サプリメント

潰瘍性大腸炎に効くサプリランキング!症状の予防改善に効果があるのはコレ

投稿日:2017年10月13日 更新日:

潰瘍性大腸炎 サプリ 0

腹痛が続いてトイレに何回も行くのはつらいですよね。潰瘍性大腸炎の症状がひどくなると、体重が減少したり発熱したりとお腹以外にも症状が出てきます。

潰瘍性大腸炎は20代を中心に、若い人からお年寄りまでかかる原因不明の難病です。

ただ、仕事が忙しいなどで偏った食生活が続くと、腸の免疫機能が正常に働かなくなり潰瘍性大腸炎になる可能性が高まると指摘されています。

症状が安定しない上に原因が不明な潰瘍性大腸炎ですが、お医者さんから処方される薬以外にも症状を緩和することができることを知っていますか?

実は、潰瘍性大腸炎の症状を緩和することができるサプリメントが存在します。今回は、潰瘍性大腸炎に効果のあるサプリメントをご紹介していきます。

効果的な飲み方や、潰瘍性大腸炎と付き合っていく上で気を付けたい事項もピックアップしています。

目次

腸内環境を整えれば潰瘍性大腸炎の症状緩和につながる

潰瘍性大腸炎 サプリ 1

潰瘍性大腸炎の原因は、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足などが複雑に関係していると言われており、原因不明の病気です。国の難病に指定されています。

下痢や腹痛の症状が悪化することで生活に支障が出る可能性も高く持ち合わせているうえに、現在、効果的な治療法がまだ見つかっていません。

腸内環境が整うと免疫力アップ

腸内環境が整えられることによって、免疫力を向上させることができます。

腸内環境が整っている状態を長期間維持することで、潰瘍性大腸炎は症状を軽減することができます。

腸内環境を整えるのであれば、乳酸菌を摂取することがすすめられます。

乳酸菌で腸内環境が整う

乳酸菌は、私たちの腸内で活躍している善玉菌の一つです。

乳酸菌は、腸の運動を活動的にしたり、悪玉菌によってもたらされる腸内腐敗や、病原菌から腸管感染を防ぐことができます。また、乳酸菌はビタミンなどを生成する作用があり、ガンの予防や抑制、免疫力の活性化などの効果もあることが分かっています。

乳酸菌=ヨーグルトはだめ?

よく乳酸菌と聞いてイメージされるのは、ヨーグルトなどの乳製品が主だと思います。しかし、乳製品に含まれる糖質:乳糖を分解できる日本人は、25%にも満たないのをご存知でしょうか?

乳製品の乳糖を分解できない体質のことを、乳糖不耐症と言います。日本人のお腹には、そもそも乳製品は合わないのです。そして、潰瘍性大腸炎では、動物性脂肪の塊である乳製品の摂取は控えるように指導されますので、ヨーグルトは使えないのです。

そこで、乳製品を使わずに、乳酸菌を摂取できる方法として、乳酸菌サプリメントがおすすめです。純粋な乳酸菌だけを摂取でき、余分な成分の一切を排除しています。

乳酸菌サプリメントを選ぶ条件

潰瘍性大腸炎 サプリ 2

乳酸菌にはたくさんの種類があり、乳酸菌サプリメントも同様に、商品の数は溢れています。その中から、腸内環境を改善し、潰瘍性大腸炎の症状を緩和することができるサプリメントを選ぶには、以下の3つの条件を満たしているか確認することが重要です。

善玉菌を増やした実績のあるサプリメントなのか

いくら優秀な乳酸菌が入っていても、実際に腸内環境に効果が期待できる保証もないものは、飲んでも効果が表れるか不安ですよね。実際の研究データにおいて、腸の善玉菌を増やすことが分かっていると、安心してサプリメントを飲めます。

大腸の負担になる成分が入っていないのか

潰瘍性大腸炎は、大腸の疾患です。ですから、サプリメントの添加物も確認してください。

例えば、錠剤を作る際に、乳糖が使われる場合があります。乳糖は、乳製品にも含まれる大腸を刺激する成分ですので、気を付けたい添加物です。

サプリメントの風味を良くするために、人工甘味料が使用されることがありますが、人工甘味料も大腸を刺激してお腹を壊す可能性がありますから、しっかりとチェックしましょう。

善玉菌のエサになる成分が入っているのか

善玉菌のエサになる栄養源が入っているかどうかも、重要な選ぶポイントになります。善玉菌の栄養源となるのは、オリゴ糖と水溶性食物繊維の2つです。

オリゴ糖と水溶性食物繊維は、野菜や果物、海藻類に多く含まれています。日頃から偏った食生活をして、エサ不足等を感じている方は、善玉菌が喜ぶオリゴ糖と水溶性食物繊維が入っているものを選ぶことをおすすめします。

潰瘍性大腸炎に効くサプリメントランキング

潰瘍性大腸炎 サプリ 3

  • 善玉菌を増やした実績のあるサプリメントなのか
  • 大腸の負担になる成分が入っていないのか
  • 善玉菌のエサになる成分が入っているのか

潰瘍性大腸炎用サプリメントを選ぶ条件でご紹介した3つのポイントを踏まえながら、乳酸菌サプリメントをランキング形式でご紹介していきます。

第1位 ヘルスエイド・ビフィーナS

★乳酸菌サプリ売上ランキング19年連続第一位
★便通改善の機能性表示食品
★生きたまま腸まで届けるハイパープロテクトカプセル採用
価格 初回2,980円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌ロンガム種 50億個
ガセリ菌 10億個
フェカリス菌 10億個
オリゴ糖
形状 顆粒
原材料 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド) 、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む)
成分 1袋(1.4g)当たり エネルギー5.1kcal、たんぱく質0.16g、脂質0.41g、炭水化物0.84g、食塩相当量0.0012g、(その他成分)乳酸菌10億個、オリゴ糖0.30g

ヘルスエイド・ビフィーナSは森下仁丹が製造販売する乳酸菌サプリメントです。

ビフィズス菌ロンガム種が腸内の善玉菌アップに作用し、腸内環境を改善することで、潰瘍性大腸炎の症状悪化を抑えることができます。

独自に開発された三層構造の特殊カプセルを使用し、胃酸などの消化液の影響を受けることなくビフィズス菌を大腸に届けることができます。

小腸に定着して腸内フローラを改善するフェカリス菌やガセリ菌、善玉菌のエサとなるオリゴ糖も配合されており、腸全体を整えてくれます。

 

第2位 乳酸菌革命

★ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとした16種類の菌を配合
★菌の種類の多さでは業界1位
★他のサプリメントが合わなかった人におすすめ
価格 定期2,730円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌ラブレ菌

ガセリ菌など16種類

形状 カプセル
原材料 乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)、乳酸菌末(EC-12)、ラブレ菌、HPMC
成分 1粒当たり エネルギー1.36kcal、たんぱく質0.06g、脂質0.03g、炭水化物0.22g、ナトリウム0.26mg

乳酸菌革命は、他の乳酸菌サプリよりもいろんな種類の乳酸菌が配合されており、ビフィズス菌・ガセリ菌など、腸内環境を整えてくれる菌を16種類配合しています。

人は体質によって合わない乳酸菌があります。菌のバリエーションを増やすことで、その人の腸内環境に最適な菌が力を発揮し、腸内環境を改善してくれます。

他の乳酸菌サプリで効果を実感できなかった人におすすめです。

 

第3位 森永ビヒダスBB536

★腸内環境を良好にするビフィズス菌BB536配合
★酸に強く生きたまま大腸に届くビフィズス菌
★小型カプセルで飲みやすい機能性表示食品
価格 初回1,835円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 150億個
形状 カプセル
原材料 ビフィズス菌末 (澱粉、ビフィズス菌乾燥原末)、乳蛋白消化物/HPMC、アルギン酸Na、炭酸Ca、リン酸Ca、カラメル色素、(一部に乳成分を含む)
成分 (2カプセル当たり)熱量1.5kcal、たんぱく質0.16g、脂質0~0.01g、炭水化物 0.29g、 糖質0.21g、食物繊維0.08g、食塩相当量0.005~0.02g

下痢に効く乳酸菌サプリメント 下痢改善サプリ 100

森永ビヒダスBB536は、大手乳製品メーカーの森永乳業が販売しているサプリメントです。森永が発見したビフィズス菌BB536が配合されています。

ビフィズス菌BB536は、他のビフィズス菌と比較すると、熱や酸に強い、特別な乳酸菌です。この特徴で、力強く生きて大腸まで届くことができます。

悪玉菌を減らし、腸内環境を良好にすることでお腹の調子を整える機能が報告されており、機能性表示食品に指定されています。

善玉菌のエサになる成分はありませんが、ヘルスエイド・ビフィーナSに配合されているビフィズス菌数の3倍、150億個が含まれていますので、こちらもおすすめです。

さらに、森永ビヒダスBB536が潰瘍性大腸炎に効果があると、裏付ける臨床データもあり、ビフィズス菌BB536を治療薬と共に摂取させたところ、軽症から中等症の潰瘍性大腸炎患者の症状が、軽減に向かったという報告があります。

 

第4位 久光製薬 乳酸菌EC-12

★1兆個ものフェカリス菌EC-12株を摂取できる
★死菌の乳酸菌球菌が免疫細胞を刺激して免疫力アップ
★ヨーグルト風味のチュアブル型で美味しく続けやすい
価格 初回1,954円
送料 無料
主成分 フェカリス菌EC-12 1兆個
食物繊維
オリゴ糖
形状 チュアブル
原材料 還元麦芽糖水飴、難消化デキストリン、ラクチュロース(ミルクオリゴ糖)、乳酸菌(乳酸菌EC-12(殺菌)、デキストリン)、ミルクエキス末、セルロース、ソルビトール、香料、ステアリン酸カルシウム、酸味料、甘味料(ステビア)、(原材料の一部に、乳、かにを含みます。)
成分 2g(4粒)あたり:熱量5.12kcal、たんぱく質0.13g、脂質0.07g、糖質1.38g、食物繊維0.38g、ナトリウム0.04〜3.61mg、<乳酸菌EC-12(殺菌)1兆個>

乳酸菌サプリメント 人気 ランキング EC-12 免疫

乳酸菌EC-12は製薬会社の久光が提供する乳酸菌サプリメントです。1日4粒で1兆個という、他の乳酸菌サプリとは比べ物にならないほどの乳酸菌が含まれています。

乳酸菌EC-12は死菌状態でサプリになっています。乳酸菌が生きていないと効果がないと思われがちですが、乳酸菌EC-12は大腸のビフィズス菌のエサになりますので、腸内環境を改善することができます。

乳酸菌EC-12の特徴としては非常に小さく丸い形をしており、小腸のパイエル板を通過して免疫細胞を刺激することで、免疫力アップやアレルギーの改善に効果があります。

潰瘍性大腸炎は、本来は外敵から身を守る免疫機構が正常に機能しない自己免疫反応の異常が関係していると考えられています。

乳酸菌EC-12は、免疫機能が暴走するのを防ぎ、潰瘍性大腸炎を予防・緩和することができます。

 

第5位 フジッコ 善玉菌のチカラ

★ねばり成分EPS多糖体を作り出すクレモリス菌FC株
★カスピ海ヨーグルトのメリットをギュッと一粒に凝縮
★食物繊維とカルシウムで大腸の健康サポート
価格 初回定期1,550円
送料 無料
主成分 クレモリス菌FC株 20億個
食物繊維
カルシウム
形状 カプセル
原材料 乳酸菌末(還元水あめ、乳酸菌原末、デキストリン)、ゼラチン、デキストリン、貝カルシウム、アルギン酸カリウム、ショ糖脂肪酸エステル、(原材料の一部に大豆・ゼラチンを含む)
成分 1粒(400mg当り)エネルギー0.71kcal、たんぱく質0.08g、脂質0.01g、糖質0.05g、食物繊維0.05g、ナトリウム1mg、カルシウム70mg

善玉菌のチカラはカスピ海ヨーグルトで使われている乳酸菌クレモリス菌FC株をサプリメントにしたものです。

カスピ海ヨーグルトには独特の粘りがあり、この粘りはクレモリス菌FC株が作り出す成分EPS多糖体というものです。

このEPS多糖体は消化酵素で分解されることはありません。クレモリス菌FC株はEPS多糖体に包まれながら生きて大腸に届くことができます。

クレモリス菌FC株に期待できる効果は幅広く、腸内環境の改善に効果があることが研究でも実証されていますので、潰瘍性大腸炎に効果的です。

また、善玉菌のエサである食物繊維や、日本人に不足しがちなカルシウムも入っています。

 

第6位 植物性乳酸菌ラブレ

★腸まで生き抜けるラブレ菌使用
★フリーズドライ製法で100億個のラブレ菌が摂取可能
★日本人の腸と相性が良い植物性乳酸菌
価格 定期4,062円
送料 無料
主成分 ラブレ菌 100億個
形状 カプセル
原材料 乳酸菌末(デンプン、還元麦芽糖水飴、乳酸菌)、HPMC、ステアリン酸カルシウム、(原材料の一部に大豆を含む)
成分 1粒412mg当たり エネルギー 1~3kcal、たんぱく質 0~0.1g、脂質 0~0.1g、炭水化物 0.3~0.4g、ナトリウム 0~1mg、カリウム 0.2~0.7mg、リン 0.3~0.7mg

野菜ジュースが有名なカゴメが販売している乳酸菌サプリメントです。国内初のフリーズドライ製法により、生きたラブレ菌をカプセルに100憶個閉じ込められています。

ラブレ菌は植物性乳酸菌で、京都のすぐき漬けから発見されたものです。日本人の腸に相性が良い乳酸菌なので、腸まで生きて届くことができます。

植物性乳酸菌ラブレは、動物性の乳酸菌では効果を得られなかった方にオススメのサプリメントとなっております。

 

第7位 ライラック乳酸菌

★有胞子&植物性で生存力の高いライラック乳酸菌を使用
★オリゴ糖配合で善玉菌を元気にする
★原料のカプセルにおからを使用し添加物を抑える
価格 初回980円
送料 無料
主成分 有胞子乳酸菌ライラック01株
完全植物性乳酸菌
オリゴ糖
形状 カプセル
原材料 有胞子性乳酸菌末(オカラ粉末、オリゴ糖、有胞子性乳酸菌)/プルラン、二酸化チタン
成分 2粒(0.64g)当たり エネルギー2.6kcal、たんぱく質0.12g、脂質0.06g、炭水化物0.42g、食塩相当量0.002g

有胞子性の乳酸菌を使用して作られたのがライラック乳酸菌です。有胞子性乳酸菌は、乳酸菌が硬い殻に包まれている乳酸菌のことで、胃酸などの消化液に強いという特徴があります。

また、ライラック乳酸菌は植物性乳酸菌の乳酸菌なので、動物性と比較すると腸まで生きて届きやすいです。

腸まで届いたあとは、腸内環境を整えて便の形状を改善してくれますので、潰瘍性大腸炎に効果があります。

 

第8位 ビフィコロン

★1粒に50憶個のビフィズス菌配合
★胃酸に強い特殊ダブルガードカプセル
★ビフィズス菌を生きたまま大腸へ届けられる
価格 定期4320円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌(BB536株) 50憶個
形状 カプセル
原材料 澱粉、ビフィズス菌末(乳成分を含む)/HPMC、シェラック、キトサン(かに由来)、
グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、カラメル色素、植物ワックス、ミツロウ
成分 1粒(0.28g)エネルギー1.07kcal、たんぱく質0~0.05g、脂質0~0.01g、炭水化物0.23g、ナトリウム0.0015~0.0046g

ビフィコロンは日精ファルマ株式会社が販売している、ビフィズス菌入り乳酸菌サプリです。

ビフィズス菌は善玉菌の99%以上も占めている菌で悪玉菌の繁殖を抑制する効果があります。

ダブルガードカプセルという日精ファルマが独自開発したカプセルは、大腸に届いてからカプセルが壊れるという特徴があります。カプセル1粒に50憶個のビフィズス菌が含まれており、ほとんどのビフィズス菌を生きたまま大腸まで送ることができます。

潰瘍性大腸炎におすすめのサプリってどんなのがある?

効用性大腸炎 サプリ 4

潰瘍性大腸炎に効くおすすめサプリランキングを紹介してきましたが、実は、サプリメントにも3種類あり

  • プレバイオティクス
  • プロバイオティクス
  • バイオジェニックス

に分けることができます。ここではそれぞれの違いをご紹介します。

1.プレバイオティクス(pre)

プレバイオティクスは事前に「腸」という土壌を肥やすという意味があります。

オリゴ糖や食物繊維などの善玉菌のエサとなるものがプレバイオティクスです。

2.プロバイオティクス(pro)

プロバイオティクスは日本語で「共に生きる」という意味です。ここでの共に生きるというのは、人と乳酸菌・ビフィズス菌が該当します。

乳酸菌やビフィズス菌が主な成分のサプリがプロバイオティクスです。

3.バイオジェニックス

バイオジェニックスは日本人の光岡博士が提唱した概念で、

生きた菌だけでなく死菌や分泌物も腸管免疫を刺激することで、腸内フローラに好影響を与えるということです。

簡単に説明しますと、サプリメントで摂取すれば腸内環境の改善でき、身体に良い影響を与える成分のことをいいます。

乳酸菌生産物質がバイオジェニックスに当てはまります。

潰瘍性大腸炎に効果があると報告されている乳酸菌

潰瘍性大腸炎 サプリ 5

これまでは潰瘍性大腸炎におすすめのサプリをご紹介しました。これからお伝えする乳酸菌は潰瘍性大腸炎の症状を抑える効果が高いとされている乳酸菌です。

  • BB536
  • ブレーベ菌(ヤクルト)
  • LC1

の3つがありますので、それぞれご紹介します。

BB536

BB536は、ビフィーナ、森永ビヒダスBB536に含まれている乳酸菌です。これまでに発見されたビフィズス菌は酸素や熱に弱いという特徴がありました。

しかし、森永乳業が発見したビフィズス菌BB536は酸や熱にも強いため、胃酸などで菌が死ぬことなく生きたまま腸に届くことができます。

潰瘍性大腸炎の患者に治療薬と一緒に摂取してもらったところ、6か月で10名のかたに症状が寛解に至るという結果がでました。

ブレーベ菌(ヤクルト)

ブレーベ・ヤクルト菌はヤクルトが保有するビフィズス菌です。

ブレーベ菌が生成する乳酸や酢酸は、腸の運動を活性化させて便の水分を調節してくれます。下痢の症状を改善することから、潰瘍性大腸炎に効果があります。

LC1

LC1は食品メーカーのネスレが保有する乳酸菌で、生きたまま腸に届き、腸への定着率もよいとされている乳酸菌です。免疫力を強くする力がありますので潰瘍性大腸炎に効果があります

潰瘍性大腸炎でサプリを飲むときの注意点

潰瘍性大腸炎 サプリ 6

サプリはどんなに効果があると謳っている物でも、自分の体が受け付けなければ、絶対に取らないようにしましょう。

なぜなら、潰瘍性大腸炎に1度でもなってしまうと、元の健康な状態に復帰するのに1カ月以上かかってしまうからです。

今回は潰瘍性大腸炎サプリを飲むときの注意点をご紹介します。

1日目

初めてのサプリを飲む場合は、最初の量は半分以下にします。カプセルのものであれば、中身を半分以下にして飲みましょう。

半分以下にすることで、効果がない、または効果を感じない量にすることができます。こうすることで、体に慣らしていきます。

2日目

前日に飲んだサプリで体調に異常がなければ大丈夫です。しかし、まだ2日目も、服用する量は半分以下にして、ほとんど効果を感じない程度の量にします。

注意する点は、身体に異常がないか、服用する量を半分にする です。

3日目

2日目に飲んだサプリで体調に変わりがなければ大丈夫です。この日から1日の推奨量を飲んで問題ないということになります。サプリの効果を図っていきましょう。

注意する点は、規定量を超えて摂取しないです。

この飲み方ですと、大きく体を壊すことがありません。最初の3日間の飲み方に注意して潰瘍性大腸炎のサプリを使ってみましょう。

乳酸菌サプリの効果を確認する方法

潰瘍性大腸炎 サプリ 7

サプリの効果を確認する方法は便の変化を見るのが1番わかりやすいです。

  • 臭い(臭くないか?)
  • 色(黄色っぽいか?)
  • 大きさ(バナナくらいの大きさか?)
  • 浮力(沈んでいないか?)

この4つをトイレに行った時には注意して観ましょう。

潰瘍性大腸炎の代表的な症状である下痢便が、徐々に上記のような健康的な便に変わっていけば、そのサプリと自分の腸との相性が良いと判断できるのです。

腸内環境が整うと起こる嬉しいこと

潰瘍性大腸炎 サプリ 8

乳酸菌サプリを使って腸内環境が整うことによって、さまざまなメリットや効果がありますので、それについてもご紹介していきます。

効能 解説
お通じが良くなる 便秘の原因の悪玉菌が減ることによってお通じが良くなります。
花粉症・アトピー性皮膚炎を緩和 免疫力があがることによって花粉症などのアレルギー症状を抑えることができます
コレステロールを下げる 腸内の善玉菌がコレステロールの吸収を抑えます。
免疫力を向上させる 大腸にいる善玉菌が増えることで免疫力が向上します。
肌荒れを改善 お通じが良くなることでビタミンの生成が良くなり肌荒れが改善します。
胃がんを予防 乳酸菌の中には胃がんの発症に関係するピロリ菌を倒してくれる菌がいます。
血糖値の上昇を抑える 腸内には血糖値を下げる働きをする腸内細菌がいます

腸内環境を改善することで、胃がんの予防にもなるのは意外ですよね?腸内環境を整えることでこれだけたくさんのメリットがあります。

乳酸菌サプリ以外におすすめなもの

潰瘍性大腸炎 サプリ 9

乳酸菌サプリ以外にも潰瘍性大腸炎に効果がある健康食品があります。

食物繊維やオリゴ糖を多く含む健康商品を摂取することで、腸内環境を改善し、潰瘍性大腸炎の症状の緩和や予防することができますのでご紹介していきます。

食物繊維

潰瘍性大腸炎の腸内環境は悪い状態にあります。なぜなら、腸壁には腫瘍ができ、出血するなど、悪玉菌が多い腸内環境になっているからです。

しかし、潰瘍性大腸炎のガイドラインでは、食物繊維は腸に刺激を与えてしまい、出血を促してしまうので、腸には良くないとされていました。

ですが、食物繊維を摂取せずに悪玉菌が多い腸内環境が長年に続く方が、リスクがあるという指摘もあります。

なぜなら、悪玉菌は有害物質を作り出してしまい、潰瘍性大腸炎よりもっと深刻な大腸がんの原因になってしまうからです。

食物繊維は善玉菌が多い腸内環境へと改善してくれますので、それを摂取してはいけないとしている潰瘍性大腸炎のガイドラインを訂正する動きも高まっています。

藍の快調サポート

藍の快調サポートはスプーン3杯約7gの中に約5.3gの食物繊維が含まれています。腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖も含まれていますので、ダブルで腸内環境の改善に期待ができる商品です。

お好きな飲み物や食事にサッと入れて溶かすだけですので、手軽に摂取できるのもおすすめのポイントです。

プレファイバー

プレファイバーには2種類の食物繊維と、4種類のオリゴ糖が含まれているサプリメントです。1日1包で4.3gの食物繊維が摂取できます。腸内のビフィズス菌を増やし、腸内環境を改善します。

腸内環境を良くすることで、潰瘍性大腸炎に効果があります。

イージーファイバー

イージーファイバーは小林製薬から販売されている商品です。1パックに食物繊維が4.2g含まれており、飲み物に入れても固まらずさっと溶けるのが特徴です。

また、ほぼ無味・無臭ですので飲み物の味や香りを変えることがありません。

商品パッケージには、お通じの改善に役立つと書いてありますが、食物繊維が豊富に含まれていますので、潰瘍性大腸炎にもちゃんと効果があります。

青汁

青汁も食物繊維を多く含む健康食品です。ホットで飲むことができますので、腸を刺激せず優しいです。また、持ち運びができますのでどこでも飲むことができます。

やわたのおいしい青汁

やわたは青汁のほかにも多数の健康食品を販売している会社です。

青汁を摂取することで、EPA・DHAが増加し、免疫細胞を活発にすることができます。

免疫の異常が潰瘍性大腸炎の原因とされていますので、免疫力をあげることで潰瘍性大腸炎の症状を抑制することができます。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは食物繊維がサツマイモの約29倍、乳酸菌が100憶個も含まれた健康食品です。乳酸菌+食物繊維の強力コンビで腸内環境を改善します。

野菜ジュース

野菜ジュースと青汁の違いは、野菜を摂取できるかという点です。

ガンを患った医師が野菜ジュースを大量に飲む「ゲルソン療法」でガンを克服しています。つまり、野菜にはガンを克服するだけの免疫を上げる効果があるのです。

伊藤園の野菜ジュース

伊藤園の野菜ジュースは生野菜から作られているので、各種ビタミンが豊富です。

ビタミンAは免疫機能を正常に保つために働いてくれる、大事な栄養素です。

にんじんに多く含まれているβカロテンは、体内にビタミンAが不足していると、ビタミンAに変わることができます。

オリゴ糖

オリゴ糖は善玉菌のエサとなる成分です。オリゴ糖を摂取することで腸内の善玉菌が活発になり、腸内環境を良くしてくれます。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴは善玉菌を効率よく増やせる商品です。

複数のオリゴ糖を含んでいるため、ビフィズス菌との相性も良く、刺激が少ないので腸に優しいのもポイントです。

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎 サプリ 10

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらんや腫瘍ができる大腸の炎症性疾患です。20代を中心に多くみられますが、年齢に関係なく発症します。

潰瘍性大腸炎の原因

潰瘍性大腸炎の原因は明らかにはなっていません。ただ可能性として、免疫機構が正常に機能しなくなることで発症するのではないかと考えられています。

また、潰瘍性大腸炎は特効薬がまた見つかっておらず、完治が難しいとされていて、国から難病に指定されています。

潰瘍性大腸炎の症状

潰瘍性大腸炎は「下痢」「便秘」「血便」が主な症状です。腹痛が頻繁に起き、下痢と便秘を繰り返します。症状が悪化すると、体重の減少、風邪をひきやすくなるなどの影響も出てくる病です。

また、最悪の場合は大腸を全摘出しなければいけないことになる場合もあります。

さらに、潰瘍性大腸炎を発症して10年を超えますと、もっと深刻な病の大腸がんを発症するリスクも高くなります。

潰瘍性大腸炎とクローン病

潰瘍性大腸炎とクローン病はどちらも炎症性腸疾患に該当します。

潰瘍性大腸炎は腸にだけ腫瘍ができますが、クローン病は口から肛門までの全消化器官に腫瘍ができるという違いがあります。

この2つの病気は似た症状が起こり、「下痢」「血便」「腹痛」に悩まされます。どちらも原因が不明で治療法が確立されていない病です。

潰瘍性大腸炎に効果があるとされる成分

潰瘍性大腸炎 サプリ 11

潰瘍性大腸炎に効果があるとされ、研究がすすんでいる成分もありましたのでご紹介しておきます。

成分 効果
DHA 良質な免疫細胞。体の健康維持に必要な必須脂肪酸
ビタミンD 免疫を高めてくれる成分。食事、サプリからの摂取や日光に浴びることで作られる成分
カルシウム 神経刺激の伝達に必須な成分
EPA 大腸の炎症を抑える抗炎症作用がある成分
レシチン 神経の伝達物質の元である成分
葉酸 細胞形成に必要なたんぱく質などを合成させ、潰瘍性大腸炎で傷ついた大腸の腸壁を再生する成分

潰瘍性大腸炎に効果があるとされる成分をご紹介しました。

カルシウムといえば牛乳を連想させますが、牛乳に含まれる「乳糖」を日本人は分解でない方のほうが多く、お腹を壊してしまう可能性があります。

潰瘍性大腸炎の方は牛乳を飲むのは控えて、カルシウムが入ったサプリなどで補いましょう。

潰瘍性大腸炎を改善・予防するうえで気を付けるべきこと

潰瘍性大腸炎 サプリ 12

潰瘍性大腸炎を改善・予防に効果のあるサプリメントや健康食品をご紹介してきましたが、普段の食事や定期的な検査も重要です。ここでは潰瘍性大腸炎を改善・予防するうえで気をつけるべきことをお伝えしていきます。

食事

大腸に負担のかかる食事はさけたほうがいいでしょう。食べ物ですと、乳製品や辛いもの、油っこいものが大腸に負担がかかります。飲み物ですとアルコールや炭酸飲料が負担になります。主に嗜好品のものが大腸に負担がかかると考えていいでしょう。

大腸に負担がかからない食事として、和食がおすすめです。

和食は魚料理や油をあまり使用しない煮物料理が多く、潰瘍性大腸炎を予防する食生活の理想ともいえる食事です。

魚は潰瘍性大腸炎に効果のあるDHAが多く含まれていますのでおすすめですし、野菜には食物繊維が豊富です。

ですので、外食するときは、魚料理や野菜が食べられる和食を選ぶようにして、大腸に負担をかけないようにしましょう。

乳酸菌

乳酸菌は免疫力をあげたり、便秘を解消してくれたりします。しかし、乳酸菌は胃酸で殺されてしまったり、日々便として排出されたりしてしまいます。

普段から乳酸菌を意識して摂取することで、腸内細菌のバランスを整えることができます。

継続して乳酸菌を摂取することが大事です。

定期的な検査

潰瘍性大腸炎は20代の後半になりやすい病です。しかし、若い人だけ発症する病ではありません。年齢にかかわらず、生活習慣によって発症する可能性があります。

早期に発見し、治療をすることができれば、完治に近い状態を保つことができる可能性が高いです。

ですので、健康診断などで定期的な検査を怠らないようにしましょう。

まとめ

潰瘍性大腸炎 サプリ 13

潰瘍性大腸炎は大腸にびらんや腫瘍ができる原因がわかっていない難病です。20代に多く見られる病ですが、年齢関係なく発症します。

潰瘍性大腸炎は腸内環境を改善することで発症の予防や緩和をすることができます。青汁や野菜ジュースも腸内環境の改善に効果がありますが、1番手軽に始められるのは乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリには非常にたくさんの乳酸菌が含まれ、潰瘍性大腸炎に効果のある成分も含まれているものもあります。

潰瘍性大腸炎に苦労されている方で、乳酸菌サプリを試していない方は、この機会に始められてみてはいかがでしょうか?


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.