サプリメント

乳酸菌サプリはオリゴ糖入りのものを選ぶべし!おすすめオリゴ糖サプリ5選

投稿日:2018年3月14日 更新日:

便秘の改善や免疫力の向上、さらには美肌作りまでと、様々な効果が期待できることで注目を集めている「乳酸菌サプリ」。

もちろん乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌は単体でも健康な体作りには役立ってくれるものですが、実は乳酸菌は「オリゴ糖」と呼ばれる物質ととっても相性が良く、同時に摂取することでさらなる効果が期待できるものなのです。

そこで今回は、乳酸菌サプリで体内環境をしっかりと整えたいという方におすすめの、オリゴ糖入り乳酸菌サプリを5種類ほどご紹介していきたいと思います!

気になるオリゴ糖の特徴や詳しい効果なども併せてお伝えさせていただきますので、是非参考にしてみてくださいね。

 オリゴ糖入りサプリを選ぶ際の3つの注目ポイント

乳酸菌に対してバツグンの相性を誇るオリゴ糖。

しかし乳酸菌サプリの中でも特に効果の高い乳酸菌サプリを選ぶとなると、ただオリゴ糖が入っているだけのものでは少々役不足です。

では実際にオリゴ糖が配合されている乳酸菌サプリを選ぶ際は、一体どのようなポイントを基準にして選べば良いのでしょうか?

まずはオリゴ糖入りサプリの選び方を、以下の3ポイントに分けてご紹介させていただきます。

  • ①オリゴ糖が十分に配合されていること
  • ②ビフィズス菌が配合されていること
  • ③乳酸菌が生きたまま腸まで届くこと

①オリゴ糖が十分に配合されていること

まずオリゴ糖配合の乳酸菌サプリを選ぶ上で重要なポイントとなるのは、「オリゴ糖の配合量が十分であること」。

と言っても乳酸菌サプリの中には、オリゴ糖が含まれていてもきちんと配合量の表記がされていないようなものが多くなっているため、正しい配合量がわからないということの方が多いかと思われます。

ですのでそういった商品の場合はオリゴ糖が主成分として配合されているのか、反対にサブ的な成分としてのみ配合されているのかどうかを見極め、なるべくオリゴ糖の効果が期待できそうなものを選ぶようにしましょう。

オリゴ糖の詳しい摂取目安量については、以下の表を参照してください。

オリゴ糖の名称 1日の摂取目安量
キシロオリゴ糖 1g~3g
ガラクトオリゴ糖 2g~5g
ミルクオリゴ糖 2g~8g
フラクトオリゴ糖 3g~8g
イソマルトオリゴ糖 10g

このようにオリゴ糖の摂取目安量は種類によってもかなり異なってくるので、サプリを選ぶ際は配合されているオリゴ糖の種類にも注目しておきたいですね。

②ビフィズス菌が配合されていること

続いてのポイントは、オリゴ糖だけでなく「ビフィズス菌もしっかりと配合されていること」。

と言うと、オリゴ糖が入っていることが一番大切なはずなのに、なんでいきなりビフィズス菌?なんていう風に思う方も当然いらっしゃるかと思います。

でもオリゴ糖が配合されているサプリだったとしても、そのオリゴ糖と相性の良い「乳酸菌」が配合されていなかったとしたら…。

あまり効率が良いサプリだとは言えません。

しかし実は皆さんが一度は耳にしたことがあるであろう「ビフィズス菌」であればオリゴ糖との相性には間違いが無いため、無駄のない相乗効果が期待できるのです!

またもちろんビフィズス菌はオリゴ糖と好相性なだけでなく単体でも様々なメリットが得られる重要な菌なので、乳酸菌サプリを選ぶ際はビフィズス菌の配合量なども良く確認しておくことをおすすめします。

 ③乳酸菌が生きたまま腸まで届くこと

最後のポイントになりましたが、乳酸菌サプリ選びは配合されている成分の種類だけでなく、「乳酸菌が生きたまま腸まで届く」ということも外せません。

そもそも乳酸菌というのは胃酸や胆汁液などの酸に弱いデリケートで繊細な菌なため、そういったものへの対策がなされていなければ、ほとんどのものは体に入れてすぐ死滅してしまいます。

じゃあ死んでしまった菌にはもう何もメリットは無いのかと言うとそうではないのですが、生きたものと比べれば作用や効果が低減してしまうのは事実。

そのためより効率的に栄養補給をするのなら、乳酸菌が生きた状態で腸まで届くための工夫をされているものが最適なのです。

ただ乳酸菌の中には死んだ状態でこそ効果を発揮するという特殊な菌もありますので、生きた菌だけが絶対というわけではないということも頭に置いておくと、より自身にあったものが見つけ出せるのではないかと思います。

おすすめオリゴ糖入りサプリランキングベスト5!

では先ほどの3つのポイントを踏まえて厳選した、5つのオリゴ糖入り乳酸菌サプリについて詳しく解説していきたいと思います!

今回はランキング形式でのご紹介となりますがどれも優秀なサプリばかりとなっておりますので、それらの中からより自分に合いそうだと感じたものを選んでいただければ幸いです。

第1位:ビフィーナEX

ビフィーナEX
★乳酸菌サプリ売上ランキング21年連続第1位
★ビフィズス菌BB536を100憶個配合
★耐酸性ハイパープロテクトカプセル採用で生きたまま腸まで届ける
価格 初回3,980円(税込み)
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 100億個
ガセリ菌
アシドフィルス菌
オリゴ糖
形状 顆粒
ビフィーナEX
原材料 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド) 、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む)
成分 1袋(2.0g)当たり エネルギー8.8kcal、たんぱく質0.28g、脂質0.73g、炭水化物0.89g、食塩相当量0.0024g、ビフィズス菌100憶個、(その他の成分:乳酸菌10憶個、オリゴ糖0.30g)

ビフィーナEX

はじめにご紹介させていただく乳酸菌サプリは、創業120年以上の歴史ある会社「森下仁丹」から販売されている、『ビフィーナEX』。

こちらは乳酸菌健康食品部門21年連続売り上げシェアNo.1に輝いた実績があるほど大人気の乳酸菌サプリであり、もはや王道的な存在と言っても過言ではないほどの信頼性を備えている商品です。

またもちろん配合されている成分へのこだわりも非常に強いため、オリゴ糖+ビフィズス菌のコンビも見逃すことなく配合されています。

しかもビフィーナEXは耐酸性のあるカプセルを使用することによって菌を生きたまま腸に届けることも可能になっているため、乳酸菌サプリとしてはもはや言う事ナシの優等生だと言えるでしょう!

第2位:乳酸菌革命

乳酸菌革命
★健康維持に役立つ16種類の乳酸菌
★安心の添加物不使用
★耐熱性に優れた「有胞子乳酸菌」を配合
価格 定期2,730円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌
ラブレ菌
ガセリ菌など16種類ガラクトオリゴ糖
形状 カプセル
乳酸菌革命 カプセル
原材料 乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)、乳酸菌末(EC-12)、ラブレ菌、HPMC
成分 1粒当たり エネルギー1.36kcal、たんぱく質0.06g、脂質0.03g、炭水化物0.22g、ナトリウム0.26mg

続いてのおすすめ乳酸菌サプリは、菌の種類が豊富なことで知られる『乳酸菌革命』。

1粒でビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌の3大乳酸菌をはじめとした16種類もの乳酸菌に加えて、ビフィズス菌の増殖を助けるガラクトオリゴ糖が摂取できる優れモノとなっており、菌数で言えば数ある乳酸菌サプリの中でも上位にランクインするほどの充実感があります。

たくさんの菌を一度に摂るのが怖いという方には少々向かないかもしれませんが、バランスよく乳酸菌を摂って体の調子を整えたいという方にはかなりおすすめできる乳酸菌サプリです。

第3位:乳酸菌EC-12

乳酸菌EC-12
★1日分に1兆個の乳酸菌(EC-12)を配合

★善玉菌の増殖を助けるミルクオリゴ糖を配合

★続けやすいヨーグルト味のチュアブルタイプ

価格 初回1,954円
送料 無料
主成分 フェカリス菌EC-12 1兆個

食物繊維

オリゴ糖

形状 チュアブル錠
乳酸菌EC-12 チュアブル
原材料 還元麦芽糖水飴、難消化デキストリン、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、乳酸菌(乳酸菌EC-12(殺菌)、デキストリン)、ミルクエキス末、セルロース、ソルビトール、香料、ステアリン酸カルシウム、酸味料、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に、乳、かにを含みます。)
成分 2g(4粒)あたり:熱量5.12kcal、たんぱく質0.13g、脂質0.07g、糖質1.38g、食物繊維0.38g、ナトリウム0.04〜3.61mg、<乳酸菌EC-12(殺菌)1兆個>

第3位の『乳酸菌EC-12』は、ビフィズス菌の代わりに死菌である「EC-12」という特殊な乳酸菌を含んだ乳酸菌サプリ。

死菌というとなんだか効果が無さそうですが、乳酸菌EC-12は初めから死んだ状態の菌に高度な加熱処理を施しているため、しっかりと腸まで届いて作用することができます。

また乳酸菌EC-12に含まれるEC-12には体内に元々あるビフィズス菌を増殖させる働きがあるため、ビフィズス菌が含まれずとも結果的にビフィズス菌の効果が期待できるのです。

それに何より乳酸菌EC-12はオリゴ糖に対してのこだわりも強くなっているので、オリゴ糖が含まれた乳酸菌サプリを摂りたいという方には持ってこいの商品と言えるでしょう!

第4位:LAKUBI(ラクビ)

LAKUBI 快便サプリメント
★でぶ菌を減らすビフィズス菌B-3配合

★生きたまま腸に届く「酪酸菌」を1粒に1,700万個凝縮

★発酵食品や調味料に含まれる身近なオリゴ糖を使用

価格 3,800円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌B-3(8.5億個)

酪酸菌(1,700万個)

イソマルトオリゴ糖

形状 カプセル
ラクビカプセル
原材料 サラシアエキス、麦芽糖、デキストリン、澱分、ビフィズス菌乾燥原末、酪酸菌、イソマルトオリゴ糖、ゼラチン、キトサン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、リン酸カルシウム
成分 エネルギー1.03kcal:タンパク質0.06g:脂質0.008g:炭水化物0.18g:食塩相当量0.00075g

『LAKUBI(ラクビ)』は、主に肥満の元である「でぶ菌」を減らす作用のあるビフィズス菌B-3を主成分とした乳酸菌サプリです。

腸内環境を整えてダイエットしたいという方におすすめのサプリですが、オリゴ糖とビフィズス菌を含んだ豊富な成分が配合されているので、ただ痩せたいという方だけでなく健康志向の方にもおススメ!

良好な腸内環境を築きつつ、今話題の腸内フローラダイエットを実践することができます。

第5位:女神フローラ

女神フローラ
★質が良い17種類の乳酸菌を1.7兆個配合

★乳酸菌の代表的な健康パワーをフルにサポート

★他の乳酸菌サプリが合わない方でも大丈夫

価格 11,000円
送料 無料
主成分 乳酸菌17種類(ビフィズス菌・ラクトバチルス菌・エンテロコッカス)

オリゴ糖

デキストリン

難消化デキストリン

モズクエキス末

形状 粉末
女神フローラ
原材料 モズクエキス末/結晶セルロース、香料(ヨーグルト)、クエン酸(原材料の一部に乳成分、大豆を含む)、イソマルトオリゴ糖、乳酸菌生産物質粉末、マルトデキストリン、難消化性デキストリン、乳酸菌(殺菌)

最後にご紹介させていただくのは、1週間以内に大半の方が効果を実感できたと言われている『女神フローラ』。

恐らく上の表を見た方はそのお値段に驚いたことかと思いますが、女神フローラに含まれる17種類1.7兆個の乳酸菌には、それだけの価値があります。

と言うのもこの女神フローラに含まれる乳酸菌は、ヨーグルトに例えるとなんと1ヶ月で170個分にも及ぶほどの量が配合されているからなんです!

ちなみにこれを値段に換算すると、およそ20万円相当に値します。

1ヶ月で20万円かけて170個のヨーグルトを食べるなんて、とてもじゃないけどできませんよね。

女神フローラは他のものと比べると高めですが、意外にもお値段以上のお得感はあると言えるでしょう。

そもそもオリゴ糖ってどんなもの?

ここまで5種類のオリゴ糖入り乳酸菌サプリをご紹介してきましたが、皆さんの中には「そもそもオリゴ糖って何なの?」という方もいらっしゃるはず。

ですのでここからは、気になるオリゴ糖の詳しい特徴や効果などについてお伝えさせていただきたいと思います。

様々な健康効果が期待されている、オリゴ糖の実態はいかに!

オリゴ糖とは?

オリゴ糖とは糖質の一種で、別名少糖類とも呼ばれる物質です。

ちなみに同じ糖の仲間にはオリゴ糖の他に単糖、2糖、多糖などといったものがあり、オリゴ糖は2~10個ほどの単糖が合体してできたものだと言われています。

またオリゴ糖は糖質の中でもカロリーの低さが特徴的なため、甘いものは食べたいけどカロリーは抑えたい…という時にも重宝する優れものです。

しかもオリゴ糖はそれでいて健康に対する効果も期待ができるので、日頃から積極的に摂り入れたい天然甘味料ナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。

オリゴ糖の種類と主な効果

では気になるオリゴ糖の作用や効果についてですが、オリゴ糖にはいくつかの種類が存在し、それぞれに違った効果があるとされています。

オリゴ糖の種類 期待できる主な効果
キシロオリゴ糖 便秘改善、カルシウムの吸収促進
ガラクトオリゴ糖 ミネラル・タンパク質の吸収促進
ミルクオリゴ糖 便秘改善、アンモニアの発生を抑制
フラクトオリゴ糖 虫歯予防、血糖値の上昇抑制
イソマルトオリゴ糖 虫歯予防、免疫力の向上

オリゴ糖の種類と主な効果はこのようになっており、この他にもいくつかの効果が期待できるようです。

またこれらすべてのオリゴ糖に共通して言えるのは、「乳酸菌のエサとなって腸内環境を整えてくれる」作用があるということ。

エサというとちょっとかわいそうでもありますが、乳酸菌はこのオリゴ糖があってこそ活発な働きができ、本来の実力を発揮できるのです。

オリゴ糖は食べ物だけで摂取できる?

私達の体に良い効果をもたらしてくれるオリゴ糖は主に大豆やインゲンなどの豆類に多く、その他にもアスパラガスやゴボウなどの野菜、果物であればバナナなどに含まれています。

ただしそれらのオリゴ糖を含む食べ物を毎日摂り続けていくことはなかなか難しく、実際1日の摂取量で考えてみても、食事だけで十分な量を摂るのは簡単ではありません。

また万が一オリゴ糖が足りていたとしても、肝心の乳酸菌とのバランスが悪ければ意味が無くなってしまいますので、やはりオリゴ糖と乳酸菌をバランス良く摂るのなら、サプリメントでの摂取が最も効率的なのです。

オリゴ糖をサプリで摂ることのメリット

食事ではなかなか摂りきることのできないオリゴ糖。

充分な量を摂取するにはサプリメントがおすすめですが、サプリでオリゴ糖を摂ることで得られるメリットをまとめると、どれほどのお得感が得られるのでしょうか。

乳酸菌サプリでオリゴ糖を摂取する際のメリットを簡単にお伝えさせていただきます。

食事よりもコスパが良い

第一に言えることは、食事で栄養補給をするよりもコストがかからないということ。

基本的にオリゴ糖を含む乳酸菌サプリは手頃な価格のものばかりなため無理に野菜や果物、ヨーグルトなどを購入するよりも安く済むことが多くなっています。

もちろん中にはちょっとお高めのものもありますが、コストパフォーマンスで言えばどれもお得感は高いと言えるでしょう。

手軽だから毎日続けやすい

オリゴ糖や乳酸菌といったものは一朝一夕で効果が現れるものではなく、ある程度の期間は摂り続けていかなければいけません。

そのことを考えると食事はお金も手間もかかり、人によっては食べたいものが自由に食べられないことでストレスが溜まることもあるでしょう。

しかしその点サプリであれば、飲みたい時にサッと飲めて、何もせずともバランス良く配合された成分を摂取することができます。

サプリの魅力はやはり、続けやすさと手軽さにありますよね!

いつでも持ち歩きできる

乳酸菌サプリは医薬品ではないので、毎日無理をして飲む必要はありません。

でも健康に気を付けている方なら、ちょっとした旅行中やお出かけ中でも欠かさず飲んでおきたいですよね。

乳酸菌サプリはそんな時にでも難なく持ち歩くことができ、数日分であれば特に荷物になることもありません。

小分けになっていないタイプの大きな粉状スムージーなんかだと難しいですが、サプリメントなら自宅にいる時以外でも気軽に持ち歩けるため、不便さを感じることも無いかと思います。

腸内環境改善には生活習慣を整えることも重要

ここまでの内容を見るともはや無限の可能性を感じられる「オリゴ糖+ビフィズス菌」ですが、残念なことにそれだけを摂れば必ず健康になれるというわけではなく、ある程度整った生活を送ることも重要になってきます。

また生活習慣だけでなく、心因的な問題も健康状態には大きく関わってきますので、ここでは乳酸菌サプリを摂るのと同時に気を付けておきたいことについて確認していきましょう。

ストレスは健やかな腸の敵!

腸内とストレスは一見関係が無いようで、実はかなり繋がりの濃いもの。

そのため元気な腸を維持するためには、ただ栄養のあるものを摂るだけでなく、メンタル面でも適切な処置を行う必要があります。

日頃ストレスが溜まりがちだという方は適度にストレスを発散させたり質の良い睡眠をとったりなどして、ストレスが溜まりにくい生活を送るように心がけましょう。

食べすぎ&飲みすぎもNG

健康な腸内環境を保つためには、もちろん食べすぎ・飲みすぎはNG。

食べすぎは腸に大きな負担をかけてしまうため、俗にいう「腸疲労」の状態に陥ってしまいます。

そうなるといくら乳酸菌サプリを摂ってもダメなので、普段からなるべく食べすぎは控えて、腸を休ませてあげるようにしてくださいね。

まとめ

今回はビフィズス菌と相性の良い、オリゴ糖を含む乳酸菌サプリについてご紹介させていただきました。

腸内環境の改善に役立つとされているビフィズス菌やその他の乳酸菌は確かに腸には良いですが、実はオリゴ糖の存在が無ければ本来の実力を発揮することは難しいです。

そのくらいオリゴ糖と乳酸菌の関係は密接ですので、これからもし乳酸菌サプリをはじめてみたいと考えているのであれば是非、先ほどの5商品の中から自身に合ったものを選び、一度試してみることをおすすめしますよ。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント



Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.