サプリメント

ビフィーナSでアレルギー性鼻炎を軽減!薬に頼らず鼻水を止める方法

投稿日:2017年10月18日 更新日:

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 0

風邪を引いてないのに、鼻水と鼻づまりを繰り返すことはありませんか?このような症状が続いたら、それはアレルギー性鼻炎かもしれません。

アレルギー性鼻炎には症状が1年中出る「通年性アレルギー性鼻炎」と、季節に限って症状が出る「季節性アレルギー性鼻炎」の2つがあります。

実は、ビフィーナSにはアレルギー性鼻炎に効果があると言われていますが、真偽のほどはどうなのか、調査しました。

今回はビフィーナと、アレルギー性鼻炎の関係についてご紹介していきます。

ヘルスエイド・ビフィーナSとは

ビフィーナ アレルギー性鼻炎 1 ビフィーナSは【森下仁丹】から販売されている、乳酸菌サプリメントです。

乳酸菌サプリ部門での売り上げが19年連続1位を達成している、とても人気のある商品です。

人気の秘密は、成分や機能性表示食品への届け出、実際に効果があった人が多いことがあげられます。

ビフィーナSに含まれる成分

ビフィーナS 

ビフィーナには3種類の乳酸菌が含まれています。

  • ビフィズス菌ロンガム種JBL01株
  • 乳酸菌ラクトバチルス ガセリ種JLG01株
  • 乳酸菌エンテロコッカス フェシウム種JEF01株

この3つの菌は腸を整える効果があります。2つの乳酸菌は小腸で働き、ビフィズス菌は大腸で働きます。

腸内環境を整えるチカラ

ビフィーナSには腸内環境を整えるチカラがあります。

腸内環境が悪くなるのは悪玉菌という、体に有害な菌のせいです。

ビフィズス菌には腸内の悪玉菌の繁殖を抑制するチカラがありますので、腸内環境を改善することができます。

ビフィズス菌を守る特殊なカプセル

ビフィーナSはシームレスカプセルという、つなぎ目のない特殊なカプセルを使用しています。

ビフィズス菌・乳酸菌は胃酸などの酸に弱い性質を持っています。ですが、シームレスカプセルを使用することによって、腸まで死滅しないように守ってくれます。

年齢を重ねるとビフィズス菌が減ってしまう

赤ちゃんの頃は腸内の99%以上がビフィズス菌です。しかし、加齢と共にビフィズス菌は減っていきます。60歳ごろには約1%しかビフィズス菌が存在しません。

ビフィズス菌の量を増やすにはビフィーナSがおすすめです。ビフィーナSを摂取することで、腸にビフィズス菌を送ることができます。

 

アレルギー性鼻炎の原因や症状とは

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 2

アレルギー性鼻炎は免疫が過剰に反応して起こる病気です。ここでは、免疫が過剰に反応する原因とアレルギー性鼻炎の症状、検査や治療法について説明していきます。

アレルギー性鼻炎の原因

人の体は外から入ってきたものが有害だと判断すると、鼻水で押し出そうとしたり、鼻詰まりを起こしたりして、奥に入れないようにします。

この現象事態は風邪をひいた時など、誰にでも起こります。

ですが、アレルギー性鼻炎の場合は、さほど有害でもないものや、少しの有害物質に対しても強く反応してしまい、自身を苦しめてしまうのです。

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎は2種類あり、症状は一緒でも原因は違います。

通年性アレルギー性鼻炎

通年性アレルギー性鼻炎は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりが年間を通して起こる症状です。

季節性アレルギー性鼻炎

季節性アレルギー性鼻炎は、そのほとんどは「花粉症」です。鼻の症状の他にも、目・耳などのかゆみや、のどの違和感などの症状があります。

検査方法

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 2_1

アレルギー性鼻炎かどうかを検査する方法がいくつかあるのでご紹介します。

特異的IgE抗体

採血をして、血液中のIgE抗体の種類と量を調べます。この検査で通年性か季節性のどちらのアレルギー性鼻炎かを知ることができます。

鼻粘膜誘発試験

下甲介(かびこうかい)にハウスダストやスギの成分が染み込んだ紙切れを置き、反応を観察する検査方法です。

この検査によって、どの症状が強いかなどの情報が得られます。

鼻汁好酸球検査

アレルギー性鼻炎の約80%では鼻水の中に好酸球という細胞が増加します。鼻水を採取することで、好酸球の量を調べます。

治療法

アレルギー性鼻炎の治療法は、「薬物療法」と「免疫療法」の2つがあります。

薬物療法

  •  抗アレルギー薬

最も服用される薬で、長期に投与しても安全性が確認されています。効果が出てくるのに1週間程度かかる場合があります。

  •  血管収縮剤

鼻づまりに対して即効性があります。欠点として、長期に使うと効果の持続が短くなり、効き目も少なくなります。

免疫療法

  • 減感紗作療法

体質の改善が見込める唯一の方法で、原因となっている抗原の量を徐々に増やしながら体に投与していく方法です。

いろんな制約があり、週に1~2回の注射を半年以上続けなければならないことや副作用の可能性などがあります。

ビフィーナSはアレルギー性鼻炎に効果がある?

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 3

ビフィーナSは腸内環境を整えるサプリなのに、どうしてアレルギー性鼻炎に効くの?と疑問を持たれた方もいるかもしれませんね。

ここでは、ビフィーナSがどうしてアレルギー性鼻炎に効くのかを見ていきましょう。

免疫細胞の約70%は腸にある

アレルギー性鼻炎が起こる原因は、免疫の過剰反応だとお伝えしました。実は、免疫細胞の約70%は腸にあるんです。

腸の働きが悪い状態ですと、免疫細胞のバランスが崩れてしまい、免疫力の低下や過剰に反応してしまうなどが起きてしまうのです。
したがって、免疫細胞に正常に働いてもらうには腸内環境を整える必要があります。

ビフィーナSで腸内環境を整えられる

ビフィーナSに含まれているビフィズス菌・乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。

ビフィズス菌・乳酸菌は、善玉菌という体に良い菌に当てはまります。善玉菌が悪玉菌よりも多くなることで、腸内が綺麗になっていきます。

つまり、ビフィーナSを摂取することで、腸内環境が改善され、免疫細胞が正常に働くようになります。これにより、ビフィーナSはアレルギー性鼻炎にも効果があるのです。

 

体験談

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 4

ビフィーナSを実際に使用して、アレルギー性鼻炎の症状が良くなった方の体験談がありますのでご紹介します。

30代女性(ハウスダスト)

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 4_1

私はハウスダストに反応するアレルギー性鼻炎を持っています。そのため、常に身の回りを綺麗にしておかないと、くしゃみや鼻水が止まらず、つらいです。

自宅に居るときは常に綺麗に保っているため、症状が出ないのですが、会社に居るときはひどい状態です。1日でティッシュひと箱を使い切ってしまうこともあり、鼻のかみすぎで痛くなることも多々あります。

ですが、ビフィーナSを飲むようになって1カ月くらいした時から、症状がだいぶ収まり、1日にティッシュ1箱を使うなんてこともなくなりました。

全く症状がでないというわけではありません。しかし、飲むと飲まないとでは全然違いますので、私はビフィーナSを飲み続けようと思いました。

40代男性(花粉症)

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 4_2

春季の花粉症がひどいので、医師から処方された薬と一緒に、アレルギー性鼻炎に効果のあるビフィーナSも飲んでみました。

症状は緩和されましたが、どちらが効果あったのか、またはどちらも効果があったのかは、判別できませんでした。ですが、花粉症が良くなるのでしたらどちらでも構いません!

どちらかをやめて花粉症がひどくなるくらいでしたら、どちらも続けたほうがマシです!今後も処方薬とビフィーナSで、花粉の季節を乗り越えたいと思います。

40代女性(花粉症)

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 4_3

私は長年、花粉症に苦しんでいましたが、ビフィーナが効きました。市販の薬は、「眠くなる」「のどが渇く」「使用感が今一つ」であまり使いたくありませんでした。

ビフィーナは、市販の薬とは違い、眠くなったり、のどが渇いたりしませんし、花粉症にも効果がありました。次の花粉の季節からはビフィーナSとマスクで過ごせそうです。

おまけですが、ビフィーナSを使用していたら便秘も解消することができました。花粉症の軽減と同じくらい嬉しいです。

 

アレルギー性鼻炎を回避する方法

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 5

アレルギー性鼻炎を予防するには、普段の生活にも気を使わなければいけません。アレルギー性鼻炎の回避方法を学んでいきましょう!

ハウスダストを除去する

ハウスダストは、動物の毛やダニの死骸などが該当します。

1. 布団や毛布はよく日光に当てて乾燥させます。※花粉症の場合は室内干しにしましょう。
2. 防ダニの布団を使い、寝具にはダニを通さないカバーをかけて対策しましょう。
3. カーペットや畳はダニが生息しやすいので、フローリングにしましょう
4. 部屋の湿度は50%、室温は20~25度に保ちましょう。湿度が低いとほこりなどが舞いやすくなります。

花粉症を回避する

花粉症は、春はスギ・ヒノキ、秋はブタクサ・ヨモギなど、種類がありすぎて検査をしないと、どれが対象になっているかわかりません。また、去年は大丈夫でも今年から発症する可能性がありますので、花粉症でない方も注意が必要です。

  1.  ニュースなどで花粉の情報に注意しましょう。
  2. 花粉の季節は窓・戸を閉めましょう。花粉を家の中に入れないにするのがポイントです。
  3. ニットなどの花粉が付きやすい衣服は避けます。外出する場合はマスク・メガネを着用して花粉から身を守りましょう。
  4. 帰宅した時には、部屋に入る前に服や髪に付いた花粉を落としてから入ります。うがいや洗顔もかかさずにやることで、花粉症の予防になります。

その他で注意すること

日常生活でも気をつける点がありますのでご紹介します。

偏った食生活をしない

偏った食生活をしていますと、脂肪やたんぱく質の取り過ぎで、悪玉菌が増えてしまします。悪玉菌が増えると、腸内環境が悪くなり免疫細胞が働きにくくなってしまいます。バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

体力をつける

体力がない状態ですと、免疫力が落ち、アレルギーにかかりやすくなってしまいます。「睡眠時間」や「ストレスを溜めない」ことが大切です。適度なスポーツをするのもいいでしょう。

分煙・禁煙を心掛ける

たばこの煙は鼻の粘膜を刺激します。アレルギー性鼻炎の症状が悪化する原因になりますので注意が必要です。

まとめ

ビフィーナS アレルギー性鼻炎 6

ビフィーナSは腸内環境を改善することで、アレルギー性鼻炎を抑えることができます。ビフィーナは薬ではなく、サプリメントですので安心して使用することができます。

ですが、普段の生活から見直さなければ、腸内環境を良くすることはできません。偏った食生活や睡眠不足を見直すことで、ビフィーナは効果があるのです。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.