サプリメント

乳酸菌革命は授乳中のお母さんの強い味方!母子共に元気になろう

投稿日:2017年10月31日 更新日:

乳酸菌革命 授乳中 0

授乳中のお母さんは、少しの間、赤ちゃんから目を離すだけでも心配になりますよね?子供の事で頭がいっぱいな状態が続いているかと思います。

赤ちゃん第一の生活をしていると、ご自身の体調の変化に気づけず、体調を崩してしまったり、便秘になったりしてしまいますが、その原因は腸にあるのかもしれません。

乳酸菌革命という乳酸菌が含まれているサプリには、腸内環境を整える効果があります。腸内環境を整えることで、母子共に健康になることが出来るそうなのです。

今回は、授乳中のお母さんの強い味方になるであろう、乳酸菌革命についてご紹介していきます。

乳酸菌革命とは

乳酸菌革命 痩せる 1

乳酸菌革命は腸内フローラを良好にし、腸内環境を整えてくれる乳酸菌サプリです。

16種類も含まれている乳酸菌が、授乳中のお母さんに、たくさんのメリットを与えてくれます。

1粒に16種類500億もの乳酸菌が含まれている

乳酸菌革命は1粒に16種類500億という、非常に多い数の乳酸菌が含まれています。どのような乳酸菌が含まれているかを見ていきましょう!

(乳酸菌革命に含まれる菌の種類)

菌種
ビフィドバクテリウム ロンガム菌
ビフィダム菌
アドレッセンティス菌
ラクトバチルス アシドフィルス菌
ブルガリクス菌
ガッセリー菌
ブレビス菌
カゼイ菌
ジェンセニー菌
バラカゼイ菌
ヘルベティカス菌
ラクティス菌
ラムノーサス菌
デルブリッキ菌
エテロコッカス フェシェーム菌(EC-12)
ストレプトコッカス サーモフィルス菌
有胞子性乳酸菌:ラブレ菌、ビフィズス菌とガセリ菌(上記ビフィドバクテリウム属とラクトバチルス属に含む)

聞いたことがない乳酸菌も多いかと思われます。知らない乳酸菌ばかりで不安になる方もおられると思いますが、安心してください。どれも腸内で活躍する乳酸菌です。

 

胃酸や熱に強い有胞子性乳酸菌

乳酸菌の多くは熱や酸に弱いという特徴を持っています。そのため、普通に摂取すると、胃酸などによって死滅してしまいます。

乳酸菌革命では、乳酸菌を生きたまま腸まで届かせるために、有胞子性乳酸菌というカラに包まれた乳酸菌を使用しています。

カラに乳酸菌を包むことで、胃酸などから乳酸菌を守り、腸まで生きたまま運ぶことが出来るようになります。

腸に届くころにはカラが無くなり、乳酸菌たちの仕事が始まります。

乳酸菌それぞれの効能

16種類の乳酸菌が含まれていることは前にお伝えしました。ここでは、乳酸菌たちがどのような効果をもたらしているかを見ていきましょう!

ビフィドバクテリウム属

ビフィドバクテリウム属と言われても「???」しか浮かばないと思います。

しかし、ビフィズス菌という菌は聞いたことがありませんか?この菌の種類はビフィズス菌と呼ばれています。

ロンガム菌
ビフィダム菌
アドレッセンティス菌

中年男性に多いコレステロールの増加や、お腹周りの内臓脂肪に効果があります。また、便秘の解消にも効果があるということは、実験で実証されています

森永乳業は、便秘になりやすい体質の30名に、毎日ビフィズス菌BB536を含むヨーグルトを食べてもらうという実験をおこないました。

14名の方にはヨーグルトを30g、16名の方にはヨーグルトを100g食べてもらうと、4週間後のお通じは増えるかというものです。

結果は、30人ともお通じが良くなりました。排便回数が増え、便秘を解消することが出来ました。

出典:森永乳業のビフィズス菌

ラクトバチルス属

乳酸菌の中でも1番種類が多く、大きな属です。乳酸菌革命にも11種類と、1番多く配合されています。

アシドフィルス菌

アシドファルス菌は、人にも生息している乳酸菌です。アレルギー症状に強い菌となっており、花粉症の方やアトピーの方の症状を緩和させることが出来ます。

乳酸菌革命 ラクトバチルス・アシドフィルス菌 眼のかゆみ

花粉症に苦しんでいる80名の方に、アシドファルス菌は効果があるのかを実験しました。実験内容は、アシドファルス菌を摂取することで、目のかゆみを抑えられるかというものです。

結果は、アシドファルス菌は目のかゆみを抑えることが出来るということがわかりました。また、菌の量を多く摂取するほど、目のかゆみの症状を抑えられました。

ブルガリクス菌

白血球の活動を活発にする効果や、免疫力を高める効果があります。免疫力が高まるため、風邪やインフルエンザの予防をすることができます。

体の免疫機能で、重要な役割をしている白血球の働きを活発にしてくれます。それにより、免疫力があがり、風邪などをひきにくくすることが出来ます。

ガッセリー菌

ガッセリー菌にはお腹周りが目立ちやすい内臓脂肪を減らすことが出来ます。乳酸菌は熱や酸に弱いという性質を持っていますが、ガッセリー菌は、熱や酸に強いという特徴も持っています。

雪印乳業と九州大学の合同研究で、ガッセリー菌で内臓脂肪を減らせるかという実験をおこないました。

ラットに12週間ガッゼリー菌SP株を投与して、実験前と比べて内臓脂肪が減っているのかという内容です。

実験は見事に成功しました。ガッセリー菌を投与されたラットが、5%ほど内臓脂肪を減らすことが出来たのです。

出典:乳酸菌による「内臓脂肪蓄積抑制」効果

ブレビス菌

プレビス菌は免疫力を高める効能がある乳酸菌です。

免疫力を高めることで、刺激に負けない強い肌を手にすることが出来ます。コレステロール値を下げる作用もありますので、太ってきた方にもおすすめできる乳酸菌です。

カゼイ菌

カゼイ菌は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす効果があります。それにより腸内環境の改善に期待が持てる乳酸菌です。その他には、口臭や歯周病など、お口のトラブルを解消してくれます。

ヘルベディカス菌

疲労やストレスに効果があるとされているアミノ酸を生成することが出来ます。日々忙しい毎日を送っている方におすすめしたい乳酸菌です。

バラカゼイ菌

パラカゼイ菌は便通の改善・免疫力アップにより綺麗な肌になることが出来ます。肌が綺麗になると化粧のノリも違ってきますので、要チェックの乳酸菌です。

ラムノーサス菌

ラムノーサス菌はニキビの殺菌作用もあるため、肌荒れで悩んでいるお母さんにおすすめです。その他にも色んな効能があるのではと、かなり注目されている乳酸菌で、研究が日々進められています。

エテロコッカス属

フェシェーム菌(EC-12)

フェシェーム菌の特徴として、酸や塩分に強いというものがあります。花粉症などのアレルギー症状を緩和することが出来ますので、アレルギー症状で悩んでいる方には覚えてもらいたい乳酸菌です。

ストレプトコッカス

サーモフィルス菌

胃腸を健康にすることで、下痢や便秘などの腸トラブルを改善することが出来ます。腸が綺麗になりますので、お肌も綺麗にすることが出来る乳酸菌です。

ラブレ菌

ラブレ菌は、腸による栄養の消化や吸収を、高めてくれ、肥満などを予防することが出来る乳酸菌です。腸の中にいる、悪い菌の繁殖を抑える効果もあります。

乳酸菌革命を販売している会社は?

乳酸菌革命は、株式会社健康いきいき倶楽部から販売されている商品です。ですが、製造している会社は株式会社サンミリオンです。

実は、健康いきいき倶楽部は、サンミリオンのグループ会社の1つ。

この2つの会社の関係について少しばかりお話します。

株式会社サンミリオンについて

乳酸菌革命 痩せる 1_1

株式会社サンミリオンは、平成3年に設立されました。

創業したての頃は、健康食品・化粧品の卸売の事業をしていましたが、会社の発展に伴い、現在では4つのグループを総括する企業へと発展しています。

元々は1つの会社だった

健康いきいき倶楽部という会社は、株式会社のサンミリオンとグループ会社だけの関係ではありません。少し前まで、健康いきいき倶楽部は株式会社サンミリオンの「健康いきいき倶楽部事業部」という部門の1つだったのです。

今では独立して別な会社になっていますが、昔のまま、会社同士の連携はしっかりと取れています。

乳酸菌革命は、この2つの会社から販売・製造されています。

 

授乳中に乳酸菌を摂取するメリット

乳酸菌革命 授乳中 2

乳酸菌革命について詳しくご紹介していきました。ここからは、授乳中のお母さんが乳酸菌を摂取するメリットについてご紹介していきます。

授乳中は便秘になりやすい

授乳中のお母さんは便秘になりやすい傾向にあります。便秘になる理由はいろいろあり、ストレスや水分不足などが主に考えられます。

便秘の解消には下剤などがありますが、赤ちゃんのことを考えると、薬には頼りたくないですよね。そこでおすすめなのが、腸内環境を整える力のある乳酸菌の登場です。

便秘になる原因は腸内環境の悪化にあります。乳酸菌には腸内環境を整える力がありますので、薬に頼らずとも、便秘を解消することが可能です。

また、乳酸菌が母乳に悪影響が出るという事もありませんので、安心してください。

免疫が上がる

授乳中のお母さんは、赤ちゃんの事ばかり気にするあまり、自分の事は二の次で後回しになっちゃいますよね?

ですが、もし体調を崩してしまい、面倒を見るのが難しい状態になったらどうしましょう。

旦那さんに任せるという手もありますが、赤ちゃんのお世話に慣れていない人だった場合、頼むのは難しい状態になってしまいます。

さらに、赤ちゃんは風邪などに抵抗する力はまだ弱いです。自分の風邪が移ってしまったら…と考えるだけでもゾッとしますよね?

したがって、普段から免疫力をあげ、風邪などから身を守ることが、赤ちゃんのためにも大事になってきます。

そして、免疫を上げるには、腸内環境が関係しています。

腸内環境が悪い状態ですと、免疫細胞がうまく働くことが出来ません。免疫細胞がうまく働くことが出来なくなると、免疫力の低下につながってしまいます。

それを防ぐのに乳酸菌が効果的となっております。

乳酸菌を摂取することで、腸内環境を改善し、免疫細胞を働きやすくしてくれるのです。

母乳の質や量が良くなる

母乳から育てた赤ちゃんは、身体が丈夫と聞いたことはありませんか?それは母乳が関係しています。

免疫成分が入った母乳を与えることで、病気に負けない元気な赤ちゃんに、育てることができます。

母乳は血液が原料です。元気な赤ちゃんにする母乳になるかどうかは、お母さんの腸と関係しています。

腸の働きが良くない状態ですと、うまく栄養を吸収することが出来ません。それに伴い、母乳の栄養も少なくなってしまいます。

乳酸菌を摂取して、腸の働きを良くしておけば、栄養の吸収率が良くなるため、母乳の栄養もいっぱいになります。血液もサラサラになるおかげで、母乳も出やすくなります。

乳酸菌を摂取することで、これだけのメリットがあります。自分の体調を整えるということがいかに重要かを理解できたかと思います。

 

授乳中の乳酸菌サプリを選ぶポイント

乳酸菌革命 授乳中 3

授乳中の乳酸菌を摂取するには、気をつけるべきポイントがいくつかあります。

もしかしたら、母乳に影響のある成分などが入っている可能性もありますので、要チェックですよ。

乳酸菌=ヨーグルトだとだめなの?

乳酸菌革命 授乳中 3_1

乳酸菌と言えば、ヨーグルトを連想する方も少なくないのではないでしょうか。確かにヨーグルトには乳酸菌を含む商品が多く、腸内環境を整えることが出来ます。

しかし、ヨーグルトと日本人の腸は、相性が悪く、お腹を壊してしまう人が多くいます。

ヨーグルトには、「乳糖」と呼ばれる成分が含まれています。この乳糖、日本人のほとんどが分解することができない成分になっているため、日本人の腸と相性が悪い関係になっているのです。

したがって、ヨーグルトで乳酸菌の摂取はおすすめできません。

乳酸菌を摂取するには、「乳糖」が含まれておらず、乳酸菌の量がヨーグルトよりも多い、乳酸菌サプリでの摂取が1番良いでしょう。

添加物が含まれているか

添加物は体に悪いイメージがありませんか?そのイメージは間違いではなく、中には発がん性物質などが含まれているものがあります。

ですが、1度に大量に摂取しないと、影響は出ないようです。

しかし、万が一、母乳に悪影響が出てしまい、子供に影響が出てしまったら…と考えると、念のため添加物の摂取は控えたほうがいいでしょう。

ですので、乳酸菌を摂取する際には、添加物の有無にもチェックしましょう。

善玉菌を増加させることが出来るか

乳酸菌サプリを摂取する理由は、腸を綺麗にし、腸内環境を整えるのが目的です。

善玉菌が増えることで腸内を綺麗にすることが出来ます。ですので、善玉菌を増加させた実績がある乳酸菌サプリは、選ぶ際の重要なポイントとなるでしょう。

 

乳酸菌革命は授乳中でも大丈夫?

乳酸菌革命 授乳中 4

乳酸菌サプリを選ぶ際のポイントがわかったところで、乳酸菌革命がおすすめできる理由をお伝えしていきます。

有害な添加物が含まれていない

乳酸菌革命の原材料を見てみましょう

原材料名
乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)、乳酸菌末(EC-12)、ラブレ菌、HPMCこの中に添加物は「HPMC」と呼ばれるものだけです。

HPMCは植物由来の食品添加物で、安全性の高い成分となっています。

添加物の悪いイメージとは、かけ離れている成分ですので、安心して摂取することが出来ます。

乳酸菌の数が1粒に16種類500億個

乳酸菌革命には、1粒に16種類500億もの乳酸菌が配合されています。非常にたくさんの乳酸菌がいるという事は、腸内に住む善玉菌を増加させる効果も高いということです。

これだけの乳酸菌の種類と量が含まれている乳酸菌サプリは、他にありません。

この2つの理由から、乳酸菌革命は授乳中のお母さんにもおすすめできると、断言させていただきます。

 

体験談

乳酸菌革命 授乳中 5

同じく授乳中に乳酸菌革命を試した、先輩お母さんたちの体験談をご紹介します。先輩たちの意見を参考にしてみてください。

30代女性

 乳酸菌革命 授乳中 5_1
便秘症かと思いきや、いきなり下したり、腸内環境が安定していない状態が続いていました。

生後7か月の赤ちゃんもいますので、少しの間でも「赤ちゃんに何かあったらどうしよう」と思うと、のんびりトイレにはいられません。

気軽にトイレに行けるのは、旦那が居る間だけです。

お腹の調子に悩んでいる時に、腸内環境を良くすることで、改善されるということをTVで知りました。

実際乳酸菌革命を飲み続けてからお腹を下したり、便秘になったりしていません。効果はあると思います。

20代女性

 乳酸菌革命 授乳中 5_2
妊娠が発覚してから、体には気をつけるようにしていました。しかし、いざ子育てが始まると、自分のことなんか気にしていられないほど忙しいです。

私は体調を崩しやすいので、気をつけてはいたんですが、1日だけ風邪を引いてしまいました。「赤ちゃんに移ったらどうしよう」と「旦那がちゃんと面倒みれるのか」が心配で心配で、気が気ではありませんでした。

体調を崩さないようにするには、腸内環境を整えることがいいという事を聞き、乳酸菌革命を試してみることに。

サプリメントですので、忙しい時でもサッと飲めるのは良い点だと思います。

そのおかげかどうかはわかりませんが、今のところ体調を崩していません。とりあえず子供が大きくなるまでは続けようかなと思ってます。

お二人とも子供のためにと、乳酸菌革命を飲むようになりました。乳酸菌革命のおかげで、目的の「便秘の解消」・「体調を崩さない」を達成することが出来ています。

腸内環境が整うことで、便秘は解消されますし、免疫力が上がることで、風邪などにかかりにくくなります。

いつの日か、授乳中のお母さんで、使ってない人がいないというくらい、使用者が増えるかもしれませんね。

 

まとめ

乳酸菌革命 授乳中 6

子育てに必死なお母さんの腸内環境は、悪くなりやすいです。それに伴い、便秘や免疫力低下による風邪などを引き起こしてしまいます。

自分の具合が悪い状態で赤ちゃんの面倒を見ますと、赤ちゃんのわずかな異常に気が付かないかもしれません。

そのためにも、腸内環境を改善して、体調を整えるという事は、赤ちゃんのためにも大事なことなのです。

そんなお母さんたちの、味方になってくれるのが乳酸菌革命です。

乳酸菌革命は腸内環境を改善するサプリメントで、便秘や免疫機能の低下を解消・予防することが出来ます。

お子さんのためにも乳酸菌革命を始めましょう!


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.