サプリメント

ビフィズス菌サプリで善玉菌を増やそう おすすめランキング

投稿日:

ビフィズス菌サプリメント0

腸内フローラを整えるうえで、ビフィズス菌を摂り入れることは大きな意味を持ちます。ビフィズス菌を増やすためには、サプリメントを使って腸に送り込み、効率よく増やすのがオススメです。

こちらのページでは、ランキング形式でご紹介していきますので、あなただけのビフィズス菌サプリを見つけてくださいね。

ビフィズス菌サプリを選ぶポイント

ビフィズス菌サプリメント1

サプリメントは食品に分類されるもので、医薬品ではありません。健康維持のためにビフィズス菌を摂取される際も、長く継続して飲むことができます。

ビフィズス菌と一言で言っても、種類がたくさんあり、自分の腸内細菌と合う・合わないがあります。ビフィズス菌サプリであれば、様々な種類が販売されているので、自分の腸との相性を確認しやすいというメリットがあるでしょう。

それでは、ビフィズス菌サプリを選ぶポイントを解説していきます。

ビフィズス菌が生きたまま腸に届くのか

まず外せないのが、ビフィズス菌が生きた状態で大腸に届くということです。

一般的にビフィズス菌は、熱や酸に非常に弱い、繊細な菌です。ですから、なんの対策もされていない状態で口から入れると、ビフィズス菌は胃酸や胆汁酸などで死んでしまいます。

すると善玉菌の一種となって働くビフィズス菌の数が減り、期待される機能の一部が失われてしまいます。

ビフィズス菌は腸内環境を整えてくれますが、それは生きた菌(生菌)による働きであり、死んでしまったビフィズス菌には望めないものです。死んでしまった菌(死菌)も、腸の善玉菌の働きを助ける力はありますが、せっかくサプリメントでビフィズス菌を摂るのですから、大きい作用を優先しましょう。

これをチェックするには、

  • 生きたまま大腸に届くことのできる種類のビフィズス菌を使っているのか
  • 熱や酸に弱いビフィズス菌でも、カプセルなどを使用して届くようにしているのか

という点を見ておいてください。

ビフィズス菌の種類でも期待できる効果が変わってきますから、悩みに合ったビフィズス菌が入ったサプリメントを選びましょう。

ビフィズス菌の数はどれくらいか

サプリメントの1日の摂取目安量に含まれる菌の数も、選ぶ上では重要なポイントです。

ヨーグルトに整腸効果を求めるのであれば、1日に300ml~500mlの摂取が必要となりますが、毎日欠かさずにこの量を食べるのは現実的とは言えませんよね。

お腹がいっぱいになってしまいますし、他の食事から摂りたい栄養素が欠如してしまい、逆に不健康です。脂質や糖質の摂り過ぎにもなりかねません。

サプリメントであれば、飲みたいビフィズス菌などの善玉菌だけを摂取できますので、食事に影響せず、栄養素の過剰摂取になることもありません。

ヨーグルト300ml~500mlと同じくらいの善玉菌を摂取しようと思えば、1日分に30億個以上のビフィズス菌が含まれているものを選びましょう。

なるべく多くのビフィズス菌が入ったサプリメントを摂った方が良いと考えられますが、1度に大量に摂るよりも、毎日続けて腸に送ることが大切です。

飲みやすいサプリメントなのか

自分にとって毎日続けると考えたうえで、飲みやすい形状や風味かをチェックすることも、長く続けるためには大切です。

錠剤やカプセルは味やニオイを感じにくいですが、塊を飲み込むのが苦手という人にはパウダータイプ(顆粒)もあります。

オリゴ糖が含まれているか

サプリメントに、ビフィズス菌の栄養源になるオリゴ糖が入っているかどうかも大きなポイントとなります。

オリゴ糖とは、複数の単糖が結合した「少糖類」と呼ばれるもので、人間の消化酵素ではほとんど分解できません。オリゴ糖はそのままの形で腸に届きます。

そこでビフィズス菌のエサになって、増殖を助けるのです。ビフィズス菌はオリゴ糖を栄養源とし、乳酸や酢酸を作り出し、腸内環境を整えます。

ビフィズス菌は腸の内側の上皮細胞に棲んでいると考えられていますので、腸の上皮細胞の生まれ変わりと一緒に剥がれ落ちて便に混じり、一緒に体外に排泄されます。

今、すでに出来上がっている腸内フローラに合わない場合は、長く留まれず、サプリメントでいれたビフィズス菌は流れ出てしまう可能性があります。

毎日サプリメントを飲むことで、腸を通過する数日の間に定着し始めて効果が出てくるのですが、さらなる効果を望まれる場合には、もともと腸にいる善玉菌を活性化することが近道になるんです。

そこで、オリゴ糖の入ったビフィズス菌サプリメントならば、ビフィズス菌を口から入れて植え付けつつ、今いる善玉菌のエサも与えることにつながります。ビフィズス菌単体で飲むよりも、高い整腸作用を期待することができるのです。

価格はいくらなのか

ビフィズス菌サプリメントは、続けることを前提にして腸内環境の改善をうたっているものです。継続するうえで、お財布に負担のない価格かどうか、確かめてから始めましょう。

どんなに効果が高いと言われても、続けることができない価格であれば、無意味になってしまいます。負担を少なく、長く飲み続けることができるビフィズス菌サプリにしましょう。

1日あたり100円前後のサプリメントが主流になりつつありますので、目安にしてみてください。

外さない!ビフィズス菌サプリランキング

選ぶポイント5つ

  • ビフィズス菌が生きたまま腸に届くのか
  • ビフィズス菌の数はどれくらいか
  • 飲みやすいサプリメントなのか
  • オリゴ糖が含まれているか
  • 価格はいくらなのか

を考慮しながら、ビフィズス菌サプリランキング一覧を作成しましたので、選ぶ際の参考になさってくださいね。

ヘルスエイド・ビフィーナS

メーカー 成分・菌の数 形状 コスト
森下仁丹(医薬品メーカー) ビフィズス菌ロンガム種・50億個

アシドフィルス菌・10億個

ガセリ菌・10億個

パウダー(顆粒) 価格:2,980円

内容量: 30日分30包

1日の費用:99円

送料:無料

科学的根拠を消費者庁に届出ることで機能を表示することができる、機能性表示食品に認定されています。19年連続シェア第一位を誇ります。

胃酸に弱い性質のビフィズス菌を使用していますが、森下仁丹が開発した特殊カプセル(ハイパープロテクトカプセル)により、90%の確率で生きたまま腸に到達することができます。

ビフィズス菌と、小腸で働く乳酸菌(アシドフィルス菌、ガセリ菌)が配合されていますので、広く腸内フローラを整えることができます。善玉菌のエサであるビフィズス菌も配合されています。

価格は1日99円と平均的ですので、初めてビフィズス菌サプリを選ぶ方には始めやすいと思います。ヘルスエイド・ビフィーナSは、お腹の調子を整えて、お通じを改善したい人向けのビフィズス菌サプリです。

第2位 ビヒダス BB536

メーカー 成分・菌の数 形状 コスト
森永乳業(乳製品メーカー) ビフィズス菌BB536・150億個 カプセル 価格:3,305円

内容量:30日分60カプセル

1日の費用:110円

送料:無料

ヘルスエイド・ビフィーナSと同様に、機能性表示食品に届出されているビフィズス菌サプリです。

ビヒダスBB536に使用されているビフィズス菌BB536は、健康な乳児から発見されたヒト由来のビフィズス菌です。胃酸に負けない強さが特徴の、ビフィズス菌の中では珍しいものです。

1日分に150億個配合し、生きたまま大腸に届き、腸では善玉菌となって働いてくれます。オリゴ糖は含まれていませんが、ビフィーナSの次におすすめしたいサプリです。

ビヒダスBB536はお腹の調子を整えたい人や、花粉症などのアレルギー症状を緩和したい人向けのビフィズス菌サプリです。

第3位 ビフィズス菌LKM512

メーカー 成分・菌の数 形状 コスト
協同乳業(総合乳業メーカー) ビフィズス菌LKM512・60億個 パウダー(顆粒) 価格:4,320円

内容量:30日分30包

1日の費用:144円

送料:無料

ビフィズス菌LKM512は、胃酸を受けても生きて腸に届き、腸壁への密着度が高い菌です。1日1包で、60億個のビフィズス菌LKM512を摂取できます。増殖する力のとても強い菌で、腸内環境のバランスを整えてくれます。

ビフィズス菌LKM512には、細胞の増殖に関わる「ポリアミン」という物質を作る働きがあります。

ポリアミンが増えると、寿命の延びを期待することができます。1日当たりの費用は144円と高めですが、丈夫な腸で長生きを目指す人におすすめのビフィズス菌サプリメントです。

第4位 乳酸菌革命

乳酸菌革命 善玉菌サプリ
メーカー 成分・菌の数 形状 コスト
健康いきいき倶楽部(食品メーカー) ビフィズス菌

ラブレ菌

ガセリ菌など16種類

カプセル 価格:2,730円

内容量:31日分62粒

1日の費用:88円

送料:無料

ビフィズス菌をはじめとした、ラブレ菌・ガセリ菌など、16種類の善玉菌を配合した乳酸菌サプリです。

口から入れた善玉菌は、今自分が保有している腸内細菌との相性によって、効果の出る出ないが変わります。

乳酸菌革命は、16種類という他のサプリメントと比べてもダントツの菌の種類を入れることで、自分の腸に合う確率を高め、腸内フローラを手っ取り早く良くしてしまおう、というものです。ビフィズス菌が胃酸で死滅してしまわないように、耐酸性のカプセルが使用されています。

ただ、ビフィズス菌や他の乳酸菌の配合量が明らかになっていませんし、菌数をごちゃまぜにすることによる効果は、いまいち測り知ることができません。

ですから、乳酸菌革命は、色んな菌を一度に飲んで、総合的に腸を整えておきたい人向けのビフィズス菌サプリだと言えそうです。

第5位 美&スマート ビフィズス菌B-3

美&スマート ビフィズス菌B-3 ビフィズス菌サプリメント
メーカー 成分・菌の数 形状 コスト
森永乳業(乳製品メーカー) ビフィズス菌B-3・50億個

ミルクオリゴ糖

カプセル 価格:1,922円

内容量:30日分30カプセル

1日の費用:64円

送料:無料

選び抜かれたビフィズス菌B-3を、生きたまま腸に届けられるように植物性の小型カプセルにつめました。50億個のビフィズス菌B-3と、ビフィズス菌のエサとなるミルクオリゴ糖を摂ることのできるサプリです。

太っている人と、痩せている人の腸内フローラに着目し、ビフィズス菌B-3は痩せている人の腸内環境に近づけることを目指しています。

体脂肪を減らしたい人ダイエットしている人におすすめの商品でしょう。

ただし、善玉菌の栄養源として配合されているミルクオリゴ糖は、乳糖という牛乳由来の糖質です。乳製品で、お腹がゴロゴロするなど体調を崩してしまう人には向きませんので、ご注意ください。

第6位 花菜の選べる乳酸菌

メーカー 成分・菌の数 形状 コスト
花菜(食品メーカー) ビフィズス菌

フェカリス菌

ラブレ菌など6種類

錠剤 価格:4,298円

内容量:30日分60粒

1日の費用:143円

送料:無料

6種類の善玉菌を、2つのサプリメントに振り分け、15日ずつ交互に飲むという珍しいサプリメントです。腸の善玉菌を飽きさせず、刺激を与えて活性化する狙いがあります。

菌の割合は明らかにされていませんが、1日で摂取することができる善玉菌の数は、5,000億個にもなるそうです。

ただ、交互に飲むことによる効果がいかほどか、臨床実験が行われたわけではなく、期待して良いものなのか疑問はあります。本来最も摂取したいビフィズス菌も、片方のサプリにしか配合されていませんので、飲めない期間が15日続きます。

ただ口コミなどでは、飲みにくさはあるものの効果自体には満足している声・情報も多かったことから、一つの選択としてアリだと思います。美容効果の高い菌が選ばれているのも特徴です。

今まで乳酸菌サプリを続けるうちに効果が薄れてきたことのある人におすすめです。

ビフィズス菌について

ビフィズス菌サプリメント2

そもそも、ビフィズス菌とはいったいどのような存在なのでしょうか。そして、混合されがちな乳酸菌とは、どのような差があるのでしょうか。

実はこの2つ、働きも性質もまったくの別物です。それぞれの特徴を見てみましょう。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌は糖類を栄養源にして、酢酸と乳酸を作り出します。酸素のある場所では生存できない、偏性嫌気性の細菌です。

今までに30種程度が発見されていて、ヒトの腸内で見つけられたのはそのうちの10種類ほどです。

ビフィズス菌は、ヒトや動物の大腸に棲んでいて、大便1gに100億~1,000億個も含まれます。腸と言えば乳酸菌をイメージされる人が多いと思いますが、実は大腸に棲んでいる善玉菌の99%はビフィズス菌なんです。

乳酸菌とは

乳酸菌も、糖類を栄養源にして繁殖しますが、乳酸菌が作り出せるのは乳酸だけです。酸素の有無に関わらず生きることができる通性嫌気性の細菌です。

ラクトバチルス属、ラクトコッカス属、ストレプトコッカス属、エンテロコッカス属など、26属400種以上の種類が確認されています。

乳酸菌は、腸に限らず口腔内や膣など、体中に住み着いています。大便中1gから検出される乳酸菌は、100万~1億個と、ビフィズス菌よりは少ない数です。

ビフィズス菌と乳酸菌、どちらを摂ればいいの?

2つの違いをまとめると、このようになります。

ビフィズス菌 乳酸菌
産出するもの 乳酸、酢酸 乳酸
生息場所 大腸 小腸、口腔内、膣などヒトの体内に広く生息
腸内善玉菌の占有率 99%以上 1%未満

どちらの菌も腸には欠かせないものでありますが、善玉菌の占有率を見ると圧倒的にビフィズス菌が多いことが分かります。サプリメントを使って補う時は、善玉菌の99%以上を占めるビフィズス菌を補うことをおすすめします。

また、ビフィズス菌は乳酸菌と違って、年齢と共に数も割合も減少する傾向があります。その分を、ビフィズス菌サプリで補うことで、正しい腸内環境の維持につながるでしょう。

ビフィズス菌摂取による効果効能

ビフィズス菌サプリメント3

ビフィズス菌を口から摂取することにより、様々な健康効果が期待できます。ヒトを対象とした臨床実験も盛んに行われていて、結果も発表されています。

ビフィズス菌を腸に届けることで、腸内のビフィズス菌が増えます。すると、悪玉菌の割合が減って、腸内フローラが整ってきます。

悪玉菌が便を腐敗させて生み出していた有害物質やガスの量は減り、善玉菌にもそれらを体外に排泄する働きがあるので、腸を徹底的にきれいにすることができるのです。善玉菌が多いと、善玉菌の作る乳酸や酢酸が腸のpHを酸性にし、悪玉菌が繁殖しづらい腸内環境にしてくれます。

そして、善玉菌の作る乳酸と酢酸は、腸壁を刺激して、ごく自然な蠕動運動を促すので、便通改善にも効果があります。

ビフィーナSに使われているビフィズス菌ロンガム種を2週間摂取した便秘症の人々は、お通じの質、回数共に向上したという臨床実験データもあります。

便通改善の他にも、腸のビフィズス菌が増えることで、

  • 免疫力アップで病気予防
  • 花粉症の改善
  • コレステロール対策
  • 美容効果、アンチエイジング

などの効果が期待できます。

すべてが良い方向へ向かう、というイメージを持っていただけたらと思います。

食事でビフィズス菌は摂れるの?

ビフィズス菌サプリメント4

ぜひとも増やしておきたいビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は酸素を嫌う性格もあって、ヒトなどの動物の腸にしか住むことができません。ですから、食品にヒト由来のビフィズス菌を生息させることは、非常に難しいのです。

食品から、ヒトになじみの良いビフィズス菌を摂取することはできません。ビフィズス菌が入ったヨーグルトや乳飲料もありますが、大腸までの生存率が低いので、サプリメントを使うのが一般的です。

今すでに定着しているビフィズス菌を増やすことも効果的で、オリゴ糖や食物繊維が摂取できる野菜や果物、海藻を沢山食べることで、ビフィズス菌が活性化されるでしょう。

オリゴ糖は善玉菌の栄養源に、食物繊維は腸のお掃除役として(一部食物繊維も栄養源になる)、私たちに役立ちます。

サプリの摂取、食べ物への意識に加え、軽い運動で腹筋を鍛えることも大切です。善玉菌が便を押し出す力と、腸自体の筋力で、便秘知らずの体質になれます。

整腸剤でビフィズス菌を摂るのはどうなの?

ビフィズス菌サプリメント5

ビフィズス菌は、ビフィズス菌サプリの他に、整腸剤からも摂取することができます。著名な整腸剤で確かめてみましょう。

新ビオフェルミンS錠 ガスピタンa ザ・ガードコーワ整腸錠 新ラクトーンA
ビフィズス菌

フェカリス菌

アシドフィルス菌

ビフィズス菌

フェカリス菌

アシドフィルス菌

ビフィズス菌

ラクトミン(乳酸菌)

ビフィズス菌

フェカリス菌

アシドフィルス菌

350錠2,322円 18錠1,080円 560錠4,212円 1080錠3,218円
59円/日 180円/日 67円/日 53円/日
指定医薬部外品 第3類医薬品 第3類医薬品 指定医薬部外品

整腸剤には、ビフィズス菌と一緒に乳酸菌も配合されていて、かつ費用もサプリメントよりもお手頃です。

菌だけを見れば、善玉菌を増やしたいと思ったとき、整腸剤に走ってしまう人も多くいることでしょう。同じような形をしているので、混同している人もたくさんいると思います。

しかし、整腸剤は医薬品または医薬部外品に分類されているもので、れっきとした薬です。ビフィズス菌の他にも、ビフィズス菌が胃液で死菌にならないように胃液を中和する薬や、コーティングするための薬剤などが使われています。薬による副作用も考えると、毎日飲み続けるのに適しているとは思えません。

サプリメントでビフィズス菌を摂るのであれば、余計なものは排除し、必要なビフィズス菌だけを集中的に摂取することができます。

耐酸性のカプセルや、もともと胃酸が降りかかったとしても生き抜く力の持つ菌を使っているので、薬を使わずに大腸に届け、腸内環境を整えてくれるのです。

腸内環境の改善のための生活習慣

ビフィズス菌サプリメント6

腸の善玉菌、ビフィズス菌を増やすためには、サプリメントだけでは解決できないこともあります。それが、生活習慣の乱れで悪玉菌に勢力を持たせてしまったときです。

例えば、睡眠不足もその一つ。睡眠不足だと、体から疲れが抜けずストレスを感じてしまうと思います。腸と心(脳)は密接なつながりがあり、心のストレスは腸を動かす神経の動きを乱れさせます。

ストレス自体も、カテコラミンという神経物質を増やして悪玉菌の増殖を促すので、状況を悪化させる要因になります。

適度なストレスや追い込まれた環境は、人を成長させてくれるものです。しかし、腸のことも考えてほどほどにしておきましょう。

まとめ

ビフィズス菌サプリメント7

おすすめのビフィズス菌サプリと、腸内フローラを良好にする方法をお伝えしてきました。

現在便秘薬を使われている方にとっても、ビフィズス菌サプリは解決の一つとなるでしょう。便秘薬と一緒に服用し、便秘薬の量と服用の回数を減らしていくこともできますので、使い勝手が良いと思います。

善玉菌を増やし、健康な腸と体を手に入れましょう。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.