ビフィーナとエビオスを徹底比較!自分に適しているのはどっち?

サプリメント

ビフィーナとエビオスを徹底比較!自分に適しているのはどっち?

投稿日:2018年3月15日 更新日:

ビフィーナEX エビオス

最近では腸への関心も高まってきており、同時に乳酸菌サプリメントや整腸剤も乱立してきました。

ビフィーナは乳酸菌サプリ、そしてエビオスは整腸剤であり、両者ともにカテゴリが違うのですが、どちらも古くから信頼されている「整腸作用のある」ものです。

ここでは、「ビフィーナ」「エビオス」どちらを選択しようか迷っている方のため、両者の特徴や違いを徹底的に解説していきたいと思います。

乳酸菌サプリと整腸剤はそもそも違う

ビフィーナとエビオスを比較する前に、「乳酸菌サプリメント」と「整腸剤」の違いをしっかりと認識しておきましょう。

同じもののように感じている方も多いのですが、実は明確な違いがあったのです。

健康食品と指定医薬部外品の違い

サプリメントと聞けば医薬品のように感じますが、ビフィーナなどの乳酸菌サプリメントは「健康食品」。

そしてエビオスなどの整腸剤は主に「指定医薬部外品」に分類されます。

健康食品と指定医薬部外品の違いを一言で説明するなら「食品か薬用かの違い」ということが分け目になってきます。

使用目的がそもそも違う

また、健康食品と指定医薬部外品は使用目的・リスクにも違いがあります。

健康食品は主に「健康な人が健康を維持するために使用するもの」でありますが、指定医薬部外品は「防止・衛生・予防目的に使用するもの」であります。

上記の表現は少し厳しい表現となってしまいましたが、「本来の」使用目的は上記で説明した通りです。

ビフィーナの特徴

ビフィーナEX

まずは乳酸菌サプリであるビフィーナの特徴から見ていきましょう.

ビフィズス菌、ガセリ菌、アシドフィルス菌の相互作用がスゴイ

ビフィーナには

  • ビフィズス菌BB536
  • ガセリ菌
  • アシドフィルス菌

の3つの菌が配合されています。

また、それぞれ菌ごとに違った特徴を持っており、相互作用しあいながら腸内フローラを良好にしていきます。

ビフィズス菌BB536は幅広い効能を持つ万能型の菌であり、世界30か国以上に輸出されている信頼できる菌です。

そしてガセリ菌は主に内臓脂肪の低下作用、アシドフィルス菌は主に免疫強化の作用がある菌となっています。

※菌の詳しい作用については後述します。

多くの研究結果が報告されている

一般的な乳酸菌サプリメントは、本当に効果があるのかとても不安ですが、ビフィーナは数々の研究結果が報告されています。

  • ビフィズス菌の割合の増加
  • 排便回数の増加
  • アンモニア量の現象

などなど、一般的な乳酸菌サプリでは「ここまでやっていない」というところまで、徹底研究され、完璧を追及した商品となっております。

機能性表示食品であり、通常の乳酸菌サプリとは一味違う

ビフィーナは機能性表示食品であることも特徴の1つ。

機能性表示食品とは「消費者庁に届け出て受領された、機能性を表示できる食品であることの証」です。

基本的には国のルールにより、食品の成分が「カラダのどこに、どう機能するか」という効果を表示できません。これは粗悪商品から消費者を守るためのものです。

その点、ビフィーナはしっかり消費者庁に「科学的根拠のあるものです」と許可をもらっていますので、信頼性の面からも他の乳酸菌サプリとは一味違います。

エビオスの特徴

次に整腸剤であるエビオスの特徴を解説していきます。

有名なアサヒグループが製造

アサヒビールと言えば「あ!」と思う方も多いのではないでしょうか?

その大手ビールメーカーでもおなじみのアサヒグループがエビオスを製造しております。

アサヒグループは1889年に設立された「大阪麦酒会社」が源流。つまり約130年の歴史を持つ企業ということになります。

アサヒグループはビールのイメージがとても強いですが、健康食品・医薬品、清涼飲料水なども手掛けております。

ビール酵母を主成分とした指定医薬外部品

エビオスの主成分はビール酵母。

ビール酵母と聞けば「お酒であるビール」のイメージが強いですが、薬用酵母として広く信頼されている成分です。

また、ビール酵母には

  • 栄養補給
  • 滋養強壮薬
  • 胃腸虚弱
  • 体力増強

などの効果が期待されています。ミネラルを豊富に補給できるのも特筆できる点でもあります。

40種類の天然素材由来の栄養成分を配合

エビオスには

  • 9種のビタミン
  • 18種のアミノ酸
  • 9種のミネラル
  • 2種類の核酸
  • 総グルタチオン

計40種類の天然素材由来の栄養成分が含まれており、「胃腸の働き」「不足しがちな栄養素の補給」「必須アミノ酸の補給」をエビオス1つで補うことができます。

ビフィーナとエビオスを比較

ビフィーナ、エビオス、両者の特徴はご理解いただけたでしょうか。

ここからは本題である両者の比較に移っていきたいと思います。

成分や原材料、価格で比較

ビフィーナ
ビフィーナEX
エビオス
菌種
  • ビフィズス菌BB536
  • アシドフィルス菌
  • ガセリ菌
  • オリゴ糖
  • ビール酵母
原材料 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド)、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む) 乾燥酵母7125mg

※添加物として乳糖、リン酸水素カルシウム、無水ケイ酸、硬化油を含有。

栄養成分 エネルギー8.8kcal、たんぱく質0.28g、脂質0.73g、炭水化物0.89g、食塩相当量0.0024g、ビフィズス菌100憶個、(その他の成分:乳酸菌10憶個、オリゴ糖0.30g) 栄養成分はエビオス添付文書をご覧ください。
価格 3,980円(初回限定) 870円(20日分)
1日辺りのコスト 約132.6円 約43.5円

エビオスには乳酸菌が含まれておりませんので、その点は比較対象にはなりません。

整腸作用で見ると、やはりビール酵母よりも乳酸菌やビフィズス菌に軍配があがります。

1日辺りのコストでみると、ビフィーナはエビオスの倍以上。1日100円というコストをどう捉えるかによって判断が変わるところですね。

菌の効果で比較

ビフィーナの菌の作用
ビフィーナEX
ビール酵母の作用
整腸作用 整腸作用
便秘の予防と改善 胃もたれの抑制
インフルエンザ感染予防 消化不良の改善
潰瘍性大腸炎の抑制 胃部・腹部膨満感の抑制
ETBF菌を抑制 胸やけの抑制
骨強度増強作用 吐き気の抑制
免疫力の強化・調整 嘔吐の抑制
花粉症の予防と緩和
コレステロール値の低下作用
病原性大腸炎O157の感染予防
ピロリ菌の抑制
カンジダ菌の抑制
内臓脂肪の低減

※ビフィーナ「ビフィズス菌BB536」「アシドフィルス菌」「ガセリ菌」3種の効能で記載
※エビオスは「ビール酵母」の効能で記載

整腸作用以外の効能を見ると、それぞれ作用が全く違いますので、「自分は何を目的に摂取するのか」で大きく判断が変わってくるところ。

ざっとみると、ビフィーナは長期的改善、エビオスは短期的改善。といったイメージになります。

口コミで比較

ビフィーナの口コミ
ビフィーナEX
エビオスの口コミ
スゴイ!
何だ翌日からすぐ快便。
もっと早く知りたかったです。定期便も買う予定です。
小さいころからの愛用者です。
食事中、食事後とお腹が痛くなりやすいのですが、エビオスがあれば問題なしです。
長年の便通との格闘もこれで終止符が打たれました。
本当に感謝しております。
犬にも飲ませられるのがいいところ。
おかげさまでお腹を下してもひどい状態にならずに済んでいます。
ヨーグルトやラブレとか色々試してみたけど、やっぱりビフィーナに落ち着きます。
これ続けるのが間違いないですね。
一日に飲む粒の量が多いので大変ですが、飲み始めてすぐに便通がよくなった気がします。
こんなに早く変化が現れたことに驚きです。
おなかがゆるい者ですが、効いている気はしないですね・・・
三カ月続けましたが無駄になりました。
目だった変化なし。
私は60歳になりますが、予防と健康の意味で使い続けてみます。
味は美味しいが私は効果なかった。
父親は絶賛。
人によって違うので、絶対におすすめできるわけではないです。
購入したけど正直効果は分かりません。初めて飲んだときはお腹を壊しました。
合わない人もいると思うので、最初は小さい瓶の方が良いかと思います。

どちらも整腸作用に関しては満足されている口コミが多い印象があります。

エビオスに関しては「味」が無理だ、という口コミが多く、その点ビフィーナは「味が良い」といった口コミも多数見受けられますので、その点も重要視したいところです。

ビフィーナとエビオスの比較、結論はこうだ!

エビオスもビフィーナも人によって「合う」「合わない」があるみたいですので、確実性はないです。

製造元の信頼性に関しては、どちらも長い歴史を持つ企業なので引き分け。

エビオスは医薬部外品のため、安心感が高いですが、日常的に摂取するのは少し気が引けちゃいますね。

また、エビオスは一度に飲む粒の量が結構キツイ、との声も多くあがっています。継続しやすいかどうかにかかわる部分ですので、この点はあまり評価できません。

その点ビフィーナは健康食品ですし、味も美味しいとの口コミも多数見受けられますので、継続して摂取するには問題ないかと思います。

腸内環境を良くする、という目的であれば、色々な効能を持つ乳酸菌が含まれているビフィーナに軍配があがります。

その時々の便通改善を期待するならエビオスでしょうね。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント



Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.