サプリメント

善玉菌のチカラは風邪を予防してくれるの? 腸を整える影響について

投稿日:2017年7月27日 更新日:

善玉菌のチカラ 風邪 予防 腸 1

忙しいと(たまには風邪でもひいて休みたいものだ・・・)と思ってしまいますが、本当に風邪をひいてしまってからは(もう風邪をひきたくない!)と願う人は多いのではないでしょうか。

風邪の苦しみは凄まじく、仕事や家事にも影響が出てきてしまいますよね。周りの人にもうつして被害が拡大してしまっては、更にバツが悪くなります。

自分だけの問題ではなくなる風邪、日頃からどのように予防していけばいいのか、考えていきましょう。そして、風邪予防に乳酸菌サプリ「善玉菌のチカラ」が役立つのかも見ていきます。

善玉菌のチカラとは | 善玉菌のチカラは風邪予防になるの?

まず、善玉菌のチカラについて、軽く説明させていただきます。善玉菌のチカラは、カスピ海ヨーグルトを販売している「フジッコ」から販売されている乳酸菌サプリです。善玉菌のチカラには、カスピ海ヨーグルトと同じ乳酸菌「クレモリス菌FC株」が使われています。

クレモリス菌FC株の特徴はねばり

クレモリス菌FC株の特徴は、菌が作り出す強力なねばりにあります。カスピ海ヨーグルトを食べたことがある人でしたら分かると思いますが、カスピ海ヨーグルトも、他のヨーグルトにはないネトッとした独特の食感ですよね。

このねばりの正体は、クレモリス菌FC株の生産物「EPS多糖体」です。

EPS多糖体は、私たちの消化酵素では分解されません。分解されないEPS多糖体にガードされて、クレモリス菌FC株は死滅せずに腸まで届きます。

クレモリス菌FC株は、腸でさらに繁殖して善玉菌(ビフィズス菌)を増やすサポートをします。EPS多糖体も、持ち前のねばり強さで、便を排泄しやすい形に整えてくれます。この働きが食物繊維に似ていることから「乳酸菌界の食物繊維」という異名も持っているんですよ。

5週間の摂取で、善玉菌(ビフィズス菌)が5倍にも増加した、というデータもあります。

そんなクレモリス菌FC株が、善玉菌のチカラには20億個入っています。

食物繊維とカルシウムも配合

腸では善玉菌の補助に徹底するクレモリス菌FC株のほかにも、本物の食物繊維も配合しています。日本人に不足しがちなカルシウムも70mg配合しています。

ビフィズス菌を送る乳酸菌サプリもありますが、ビフィズス菌を徹底して元気にする乳酸菌サプリ「善玉菌のチカラ」もアリですよね。

風邪とは | 善玉菌のチカラは風邪予防になるの?

風邪は感染症の一つで、鼻やのどに炎症が起きるものです。ほとんどの風邪の原因となるのが「ウイルス」です。ウイルスが、鼻やのどの粘膜につくことを「感染」といいます。

ウイルスが感染して粘膜で増殖すると、自分の免疫とウイルスの戦いにより炎症が起こります。この炎症が進んで、風邪の症状が出てくるのです。

風邪の症状

風邪の初期症状は、鼻やのどに違和感が出てきます。いわゆる呼吸器症状です。

鼻の粘膜で炎症 → くしゃみ・鼻水・鼻づまり
のどの粘膜で炎症 → せき・たん・のどの痛み

炎症が起きる場所で、不快症状も変わります。

さらに症状が悪化すると、全身症状に発展することもあります。

  • 発熱
  • 寒気
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛

これらは、誰もが同じ経過をたどるのではなく、ウイルスの威力や個人の体力・体調によって変わります。

インフルエンザもウイルス性の感染症ですから、風邪の一つです。ただ、高熱や関節痛、筋肉痛などの全身症状が強く出て、重い病気を合併してしまうことがある点などから、風邪とは違う特徴があります。

風邪の対処法

風邪をひいてしまったときには、症状に適した風邪薬を飲むことで、症状を落ち着かせることができます。風邪薬に含まれる成分はさまざまです。

風邪薬の成分 作用
サリチルアミド

イブプロフェン

炎症の原因物質の生成を抑制。

発熱や頭痛による痛み、のどの腫れを抑える。

アセトアミノフェン 発熱や頭痛による痛みを抑える。
クロルフェニラミンマレイン酸塩

ジフェンヒドラミン塩酸塩

くしゃみ・鼻水の原因物質(ヒスタミン)を抑制。
ヨウ化イソプロパミド

ベラドンナ総アルカロイド

鼻水の原因となる神経に作用する。
ジヒドロコデインリン酸塩 咳を出す「咳中枢」に作用する。
メチルエフェドリン塩酸塩 気管支を拡張することで、咳を抑える。
アンブロキソール塩酸塩 気道のすべりを良くして「たん」を出しやすくする。辛い咳を抑える。

これらの成分の組み合わせで、いろんな薬が発売されているんですね。

ただし作用を見ると、風邪薬に「風邪を治す成分」は入っていないと、お気づきでしょうか。風邪薬とは、ウイルス感染による体の反応で「辛い症状を和らげる成分」でできているんです。

風邪薬を飲んでできるのは、風邪を治すことではなく、風邪の症状を抑えることなんですね。ですから、風邪の完治には、免疫を高めて、ウイルスに負けない体を取り戻すことが大切です。

免疫を高めるためには、栄養のバランスがとれた消化の良い食事を摂って、体を休めることが大切です。休む場所も、加湿器や濡れタオルなどで、部屋が乾燥しないようにして、粘膜に潤いを与えて、免疫の力をよみがえらせます。

風邪の予防法

風邪のウイルスが入ってくる呼吸器(鼻・のど)には、ウイルスに抵抗する免疫機能があります。ただ、冬などに空気が乾燥することで粘膜も乾燥すると、免疫の機能が弱まってしまうので、風邪にかかってしまうのです。

そして、体の免疫機能が弱ってしまった時もウイルスを負かす力が足りずに、風邪にかかってしまいます。

風邪予防 善玉菌のチカラ

出典:アイブリッジ株式会社・風邪に関する意識調査

こちらは、風邪予防に日頃から行っていることを調査したアンケートの上位3つです。

  • 手洗い:手についたウイルスを流す
  • うがい:のどについたウイルスを流す
  • マスクをつける:ウイルスが粘膜につかないようにする、粘膜の乾燥を防ぐ

みなさん、しっかり理にかなったことをされていますね。

ただ、予防として「免疫機能を高めておく」という発想は、あまり浸透していないようです。免疫機能を高めておくことは、ウイルスが粘膜に付着しても、風邪症状が出る前に、駆逐することに直結します。

免疫機能を高めるには

免疫を高めるためには、免疫が弱るような行動(生活リズムの乱れ・食事の偏り等)を避けることが大切です。

そしてもう一つ、免疫アップに注目されているのが「乳酸菌サプリ」を飲むことです。乳酸菌サプリは、腸の善玉菌として働く乳酸菌・ビフィズス菌などを入れたサプリメントで、お腹の調子を整えたい人のためのアイテムです。

お腹の調子と免疫機能の関係

お腹の調子と免疫機能。どんな関係があるのかというと、免疫を作り出すことができる「免疫細胞」の70%は、腸壁に存在していることにあります。

腸内環境が悪いと、悪玉菌が増えるので有害物質が沢山作り出されてしまいます。有害物質は、腸壁から体内に吸収されて全身をめぐります。

この時、免疫細胞も吸収される際にダメージを受けるため、免疫機能も正常に働かなくなってしまうことが分かっています。

腸内フローラを良好にして善玉菌を増やすことで、免疫細胞への攻撃もなくなり、免疫が正しく働き、更には活性化させることができます。

ウイルスは避けられない

ウイルスは身の回りにあふれていて、あらゆる手段で、私たちの中に入り込もうとしてきます。そのようなウイルスの攻めの姿勢は、これからもずっと変わらないでしょう。

ですから、本当の風邪予防は免疫を活性化させて免疫を高めて、ウイルスに打ち勝つ体を作ることなんですね。

そして、免疫をしっかり働かせるために粘膜が乾燥しないようにすれば、完璧です。

乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌サプリは、昨今の腸内フローラブームにより、製薬会社や食品メーカーから、沢山発売されています。ただ、免疫機能まで変えてくれるような乳酸菌サプリというのは、それほど多くないのが現状です。

そこで、

  • 腸内フローラを良好にできる乳酸菌サプリ
  • 飲み続ける負担がない乳酸菌サプリ

この2点を確認してから購入してください。腸内環境が整えば、自然と免疫細胞にとって快適な環境になりますから、免疫を活性化することができます。

薬は症状が出てきた時に飲むものですが、乳酸菌サプリは飲み続けて、腸内フローラを理想に近づけていくものです。形状や価格など、続けることに負担がないかどうかも、乳酸菌サプリ選びのポイントになるでしょう。

善玉菌のチカラで風邪を予防することはできるの?

善玉菌のチカラ 風邪予防 3

風邪予防になる乳酸菌サプリの選び方は2つありましたが、「善玉菌のチカラ」は満たせているのか確認していきましょう。

善玉菌のチカラを飲むことで、腸の善玉菌が増加した臨床データがありましたから、この点は完全にクリアできていますね。

更に、免疫についての報告もありましたので掲載します。

クレモリス菌FC株で作られたカスピ海ヨーグルトを日頃から食べている人は、発熱やのどの痛みなどの風邪の症状が、軽くなることが分かっています。

【方法】

ヨーグルト非摂取群(92名)、「カスピ海ヨーグルト」摂取群(184名)、その他ヨーグルト摂取群(327名)の3群に分けた。発熱、鼻汁、咽頭痛、消化器症状等の回答から風邪スコアを、手洗いなどの風邪予防に関する回答から風邪予防得点を算出した。

【結果】

風邪スコアは、「カスピ海ヨーグルト」、その他ヨーグルト摂取群はともに非摂取群に比べて有意に低かった(図 1)。また「カスピ海ヨーグルト」摂取頻度と風邪スコアの間に有意な負の相関が認められたのに対して、その他ヨーグルトでは認められなかった。

「カスピ海ヨーグルト」摂取者は非摂取者に比べ風邪が重症化しにくく、さらに摂取頻度が高いほど風邪が重症化しにくいと考えられた。

出典:「カスピ海ヨーグルト」摂取と風邪症候群の関連性調査

免疫機能が高まって風邪をひきにくくなり、ウイルスに感染した時も、免疫がよく働いて症状の悪化を防ぐ働きがあるようです。

善玉菌のチカラは、1日1粒で飲むタイミングも自由ですので、飲む面倒くささは、そこまで強くないと思います。価格は1日80円ほどですね。

公式販売サイトからの購入で、もう少しお安く抑えることができますよ。

まとめ

風邪の予防と、腸を整えること。ここまで関係が深かったとは、驚かれたのではないでしょうか。

風邪になると、生活に支障が出るだけでなく、気持ちもマイナスに向かってしまいますよね。風邪をひかない、そして、風邪を悪化させない免疫づくりを、乳酸菌サプリを使って始めましょう。

  • 腸内フローラを良好にできる乳酸菌サプリ
  • 飲み続ける負担がない乳酸菌サプリ

条件を満たしているのが、善玉菌のチカラです。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.