミルクオリゴ糖を配合した機能性表示食品

ヨーグルト100個分のEC-12(エンテロコッカス・フェカリス菌)で腸内細菌のバランスをしっかりと整える

水なしで食べられるヨーグルト味のサプリメント

カゴメ 植物性乳酸菌 ラブレ

植物性乳酸菌ラブレ

(カゴメ)

カプセル/30粒

(1日1粒目安)

通常価格:4,286円

初回価格:3,762円

【特徴】

動物性より腸内生存力の強いラブレ菌を100憶個以上配合

日本人と相性の良い植物性乳酸菌で腸内環境をサポート、便秘体質などに働きかける

カルピス アレルケア

アレルケア

(カルピス)

チュアブル/60粒

(1日1粒~2粒目安)

通常価格:2,100円

定期価格:初回2袋2,940円

※2回目以降は2袋3,780円

お試し価格:1,890円

【特徴】

一般的な乳製品から摂ることができないL-92乳酸菌を配合

アレルギー性のお悩みで起こりがちな刺激・敏感・デリケートな症状をサポートする

サントリー ラクテクト

ラクテクト

(サントリー)

タブレット/90粒

(1日1粒目安)

通常価格:4,968円

定期価格:4,471円

【特徴】

防ぐ力に優れた乳酸菌ラクトバチルスS-PT84配合

さらにラクチュロース・ラクトフェリン・フコイダン・ビタミンB群が毎日の健康をサポート

ビフィズス菌を配合していないサプリメントは、チュアブルタイプやタブレットタイプ多いようですね。

外出先でも飲みやすい形状になっているのが魅力的ですが、商品によっては1日の摂取量が多いものも。

また、価格面はビフィズス菌サプリよりもリーズナブルな商品が多いものの、成分の配合量や効果・効能に関しては曖昧な表現をしている商品が多めです。

森永ビヒダスBB536とビヒダスヨーグルトを比較

さて、森永のビヒダスと聞いてもう思い浮かぶのが、そう!ビヒダスヨーグルトですね。

ヨーグルト版のビヒダスにもサプリメント版同様、ビフィズス菌BB536がたっぷり配合されているみたいなのですが、毎日摂取するとなればどちらを選んだほうが良いのでしょうか。

次に、サプリメント版のビヒダスと、ヨーグルト版のビヒダスを比べてみました。

※価格は全て税込みです。ヨーグルトに関しては、メーカー希望価格を表示しています。

商品名 森永ビヒダスBB536

森永ビヒダスBB536

(機能性表示食品)

ビヒダスプレーンヨーグルト

ビヒダスプレーンヨーグルト

(特定保健用食品)

内容量 60カプセル(約1ヵ月分) 400g(1食100gとして約4食分)
価格 3,650円 227円
原材料 ビフィズス菌末(澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳蛋白消化物/HPMC、アルギン酸Na、炭酸Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に乳製品を含む) 生乳、乳製品
ビフィズス菌BB536の菌数

(1日分の目安量)

150憶個 20憶以上
栄養成分

(1日分の目安量)

  • 熱量…1.5kcal
  • たんぱく質…0.16g
  • 脂質…0~0.01g
  • 炭水化物…0.29g
  • 糖質…0.21g
  • 食物繊維0.08g
  • 食塩相当量…0.005g~0.02g
  • エネルギー…65kcal
  • たんぱく質…3.7g
  • 脂質…3.1g
  • 炭水化物…5.5g
  • ナトリウム…50mg
  • カルシウム…120mg
その他 賞味期限…15日間

要冷蔵(10℃以下)

バリエーションが豊か(フルーツ入り、飲むタイプなど)

価格面で見ると、圧倒的にヨーグルト版のビヒダスが安いことがわかります。

毎日食べても価格はサプリメント版の半分…。これはかなり魅力的ですね。

しかし、サプリメント版も内容では負けていません。

サプリメント版のビヒダスは、ヨーグルトに比べてカロリーも低いですし、ビフィズス菌BB536の配合量もヨーグルトの7.5食分です。

また、サプリメントはヨーグルトよりも日持ちが長く、常温で保存しても問題ないのがうれしいポイント。持ち歩きにも便利です。

とは言え、サプリメントとヨーグルトはどちらも医薬品ではありませんし、併用も可能なので、よりビフィズス菌BB536をしっかり摂りたい方は、サプリとヨーグルトを一緒に摂ってみるのもいいかもしれませんね!

森永ビヒダスBB536と整腸剤・便秘薬(下剤)を比較

森永ビヒダスBB536 整腸剤 便秘薬 比較

最後に、いざというトキの救世主、整腸剤と便秘薬(下剤)をビヒダスと比較してみました。

ビヒダスと整腸剤を比較

整腸剤はビヒダスのようなサプリメントと違い、第3類医薬品や医薬部外品に分類される製品です。

製薬会社が開発した薬ですから、信頼性も高く、腸内環境も素早く改善できそうですが、配合している菌から期待できる効果でいえば、ビヒダスの方が優れていると言えます。

森永ビヒダスBB536

森永ビヒダスBB536

(ビフィズス菌BB536配合)

ザ・ガードコーワ 整腸錠 CP

ザ・ガードコーワ整腸錠CP

(納豆菌・ラクトミン配合)

強力わかもと

強力わかもと

(アスペルギルス・オリゼーNK菌配合)

整腸作用
便秘の予防・改善 免疫力の向上 インフルエンザの抑制
花粉症予防と症状の緩和 善玉微生物の活性化 肥満抑制
免疫力の向上 老化抑制 感染症予防
肌荒れ改善 成人病予防 免疫力強化
骨強度増強 肌荒れ予防 抗腫瘍作用
コレステロール値の抑制 アレルギーの緩和
病原性大腸炎O157の感染予防 酒さ性皮膚炎の緩和
インフルエンザの感染予防
ピロリ菌の抑制
潰瘍性大腸炎の抑制
カンジダ菌の予防

また、整腸剤は菌を腸に届けるまでに、胃酸を中和する制酸剤を使用しています。

胃酸は外敵から体を守るための大事なチェッカー役。

中和を繰り返せば、だんだんと体に必要じゃない菌まで増やしてしまうリスクがあります。

そういったことも踏まえて、やはり継続的に腸内環境をサポートするならビヒダスの方が適していると言えるでしょう。

ビヒダスは、胃酸で簡単に死滅しないビフィズス菌BB536を特殊なカプセルで強化しているので、制酸剤を使わなくともしっかり腸まで届けることができます。

ビヒダスと便秘薬(下剤)を比較

森永ビヒダスBB536 便秘薬 比較

便秘薬(下剤)も整腸剤同様、医薬品に指定されている製品です。

しかし、腸を正常に近い状態に戻す整腸剤とは違い、便秘薬は読んで字のごとく、便を排出しやすくするための薬です。

便秘薬および下剤は、整腸剤よりも腸への刺激が強く、常習性があるため、継続的な使用はおすすめできません。

継続して使用しても問題ないビヒダスに比べ、便秘薬は健康被害さえもたらす危険性があるので注意しましょう。

【便秘薬(下剤)の常用・乱用で起こる健康被害】

  • ビタミンの不足・ビタミン欠乏症
  • 脱水症状
  • 排便する力の減少
  • 体のむくみ
  • 大腸がんのリスク など

健康被害のないビヒダスで、健康的な毎日をサポートしていきましょう!

森永ビヒダスBB536比較まとめ

比較項目 メリット デメリット
ビフィズス菌サプリと比較 価格が安い

知名度が高い

配合している菌の種類が少ない
その他の善玉菌サプリと比較 菌の配合量や機能性が明確に表記されている チュアブルタイプなどに比べると飲みにくい
ビヒダスヨーグルトと比較 カロリーが低い

ビフィズス菌BB536の配合量が多い

賞味期限が長く、保存が楽ちん

価格が高い
整腸剤と比較 菌の機能性が高い

(期待できる効果が多い)

制酸剤を使用していないので安心・安全

即効性が低い
便秘薬(下剤)と比較 常用しても健康被害がない 即効性が低い

各商品と比較してみた結果、ビヒダスのデメリットはかなり少ないことがわかりました。

商品の購入をまだ迷っている方は、お試しセットや定期コースの初回キャンペーンを利用してみるのもひとつの手ですよ♪

成分や価格、飲みやすさなどをしっかりと吟味して、ご自身に合った商品を見つけてくださいね。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.