サプリメント

ガセリ菌サプリおすすめはこの3つ! 腸内環境を整えよう

投稿日:2017年8月28日 更新日:

ガセリ菌サプリメント0

ガセリ菌は、腸に長く留まることのできる乳酸菌で、ダイエット効果やストレス緩和効果があることから、注目されている菌の一つです。

そんなガセリ菌をサプリメントで摂取する際のポイントと、おすすめのガセリ菌サプリをご紹介していきます。

ガセリ菌を摂取するポイント

ガセリ菌サプリメント1

ガセリ菌は、定着する能力の高い乳酸菌です。

しかしガセリ菌が定着できるのは主に小腸なので、腸内フローラ全体で見たとき、大腸のケアが手薄になるのが気になるところ。

ですから、ガセリ菌の効果を最大限に引き出すためにも、大腸で働くビフィズス菌と組み合わせたサプリメントを選ぶことをおすすめします。

また、サプリメントは毎日続けることで、ようやく効果が顔をみせてきます。サプリメントを選ぶ際は、

  • ガセリ菌の配合量は十分か
  • ビフィズス菌が配合されているか
  • 続けやすい味と価格か

この3つのポイントを満たすものを選びましょう。

ガセリ菌サプリランキング

3つのポイントで、おすすめのガセリ菌サプリを比較しましたので、ランキング形式でご紹介していきます。

第1位 ヘルスエイド・ビフィーナS

ガセリ菌 ビフィズス菌 続けやすさ
10億個 50億個 99円/日

ヘルスエイド・ビフィーナSは、森下仁丹が販売する乳酸菌サプリです。ビフィーナSには、ガセリ菌をはじめとした乳酸菌2種類と、ビフィズス菌が配合されています。

  • ガセリ菌JLG01株 10億個
  • アシドフィルス菌JEF01株 10億個
  • ビフィズス菌ロンガム種 50億個

ガセリ菌とアシドフィルス菌は小腸で働き、ビフィズス菌は大腸で働くので、腸全体の細菌バランスを最適化することができる乳酸菌サプリです。

ビフィーナSを飲むことで腸内フローラが整い、便秘傾向のある人は排便回数が増加し、下痢気味の人は排便回数が減ったことから、排便調整に利用価値の高いものであることが分かっています。

ビフィーナSは機能性表示食品

ビフィーナSは2015年4月から始まった機能性表示食品制度にいち早く対応し、届け出が完了しておりますので、機能性を表示して販売することが認められています。

腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。

機能性表示食品は、発売する前に安全性と機能性の根拠を消費者庁に届出ることにより、事業者の責任において機能性を表示することができる食品です。消費者にとっては、商品が選びやすくなるというメリットがあります。

1日当たりの摂取量(1包)が99円と、価格の面での続けやすさがあります。1日ずつの個包装ですので、持ち運びに便利ですよ。

ヘルスエイド・ビフィーナSの口コミ

初回購入で購入した後、続けて飲んでいます。
50歳を過ぎたころから、毎日お腹を下していました。ビフィーナSを飲んで3日から、便に変化が起き、徐々に健康的なお通じに近づいていきました。
今では、たまに下痢することもありますが、お通じで悩むことはなくなりました。
風邪など、体調を崩すこともなくなって、ビフィーナSは続けていきたいと思っています。

 

第2位 乳酸菌革命

乳酸菌革命 善玉菌サプリ
ガセリ菌 ビフィズス菌 続けやすさ
未発表 未発表 96円/日

ガセリ菌をはじめとした、ビフィズス菌、ラブレ菌など16種類の乳酸菌が配合されているのが乳酸菌革命です。他のサプリにはない、菌の種類がダントツの乳酸菌サプリです。

乳酸菌サプリは、自分の腸との相性の合う・合わないが重要になってきますが、乳酸菌革命では、菌の種類を増やし、相性が合う確率をグッと高める狙いがあります。

なお、ガセリ菌の数もビフィズス菌の数も、発表はされていないので、乳酸菌革命でどれだけの効果を得られるかは未知数です。

ただ、相性が合ったことが分かればこっちのもの。様々な菌による恩恵を一度に受けることができます。続けやすさから見ると、1日の摂取量は1粒。胃酸から菌を守り抜く耐酸性のカプセルを使用しているので、食前や食後など、飲む時間を気にしなくていいんです。価格は1日96円です。

乳酸菌革命の口コミ

飲みやすいカプセルタイプなので、毎日苦なく飲めています。疲れると下痢とか便秘になりやすくて、すぐにお腹の調子が崩れていたんですが、乳酸菌革命を飲み始めてからは安定してバナナ便を出せています。
食べる量を調整していなくても、ウエストも細くなってきたので、ダイエットもやる気出てきてます。

 

第3位 ココカラケア

ガセリ菌 ビフィズス菌 続けやすさ
13.2mg - 73円/日

唯一、ガセリ菌単体の乳酸菌サプリで、カルピス社が製造販売しています。ビフィズス菌は配合されていません。

ココカラケアという名前から分かるように、心と体を癒してくれる乳酸菌サプリとして知られています。ココカラケアに含まれるのは、C-23ガセリ菌という菌です。

C-23ガセリ菌の効果効能

ストレスを緩和させる働きのある乳酸菌だと分かっています。腸は、第二の脳と言われるように、腸と脳には深いかかわりがあります。脳のストレスは腸に伝わり、腸のストレスもまた脳に伝わっていくのです。

C-23ガセリ菌の摂取で、脳の血流量が抑制されてストレスの感受性が低下することが分かっています。不安や不眠症状にも効果があるようです。

価格は、今回ご紹介した中でも最もお手頃な73円/日でした。毎日続けることで、心を落ち着かせることができます。

ココカラケアの口コミ

不安感が強いのですが、ココカラケアを飲んでいると、悩んだり考えたりしている時間が減っている気がします。便通は改善された気がしています。

 

ガセリ菌の効果効能

ガセリ菌サプリメント2

それでは、ガセリ菌の効果効能を見ていきましょう。

ガセリ菌とは

発酵食品などの食べ物から摂取した乳酸菌の多くは、腸に届く前に胃酸などの消化液で死滅・破壊してしまうことがほとんどです。しかし、ガセリ菌は強い菌ですので、生きて腸まで届くことができます。

定着性の高さ

届いてからも腸に長く留まり定着することで、腸内フローラを整え、高い整腸作用が期待できるのです。

雪印の発見したガセリ菌SP株は、摂取終了後90日経過後の糞便中にも菌を検出したという結果があります。長い期間定着し、効果を発揮してくれる菌だと分かっています。

入れ替わりの周期

腸内細菌は入れ替わるのが当然で、腸内フローラは日々刻刻と変化していきます。大腸の細菌の寿命は10日、小腸では1.5日だと言われているなかで、この90日という数字は、ずば抜けて長いことが分かりますね。

ガセリ菌の作用

長く腸内にとどまることのできるガセリ菌は、様々な作用を私たちにもたらしてくれます。

内臓脂肪を減らしダイエット効果がある

ガセリ菌サプリメント 内臓脂肪の減少

ガセリ菌を摂取することで、内臓脂肪の減少につながったという臨床実験データがございます。同時に皮下脂肪を計測したところ、皮下脂肪にも減少の兆しがみられ、メタボ対策やダイエットをされている人にもピッタリです。

ガセリ菌を摂取したことによる内臓脂肪の減少は、まだハッキリとメカニズムが分かっていません。ガセリ菌の脂肪細胞が発する炎症を抑制する作用によって、減少につながったとの情報が有力です。

免疫力アップ

ガセリ菌は、小腸に定着する乳酸菌です。小腸は、免疫を作る免疫細胞が集中している場所です。

免疫が作られる場所にガセリ菌が留まることで、ウイルスや腫瘍を攻撃してくれるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することが分かっているので、免疫力を上げることができるのです。

インフルエンザ感染後の回復を助ける

NK細胞を活性化することで、インフルエンザの感染をガードすることもできます。

マウスを使用した実験では、ガセリ菌を投与したマウスは、インフルエンザ感染後の生存率が、投与をしていないマウスよりも高まりました。体内のインフルエンザウイルスの数を減らし、ウイルスが攻撃して起こる肺の炎症を、弱める効果があるとされます。

腸内環境を整える

ガセリ菌は小腸にとどまって、乳酸を作り続けます。小腸で作られた乳酸は、やがて大腸に流れ着き、腸のpHを酸性に傾けてくれます。酸性下の大腸は、善玉菌が働きやすい環境になりますので、腸内環境が整っていき、便秘や下痢の改善が望めます。

コレステロール値を下げる

コレステロールの一部は、小腸の中で乳酸菌に吸着されて体外に一緒に排泄されます。吸収されるコレステロールの量が減りますので、血液内のコレステロール値を下げる作用があるのです。

ブドウ球菌を減らす

ブドウ球菌とは、ブドウの房の形のようにまとまって存在するスタフィロコッカス属の菌のことで、有名な病原菌である黄色ブドウ球菌があります。

黄色ブドウ球菌は、人間や動物などの皮膚や腸にすむ常在菌で、とても身近なものです。しかし、体内に侵入してくると、感染症や食中毒などを引き起こす可能性があります。このようにヒトに有害な菌は、免疫細胞が作り出す抗体が排除してくれるものですが、黄色ブドウ球菌には効かないことがあります。

ガセリ菌を摂取している間は、便から検出されるスタフィロコッカス属の菌数が減っていることが分かり、ブドウ球菌を減らす効果があるとされます。

ガセリ菌を摂取できる商品をご紹介

ガセリ菌は、サプリメントだけでなく、ヨーグルトなどからも摂取できますので、商品をご紹介します。

ナチュレ恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト

ヨーグルト アロエ味 ドリンクタイプ

100g

113円

ナチュレ恵は、日本人のお腹に合うガセリ菌SBT2055を配合したヨーグルトシリーズです。メーカーは雪印メグミルクで、内臓脂肪を減らす機能があることが届け出されている機能性表示食品です。

まろやかな酸味で、毎日の食べやすさを尊重したヨーグルトです。スーパー、ドラッグストアをはじめ、ほとんどのコンビニでも取り揃えがあります。

プレミアガセリ菌CP2305配合 届く強さの乳酸菌

乳性飲料

200ml

154円

ドリンクタイプの「届く強さの乳酸菌」は、ココカラケアと同じカルピス社から発売され、使われているガセリ菌も同じものです。C-23ガセリ菌の正式名称が、ガセリ菌CP2305なのです。

ガセリ菌CP2305は、力強く生きて腸まで到達し、腸内環境の改善に役立つことが報告された機能性表示食品です。

ヨーグルトとサプリ、どっちがいいの?

ガセリ菌サプリメント3

ここまで、ガセリ菌の効果と、商品をご紹介してきましたが、ガセリ菌を摂取するにはサプリやヨーグルト、乳性飲料のどれを選べばよいのでしょうか。

結論からお伝えすると、サプリメントがおすすめです。

サプリメントであれば、純粋なガセリ菌と、ガセリ菌の効果をより高めてくれる菌と一緒に摂取することができるからです。

ヨーグルトや乳性飲料であれば、ガセリ菌の他、乳成分や糖質などを摂取してしまうことになるからです。乳製品の糖質である乳糖が体質的に合わない人は、日本人の75%もいると言います。

乳製品の摂取を続けると、お腹ゴロゴロが頻発してしまって、せっかくのガセリ菌の働きを邪魔することになりかねません。

賞味期限を考慮した品質管理や、毎日続けるうえでのコスト的にも、サプリメントは負担が少ないと思います。

まとめ

ガセリ菌サプリメント4

腸内細菌の入れ替わりは激しいものです。入れ替わりの良いタイミングを逃さずに、しっかりガセリ菌に定着してもらうためは、毎日飲み続けてくださいね。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.