サプリメント

腸内フローラを整えるには森永ビヒダスBB536がオススメ?そのワケとは

投稿日:2018年3月14日 更新日:

最近、何かと話題に上がることが多くなった、『腸内フローラ』。

皆さんも一度は、どこかで耳にしたことがあると思います。

特にダイエット層や健康志向の方にとっては、定番中の定番と言われる腸内フローラですが、実はまだ知らない方も多いんです。

そんな腸内フローラは、実は乳酸菌を摂ることが一番の近道。

だからと言って、ヨーグルトを食べるのもオススメですが、それよりも効率的に乳酸菌を摂ることができるものがあるんです!

それは『サプリメント』
今回は、そんな乳酸菌サプリの中でもオススメな森永ビヒダスBB536と、腸内フローラの関係について紹介していきたいと思います。

そもそも腸内フローラって何?

そもそも、
「腸内フローラっていったいなに?」
なんて思っている方も多くいるはず。

腸内フローラは簡単に説明すると、あなたの腸の状態を指している言葉です。

私たちの腸内には、多種多様な細菌が生息しており、顕微鏡でのぞくと、まるでお花畑(flora)のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。

まずはこの腸内フローラが、私たちにどのような働きを行っているのか、おさらいしておきましょう。

善玉菌と悪玉菌が常に争っている?

先ほどもちらっと紹介しましたが、腸内にはたくさんの細菌(腸内細菌)が生息していて、大きく分けて、

  • 善玉菌・・・乳酸菌(ビフィズス菌など)
  • 悪玉菌・・・ウェルシュ菌やブドウ球菌など
  • 日和見菌・・・善玉菌でも悪玉菌でもない最近の総称

の3つに分けることができます。
善玉菌と悪玉菌は、常にその勢力を拡大しようと争っており、腸内フローラがいい状態は善玉菌が優勢の時、逆に腸内フローラが悪い状態は悪玉菌が優勢になっている時を指すことが多いんですよ。

腸内フローラがよくなるとうれしい効果がいっぱい

腸内フローラの理想的な状態と言われているのが、
<善玉菌2割:悪玉菌1割:日和見菌7割>

このバランスに保つことが重要です。
善玉菌が優勢の状態になった(健康になった)人の腸内は、善玉菌が悪玉菌の増殖や定着を抑えてくれたり、有害物質を体外に排出したり、免疫細胞を活性化し健康になるだけではなく、ダイエット効果があったりと様々な恩恵を受けることができます。

逆に腸内フローラが悪くなるとどうなるの?

しかし、この腸内フローラのバランスは体調や食生活、年齢やストレスなどで悪玉菌優勢の状態にひっくり返ることが多いんです。

そして、悪玉菌が優勢になってしまうと悪玉菌が作る有害物質が増え、便秘や下痢などのおなかの調子を悪くするだけではなく、生活習慣病や肌荒れなどにも影響を与えてしまいます。

腸内フローラを整えるために必要な生活習慣とは

だからこそ、健康のためには『腸内フローラを良くしておく』こと、つまり善玉菌が優勢な状態にしておくことは重要なんです。

そこで日ごろから補っておいて損はないものが、善玉菌の代表『乳酸菌』です。

乳酸菌は腸の中で乳酸や酢酸を作る菌の総称で、ビフィズス菌などが主な菌。

この『乳酸や酢酸を作る』ことがキモ!
特に酢酸は強い殺菌作用があり、悪玉菌の定着や増殖を防ぎ、腸内フローラを整えてくれるんです。

「じゃあヨーグルトを毎日食べれば…」

なんて思ったアナタ、ちょっと待って!
実はビフィズス菌などの乳酸菌は『とっても熱や酸に弱い』ものが多いんです。

そのため、たっくさんの乳酸菌が入ったヨーグルトを食べても、胃酸によって殺菌されやすいんです。

そこでオススメなのが『乳酸菌サプリ』。
乳酸菌サプリは乳酸菌がたくさん凝縮されているうえに、胃酸や熱に強いカプセルに包まれているので、生きたまま腸に運ばれやすくなるんですよ。

森永ビヒダスBB536ってどんな乳酸菌サプリなの?

そんな乳酸菌の中でも特に『森永ビヒダスBB536』はオススメ!

森永ビヒダスBB536は、商品名にもあるように、森永乳業から販売されている乳酸菌サプリで、ほかの乳酸菌サプリよりも特徴的な部分がたくさんあるんですよ。

そこでここからは、森永ビヒダスBB536の特徴を、皆さんに紹介しちゃいます。

長い間研究し実績を積み重ねてきている

実は森永乳業って、日本で初めてビフィズス菌を乳製品に応用した実績を持っているんです。長年にわたり研究をつづけ、その研究成果を腸内細菌学会などで発信。

今は世界数多くの国で利用され、広く認められているんです!

さらにアメリカのFDA(食品や医薬品を管轄する政府機関)のGRAS(一般的に安全と認められたもの)認定を取得しているんですよ。

ビフィズス菌BB536ってかなりすごかった!?

そんなビヒダスBB536に含まれている乳酸菌は、『ビフィズス菌BB536』と呼ばれるビフィズス菌の一種を150億個(1日目安:2粒分)に配合されています。

ビフィズス菌BB536は健康な乳児から発見されたビフィズス菌で、熱や酸に強く、しっかりと生きたまま腸に届けられます。

また、ヒトが持つ元々の乳酸菌なので、腸の善玉菌を直接的に増やしてくれるんですよ。

独自製法のカプセルで腸にしっかり届くのもうれしい特徴

森永ビヒダスBB536は熱に強いビフィズス菌BB536を、独自製法のカプセルで包み込むことで、さらに胃酸に溶けず、しっかり守られた状態で腸へ届きます。

そして、腸内では善玉菌として働き、悪玉菌の排出に貢献してくれているんですよ。

しかも、小型のカプセル状になっているので手軽に飲みやすく、いつでもどこでも乳酸菌を補給することができます。

森永ビヒダスBB536は腸内フローラをどう変える?

たくさんの技術や歴史が、ビフィズス菌BB536とともにギュッと詰まった、森永ビヒダスBB536。摂取することで腸内フローラをどのように変えていくか気になりますよね。

実は森永乳業では、たくさんの研究を行い、その結果を公開しているんです。

今回はその中でも特に、腸内フローラにかかわる研究結果をいくつか紹介しちゃいます。

整腸作用がすごい!

便秘気味の女性39名にビフィズス菌BB536入りのヨーグルトを1日100g、(BB536の量が20億個以上)を2週間摂取してもらった結果、

  1. ビフィズス菌の割合が増加
  2. 排便回数が増加
  3. 有害物質『アンモニア』の濃度が低下した

といった効果がありました。
これらの作用は、市販の乳酸菌で作ったヨーグルトよりも高い効果が表れていて、特定保健用食品として認められた結果もあるんですよ。

さらにビフィズス菌BB536は少量でも効果があり、便秘や下痢の症状に悩まされている方に取ってもらった結果、症状が改善された実験結果もあります。

それほどビヒダスBB8536には、強い整腸作用があることが証明されているんですよ。

毒素産生型フラジリス菌の除菌作用も

さらに、腸内細菌の一つでありながら、大腸がんのリスク因子としてあげられる『毒素産生型フラジリス菌』を除菌する作用があることが研究結果で分かっているんです。

この菌を保有する健常成人にBB536入りヨーグルト(BB536は32億個/日)または牛乳を8週間摂取してもらった結果、BB536入りヨーグルトを摂取したグループでのみ、フラジリス菌が1/3まで減少した結果があるんです。

つまり、森永ビヒダスBB536を飲み続けることで、大腸がんのリスクを下げることができることが実証されています。

肉食による腸内劣化抑制作用がある!

さらにさらに!
ビヒダスBB536に含まれるビフィズス菌BB536は、悪玉菌の一つである『ビロフィラ菌』の増加を抑えることが分かっています。

研究では、健常成人の食事内容を基本的に肉・卵に限定した期間を5日間過ごしてもらい、同時にBB536含有ヨーグルト(40億個/日)摂取してもらった結果、糞便中のビフィズス菌量が保たれただけではなく、ビロフィラ菌の増加を抑えられたんです。

つまり、お肉をたくさん食べたとしても、悪玉菌の増殖が抑えられるだけではなく、腸内フローラはいい状態を保たれるということ。

これ、筋トレをしている人にとってはうれしいかもしれませんね。

まとめ

いくつかの研究結果を紹介しましたが、

『森永ビヒダスBB536は腸内フローラを良い状態にすることができる』

ということがわかりましたね。

この結果を断言できるのは、森永の長い研究の成果。その結果を世界に発信することで、安全性だけではなく世界から信頼されていることがうかがえます。

意外と知られることはありませんでしたが、その魅力を知ったアナタ。

是非一度森永ビヒダスBB536を試してみませんか?


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2018 AllRights Reserved.