サプリメント

辛いカンジダ予防には森永ビヒダスBB536がおすすめ!デリケートなお悩みを解決しちゃおう♪

投稿日:

森永ビヒダスBB536 カンジダ

5人に1人が発症すると言われているカンジダ症。

性器に発症するケースが多く、カンジダを性病(性感染症)と捉える方も多いようですが、実はこの病気、性行為に関係なく、誰しもが発症するかもしれない病気だってご存知でしたか?

今回は周囲に相談しにくいデリケートな病気・カンジダ症の原因や症状をお伝えするとともに、カンジダ予防に便利な『森永ビヒダスBB536』をご紹介したいと思います!

かゆくて痛い!つらいカンジダの症状や原因は?

カンジダ 特徴

カンジダ症は膣カンジダ・口腔カンジダ・食道カンジダなど、いくつか種類がありますが、一般的にカンジダと聞くと、女性のデリケートゾーンに発症しやすい膣カンジダを思い浮かべる方が多いことでしょう。

そのため、冒頭でもお伝えしたように、中には“カンジダ=性病”だと考える方もいらっしゃいます。

しかし、これは全くの誤解で、実は性交渉が原因で発症するカンジダは、全体のたった5%程度。残りは別の原因で発症しているんだそうです。

カンジダは身体に潜む常在菌

カンジダ菌は膣だけではなく、皮膚や口の中、腸内などにも存在する常在菌です。

カビ菌の仲間だと位置づけられていますが、誰しもが持っている菌なので、カンジダ症を発症していなければ、特に治療の必要はありません。

膣カンジダの症状と原因は?

カンジダ 症状 原因

それでは、カンジダ症の中でも一番多くの方が発症する、膣カンジダの症状と原因について詳しく見ていきましょう。

膣カンジタの症状

【膣カンジダの主な症状】

  • 膣やデリケートゾーン周辺がかゆい
  • 粘度の高いおりものやカッテージチーズ状のおりものが出る
  • 膣やデリケートゾーンの発疹や赤み
  • 排尿時の痛み
  • 性交痛

膣カンジタは、上記のような症状が特にあらわれやすいと言われています。

症状が似ている病気としては、膣トリコモナス症や細菌性膣炎などが挙げられますが、これらの原因は大半が性交渉による感染です。

カンジダは性交渉以外にも、以下の原因で発症することがあります。

膣カンジダの原因

【膣カンジタが発症・再発する原因】

  • 風邪・疲労・ストレスなど
  • 生理前後や妊娠中のホルモンバランスの変化
  • 抗生物質
  • 服装(湿気・不衛生・きつい下着など)
  • HIVウイルスの感染
  • 糖尿病 など

膣カンジダの原因は、ほとんどが日常生活の影響によるものです。

日常生活の影響で免疫力が低下したり、腸内細菌のバランスが悪化したりすると、体内のカンジダ菌が増殖し、前項でご紹介したような症状を発症します。

カンジダの発症・再発を防ぐためには

カンジダは一度発症してしまうと完治するのが難しく、繰り返し再発することがあります。

そのため、私たちは常日頃から免疫力を高め、腸内環境を良好にしておかなければいけません。

一番適した予防法は、食生活の乱れや睡眠不足をといった日常生活の見直しですが、だからといっていきなりライフスタイルを変えるのは結構難しいものですよね。

そこでおすすめしたいのが、ビフィズス菌BB536を配合している『森永ビヒダスBB536』です。

森永ビヒダスBB536に含まれているビフィズス菌BB536は、免疫力の向上や、腸内環境の改善に効果があると研究でも実証されている善玉菌で、カンジダ予防にもかなり役立ちます。

カンジダ予防におすすめ!森永ビヒダスBB536の商品情報

森永ビヒダスBB536

商品名 森永ビヒダスBB536
名称 ビフィズス菌(生菌)利用食品
メーカー 森永乳業
内容量 1袋60カプセル(約30日分)
価格(税込み) 通常購入:3,650円+送料500円
お試しセット:500円(送料無料)
定期コース:初回限定1,835円(送料無料)

※2回目以降は3,305円

原材料 ビフィズス菌末 (澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳蛋白消化物/HPMC、アルギン酸Na、炭酸Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に乳成分を含む)
形状 森永ビヒダスBB536 カプセル
カプセル
栄養成分表示 (2カプセル当たり)熱量1.5kcal、たんぱく質0.16g、脂質0~0.01g、炭水化物 0.29g、 糖質0.21g、食物繊維0.08g、食塩相当量0.005~0.02g

カンジダ予防に最適な森永ビヒダスBB536。ここからはビヒダスと略して商品をご紹介致しましょう。

ビヒダスの特長は?

まずはビヒダスがどんな商品なのか、3つのポイントに分けて簡単に商品の解説をしていきたいと思います!

ビフィズス菌BB536が1日で150憶個も摂れるサプリメント

ビフィズス菌BB536 150憶個

ビヒダスは、1日の目安量2粒に、約150憶個のビフィズス菌BB536が配合されています。

これは、同じく森永乳業から販売されているビヒダスプレーンヨーグルト(100gあたりビフィズス菌20憶個)の7.5倍に相当する菌数。

より多くのビフィズス菌BB536を摂取することで、毎日の腸内環境を応援することができます。

独自技術の小型カプセルで “生きたまま届ける”

森永ビヒダスBB536 独自開発 カプセル

ビヒダスに含まれているビフィズス菌BB536は、通常のビフィズス菌に比べ、酸素や熱に強く、死滅することはほぼありません。

とはいえ、なるべくなら胃酸などを避けて大腸まで届けたいものです。

そこでビヒダスは、森永乳業が独自技術で開発した特殊な小型カプセルを採用。

酸素や熱に耐えられるカプセルでしっかりと菌をコーティングしているので、確実に生きたままの状態で、菌を大腸まで届けることができます。

国内外から認定を受けている安心の機能性表示食品

ビヒダスに含まれているビフィズス菌BB536は、アメリカFDA(食品や医薬品を管轄する政府機関)による、食品の安全審査制度において、GRAS認定(一般的に安全と認められたもの)も取得しています。

また、機能性を表示するために必要な化学的根拠(原材料の安全性や実験データなど)も消費者庁に届け出済みです。

ビヒダスはどんな効果が期待できるの?

ビヒダスに含まれているビフィズス菌BB536は、ビフィズス菌のひとつです。

ビフィズス菌は乳酸菌と並ぶ善玉菌の代表格で、乳酸と酢酸を作り出し、腸内の悪玉菌をやっつける役割を果たしています。

通常のビフィズス菌は先ほどもお伝えしたように、酸素や熱で死滅しやすいのが弱点ですが、ビヒダスに配合されているビフィズス菌BB536はしっかりと腸内に届くので、気になるお悩みの改善に役立ちます。

【ビヒダスで期待できる3つの効果】

  • 整腸作用
  • 免疫力の向上
  • 病気の予防・緩和

腸内の善玉菌を増やして悪い菌の繁殖を防ぎ、免疫力もアップ。

まさにビヒダスはカンジダ予防にふさわしいサプリメントと言えるでしょう。

ビヒダスの口コミ評価は?

森永ビヒダスBB536 口コミ

カンジダ予防に高い効果が期待できるビヒダス。

実際に使用している方々からはどんな評価を得ているのでしょうか。

良い口コミ 悪い口コミ
  • もともと胃腸が弱く、便秘になったかと思ったらゆるくなったり…。そんな私でも腸内環境が整って今では毎日スッキリしています。
  • エステに勤めている友人が「どんなサプリメントを飲んでも、腸内フローラが悪化していれば意味がない」と言っていたので、腸内環境を改善するために購入。1カ月ほどしか試していませんが、お通じがかなり良くなりました。
  • 花粉症対策としてビヒダスを1年以上飲み続けています。毎年苦しめられていた症状も緩和し、外出も楽に♪
  • 飲み続けて1週間で効果が出た。気になっていたトイレ後やおならのニオイが軽くなって気分もハッピー
  • モニターでもらった商品を試したけど、全然効果が感じられない
  • 妊娠中に飲んでみたけど、全くお通じが改善されず。妊娠後期は便秘が続いて辛かったです。
  • 便秘改善のために飲んだけど、結局すぐに効かなかったから、下剤を飲みました
  • 腸内環境が整えば肌荒れも改善するとのことだったので試したけど、特に変わった変化がなかった

効果が十分に感じられたという人もいれば、あまり変化がなかったと感じる人も…。

ただ、効果が感じられなかったという方は、使用期間が短かったり、他にも何か原因があったりするのかもしれませんね。

このように、効果を実感するまでのスピードは個人差がありますから、カンジダ予防としてお使いいただくのであれば、最低でも1~3カ月程度は継続して飲んだほうが良いでしょう。

ビヒダス+αでカンジダを徹底予防しよう

森永ビヒダスBB536 カンジダ 予防

  • 腸内環境を整えて、カンジダ菌の繁殖を抑制する
  • 免疫力を高める

こういった効果があるビヒダスは、カンジダの予防にとても最適です。

しかし、ビヒダスを飲んだからといって、絶対にカンジダが発症しないとは決して言いきれません。

カンジダの発症・再発を防ぐために、以下のことを日常生活で心がけましょう。

腸内環境を整える食生活を心がけて

いくらビヒダスを摂取しても、腸内環境を悪化させる食生活をしていれば、効果は±0です。

悪玉菌を増やすお肉中心の食生活を送っている方は特に注意!

なるべくバランスの取れた食生活で、腸内環境の悪化を防ぎましょう。

ちなみに、ビヒダスの効果をより高めたい方は、バナナやごぼうなど、食物繊維とオリゴ糖がたっぷり含まれている食品を摂るのがおすすめです。

デリケートゾーンは清潔に

カンジダ菌は、あたたかく、湿気の多い環境を好みます。

普段から通気性の良い下着を着用し、おりものシートを利用している人は、こまめにとりかえるようにしましょう。

また、汗や体温で湿った衣類はなるべくはやめに着替えてくださいね。

トイレの後は前から後ろに拭くのが鉄則

ビヒダスを摂取しても、腸内のカンジダ菌が完全になくなることはありません。

排泄物となって出てきたカンジダ菌が、膣内に入り込まないよう、トイレ後は拭き方にも気を付けてくださいね。

まとめ

全身疾患であるものの、デリケートな場所に発症しやすいカンジダ症。

かゆくて痛い厄介な症状に、現在も悩まされている方が多いことでしょう。

カンジダは1回発症してしまえば、ちょっとしたことですぐに再発を繰り返します。

まだ発症していない方も、既に経験済みの方も、ビヒダスでカンジダ予防を始めましょう!


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.