最近「腸内環境」がなにかと話題となっておりますが、腸内に住んでいる細菌の集団「腸内フローラ」について詳しく解説していきます。意外としらなかった身体への影響とは

腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響

サプリメント

免疫向上、インフル対策にアレルケアは効果あり?巷の声と成分から考察

投稿日:

カルピス社が出しているアレルギーに特化したサプリメントの「アレルケア」は、年々売り上げを伸ばしており、総売り上げは500万個以上を誇ります。

このアレルケアがインフルエンザに高い効果を発揮すると言われているのですが、真偽のほどはどうなのでしょう。ユーザーの声と成分を紐解くことで、考察していきます。

アレルケアの成分

アレルケアには、「ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92株」が含まれております。この菌は果たして健康を維持する上で欠かすことのできない自然治癒力に作用し、インフルエンザ対策にきちんとした効果をきたいできるのでしょうか。

ラクトバチルス・アシドフィルス菌の特質とは?

ラクトバチルス・アシドフィルス菌は乳児、成人ともに腸内や口腔内などに幅広く存在し、とりわけ腸内に多く生息している菌ですが、動物の体内にも人と同じように保有されている乳酸菌です。つまり、生き物の体の中によく見かけられる菌なので「馴染安い性質がある」と言えますね。

そしてこの菌の特徴は、整腸作用、感染予防など人体にとってプラスの効果をもたらすので、外部から入ってくる様々な病原菌に対して、強い防御的効果を発揮してくれるのです。

L92株にはどんな有効性がある?

乳酸菌L-92株が特に真価を発揮するのは、花粉症を初めとするアレルギーに関してです。それもそのはず、感染予防に効果を持つラクトバチルス・アシドフィルス菌の中からわざわざアレルギーに効果を発揮する能力の高いものとして、L-92株が選び出されたからなのです。

すでにみなさんもご存知のように、アレルギーは腸内環境が良好か否かによって、症状の出方が大きく変わります。

多くの乳酸菌は、腸に到達するまでに胃酸や胆汁酸の妨害で、腸まで辿り着けなくなることが実はとても多いのですが、L-92乳酸菌は生きた状態で腸まで運ばれます。

同時にL-92株はアレルギーに効果を発揮する特質をもっているので、免疫力のバランスを整える力に優れているわけです。もちろん乳酸菌ですから、腸内の環境を良化することができるので、免疫力を整える力も持っているわけです。

この2点だけを見ても、アレルケアはインフルエンザに罹患する可能性をかなり減らせるということが言えそうです。

 

L-92乳酸菌の研究例をピックアップ

インフルエンザのマウスによる研究とNK細胞に関係する研究2種類

マウスを使った研究で、L-92乳酸菌の有効性が具体的になりました。インフルエンザに感染させたマウスに15日の間、L-92乳酸菌を摂取させ続けたところウイルスへの感染が大幅に抑えられたという実験結果が出ました。

(出典:乳酸菌「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」の摂取によるインフルエンザウィルス感染防御効果 URL→https://www.calpis.co.jp/corporate/press/nrl_00022.html)

またL-92乳酸菌はナチュラルキラー細胞とも深い関連性があります。ナチュラルキラー細胞は『NK細胞』と呼ばれるもので、体内にあるウイルスに感染した細胞をピックアップして攻撃する働きを持っています。有害な細菌を逸早くやっつけることで感染が体内で広がることを抑えるので、インフルエンザウイルスに対しても、同じようにアタックして体を保護します。

腸管免疫と腸内細菌の関係の研究

免疫系の中で最も大きいものが、腸管免疫系です。これは全体の6割を担い、細胞、抗体から作られます。抗体は病原細菌など体に有害なものを攻撃する働きがあります。腸管免疫系によって病原性ウイルスと認識された場合、IgAが作られて防御反応が起こります。

腸内細菌は腸管の免疫系に対して相互に作用し、宿主の腸管の状態に重大な影響を与えます。この腸内の細菌は食生活の変化やストレス、加齢などによって腸内フローラの形成おおきく関わっています。例えば、腸内バランスが良い状態であれば、免疫力も高い状態で維持されますが、逆に腸内フローラの調和が崩れてしまうと宿主の免疫系にもダイレクトに悪影響を及ぼします。

無菌マウスと通常マウスの比較実験により、その関連が明らかになっています。

研究結果を見ると、腸管の免疫系組織や機能の発達に腸内の細菌がとても大きな役割を果たしていることがわかります。
(引用文献:上野川修一教授による『腸管免疫と腸内細菌』)

 

L-92の成分から読み取れること

研究結果からも、腸内のお花畑『腸内フローラ』の状態は、体中の免疫と深く関わっていることが理解できます。腸内フローラは腸管免疫に大きな影響力を持つわけで、腸内細菌のバランスが崩れると、途端に体調を崩しやすくなることが良く分かりました。

ここで、乳酸菌L-92株の2つの特質を思い出していただきたいと思います。

1:腸内環境を整える
2:免疫機能を調整し活性化させる

でしたね。このことから、腸内細菌バランスを整えると同時に免疫力を整えることができると言えます。

さらに、アレルケアの成分にはアレルギーの原因となる27品目を一切含んでいないことも、免疫力調整に貢献することができると言えます。

このことから、アレルケア(ラクトバチスル・アシドフィルス・L-92菌)を摂取し続けることで、風邪をひきやすい人は、腸内環境を改善しながら、免疫力がアップできるようになります。結果、健康を維持しやすくなり、インフルエンザ対策も叶うと推察できます。

 

アレルケアの口コミを紹介

かなりの売り上げを誇るアレルケアですが、実際に商品を使用した人の声はどうなのでしょう。良い口コミと悪い口コミをピックアップして紹介していきます。

良い口コミ 悪いクチコミ
お腹に張りはあるものの、厳秘は解消されました。少し緩くなることもあり、効きすぎていると思うこともあります。 1年飲み続けたましたが、効果は0でした。そんなに安い物でもないと思うし、ちょっとひどいです。
2粒だと下痢っぽくなるので1粒が私にとっては適量です。ラムネのお菓子のような感触で、粒も飲みやすい大きさにしてくれているため、嬉しいです。 ずっと飲み続けないとダメなのでしょうが、お腹の調子が元々悪いせいか続けることが難しいです。効果がわかりませんでした。
味に癖もなく飲みやすいですが 14日間飲み続けていますが

お腹がゆるくなってしまいました。もともと腸の状態が良くないのですが、

なぜか悪い方向へ向かってしまい残念です。

ひどい便秘になりました。しかも高いときている。まったくもってがっかりです。
錠剤が飲みやすいサイズなのが、ありがたいです。

お通じのほうは・・まだ2日に一回くらいなので少し前よりは

いいかな?といったところでしょうか。

便通の改善を期待し、1年間飲み続けたのですが、特に変化はありませんでした。
とても飲みやすくて、症状も落ち着きました。便秘も解消しました!! 子供が便秘なので、それを良くする目的で購入。4粒飲ませてもまるで効果がなかったです。味は気に入っていたようですが、肝心の効果が得られませんでした。
アレルギー体質を治そうと思い、購入することにしました。2年間お世話になっております。アレルギーが完全に良くなったとは言えませんが、全体的にだんだんと良くなっていっていることを実感できています。 アレルギー症状に苦しんでおり、1ヶ月間こちらの商品を飲んでみましたが、特に変化がありませんでしたのでやめました。
アレルギー性のじんましんが治らずに、たくさんの病院に行きましたが結局改善しませんでした。しかしこのサプリに出会って、それまで飲んでいた薬が不要になるほどの効果を実感できました。飲みだして一ヶ月と割合早い段階で、変化が見られました。 可もなく不可もなくというのが正直なところです。アレルギー体質を変えようと思ったのですが、その思いは叶えられなかったです。
乳酸菌の力でアレルギー体質を治そうと思い購入に踏み切りました。鼻炎などもだんだんと良くなっていっているように感じます。 アレルギー性鼻炎の改善をしたいと意気込んで、こちらの商品を買ったのですが、鼻炎の方に変化は特にありませんでした。なぜかお腹がゴロゴロするようになり、そちらで困っております。
幼い頃からアレルギー性鼻炎で、頻繁に病院へ通っておりました。しかしアレルケアを飲みだしてから、くしゃみがとまり鼻づまりもましになりました。 アレルギー体質のものです。毎日2粒のペースで30日ほど飲み続けましたが、特に効果が見られませんでした。
アレルギー体質のため、腸内環境が悪く悩んでおりました。アレルギーが原因のじんましんに時折苦しめられていましたが、アレルケアの摂取するようになってから、めっきりそういった症状がなくなりました。 アレルギー体質を変えたくて、3ヶ月間毎日2粒ずつ飲んでみましたが、今のところ変化はみられません。あと3ヶ月で半年となりますので、そこまで飲み続けてから判断してみたいと思います。
重度の花粉症持ちです。劇的な効果は出ていないものの、例年よりはマシかなと思います。 当方は花粉もちなのですが、1年ずっと飲み続けたのにもかかわらず、効果は0!!!10年くらい飲み続けると効果が出るのかな?でもそんなに待てません!
毎年1月になると花粉が出始めるのですが、今のところは軽度のくしゃみくらいで重い症状が出ておらず嬉しいです! 残念ながら効果を実感できませんでした。ただし私の場合、花粉症がひどくなる前の時期からアレルケアを摂取するということをしていなかったため、効果を感じられない可能性があります。即効性を期待するのは良くないのかもしれません。
いつもなら正月明けから花粉症の症状が出て、苦しめられていましたが、1月20日を過ぎた今でも特に症状が出ておらず、期待できます。5月の連休明けくらいまで、何もなく平穏なままでいられたら完全にアレルケアの力だと断言できます。今でもよい状態が実感できているので、まずまず満足といった感じです。 花粉症になってしまいました。改善を期待していたのに残念です。
妊娠を希望していることもあり、強い医薬品の花粉症薬は避けたかったため、アレルケアを選びました。飲み始めて30日もしないうちに、花粉症が気にならなくなりました。これまではマスクが欠かせなかったのですが、それも必要なくなり嬉しい限りです。 ヒノキの花粉が出る時期の2ヶ月前から飲み続けていましたが、効果は得られませんでした。期待外れです。
飲み始めて2年ほどは特に変化がありませんでしたが、昨年頃から途端に症状が軽くなり始めました。年頭から5月頃まで飲み続けるようにしています。飲むのをさぼると、症状が出始めるので毎日欠かさず飲んでいます。 花粉シーズン前の1ヶ月前から毎日2粒を摂取し続けましたが、花粉症のシーズンがスタートしてからまるで効果を感じられませんでした。飲む量を増やして3粒飲み続けましたが、それでお効果は得られずじまい。8000円の出費が痛かったです。

良い口コミの考察

効き目に関しては個人差があるものの、「通常の状態を通り越して少し緩くなってしまう」という口コミがあることからわかるとおり、腸内環境が劇的に良くなるケースがあります。これは乳酸菌が腸に届いたことで、腸内の免疫機能が上がり、腸管バリアが強化されたことが大きな理由であると推測することができます。

花粉症や鼻炎、アレルギー性のじんまじしんが改善したという口コミもありました。これらも上記と同じく腸管バリアの強化に成功したことで、免疫力が急速に上がり、これまで変化が見られなかった症状が、見る見るうちに回復していったと見ていいでしょう。

悪い口コミの考察

1年間服用し続けても便秘に対して効果がなかったという口コミがありました。また通常の倍である4錠を摂取しても、特に改善が見られないという書き込みも…結局のところ量ではなく、アレルケアとの相性なのではないかと考えられます。

アレルギー全般で言えば、1ヶ月や3ヶ月の服用では効果が見られなかったという書き込みがありました。中には1年間、摂取し続けて何の変化もなかったという人もいるようです。

サプリとの相性が悪ければ、どれだけ長期に渡って服用し続けても、体質の改善が見られないのかもしれません。半年ほどの服用で、何ら改善の兆し、例えば便通も全く改善されない、などであるならば、自分の体質には合わないと判断して別のアプローチへと切り替えるのが賢明と言るかもしれません。

1ヶ月前、2ヶ月前から飲み始めたのにもかかわらず、花粉症に対して、効果がなかったという声がありました。腸の状態を良化させることでアレルギーに効果を期待できるものなので、、アレルケアはあくまでサプリ。そして即効性ではなく遅効性(長く続けることで効果が現れる)サプリであるという認識のもとで摂取した方が良さそうです。

中にはわかりやすい効果を短期間で実感できる人もいるようですが、腸内の状態は千差万別。過大な期待をするのではなく、「合わない可能性も十分ありえる」と考えながら服用することが大切です。

 

アレルケアは、免疫アップ、インフルエンザ対策に効果はあるのか?

アレルケアの成分、ラクトバチルス・アシドフィルス・L-92乳酸菌、はその特質でご説明したように、腸内環境改善とさらに免疫機能調整力に優れた能力を持っています。その効果・効能も数々の研究で実証されています。

また、インフルエンザの罹患率は、免疫力の高低によって変わってきます。そして腸内環境と免疫力が密接につながっているので、ある程度、腸内の状態を良好にできれば、インフルエンザ対策は十分可能であると言えます。

ということは、アレルケアは免疫アップ、インフル対策に頼れる存在と考察できます。

ただし、口コミを見てもわかるとおり、アレルケアが全員に対して劇的な効果を発揮するわけではありません。サプリはどうしても相性の良し悪しがあるのです。特に乳酸菌との相性が良くない人がどれだけの期間、多めに飲んだとしても効果は期待できないでしょう。

自分に合っているかどうか、まずはそれを見極めて、合うようであれば長期にわたって摂取することでより良い効果を期待できると言えそうです。

 

免疫力を上げろ、インフル対策に体力をつけよう!

いくらアレルケアが効果の有るサプリとは言え、やはりあくまでサプリです。それをメインにするのではなく、何か他の要素と組み合わせることでより良い効果が期待できます。インフルエンザや風邪の季節が来る前に、春から始められるおススメの2つのことをご紹介します。

1つ目は免疫力と抵抗力を何らかの方法によって、アップさせることです。もう1つは、免疫力や抵抗力が高まる食生活に変えていくこと。では最初に「免疫力と抵抗力をアップさせられること」について触れていきます。

1)免疫力+抵抗力をアップさせることのできる3つのこと

笑うこと

「笑い」ほど手軽に手に入れられて効果的なものはありません。免疫力と抵抗力というのはNK細胞がどのように良い状態で体に存在するかに関わっています。笑いによってNK細胞が活性化するというのは、様々な研究によって証明されています。全てを忘れるくらい大笑いできれば、蓄積されたストレスをかなり減らすことができるのです。

睡眠をしっかりと確保する

風邪をひきやすい免疫力と抵抗力の低い人というのは、睡眠不足である可能性が高いと言われています。多忙で睡眠時間を確保できない人は、どうしても風邪に罹患しやすい傾向にあります。体をしっかり休めないと常に疲労感が残り、流行するウイルスのターゲットとなってしまうのです。

どんなに忙しくても最低6時間の睡眠はとるようにしましょう。就寝の数時間前にはスマホやパソコンといったものに触れないことが重要です。眩しい光の刺激を受けると、寝つきが悪くなり、良質の睡眠を手に入れづらくなるからです。寝る前にゆったりと湯船に浸かり、副交感神経を優位にしておくことで、深い睡眠を獲得できます。アロマを焚くなどの工夫をすれば、よりリラックス効果が期待できます。

運動

適度な運動は健康を維持する上で必要不可欠です。筋トレなどのハードトレーニングよりも、ジョギングや散歩をする方が体には良いと言えます。できれば毎日20分から30分はジョギングの時間を設けておきましょう。

自転車で移動する習慣をつけることも、おすすめです。職場までの距離が30分だとすれば、毎日往復で1時間ほど運動することになります。運動の習慣がないと筋肉は加齢とともに衰えていきます。隙間の時間を上手に活用して、暮らしの中に運動を取り入れましょう。

2)免疫力と抵抗力をアップさせられる食材とは?

毎日の食生活は、健康を維持する上でとても重要です。どのような食材がどんな成分を含んでいて体に良い影響を与えるのか具体的に見ていきます。

ニンニク

免疫力を向上させたいのなら、まず摂取すべきなのがニンニクです。臭いが気になる人もいるでしょうが、その臭いのもととなるアリシンという物質が鍵となります。

アリシンは抗菌作用を持っており、ビタミンBと結びつくことで他のビタミンの吸収を通常よりも早めてくれるのです。バランスの良い食事をしながら、同時ににニンニクを摂取することにより、抜群のスタミナを手に入れることができます。

納豆

免疫力を高めるためには、体内で成長ホルモンを増やす必要があります。納豆の中に含まれているアルギニンは成長ホルモン分泌の増加に一役買います。成長ホルモンは寝ている間に出るため、納豆を食べるタイミングは就寝の数時間前がベストです。

大根

大根は淡色野菜に多く含まれるファイトケミカルという成分を、ふんだんに持っているため免疫力を高める働きがあります。大根を食べた際に、辛味を感じるのはイソシアシアネイトが入っているからです。この物質は抗酸化作用が高く、風邪が流行りやすい秋口や冬に大根を食べることで、病気の予防にもなります。

小松菜

「ほうれん草が体に良い」というのは、よく耳にするはず。小松菜が含有しているカルシウム量は、何とほうれん草の4倍。生で食べられるため、栄養素をそのまま体内へ取り込むことができます。ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどを含んでいるため、免疫力を向上させるのに欠かせない食材と言えるでしょう。

かぼちゃ

かぼちゃは栄養バランスがとても良く、βカロチンをたくさん持っています。体内に摂取されたβカロチンは、ビタミンAへと変化していきます。粘膜を強化してくれるので、抵抗力が自然と高まります。老化の原因となる活性酸素を取り除く働きもあるので、いつまでも健康な体を維持したい人は、積極的に食べるようにしましょう。

バナナ

栄養バランスの観点から言うと、バナナを外すことはできません。バナナには白血球の数を増加させることで、その質を高める効果があるのです。白血球を増やすことは、免疫力をアップさせることでもあります。ビタミンB1、B2、ナイアシンと言ったビタミンB群をたくさん含有しています。特にカリウムは果物の中でも最も多く含んでおり、血液の中に存在する塩分を外へと出してくれるのです。

鶏むね肉

免疫力を良くするためには、疲労を溜めないことが重要です。鶏むね肉にはイミダペプチドという抗疲労成分が含有されています。イミダペプチドは疲労を回復させるだけでなく、疲労を防止する作用もあります。また鶏肉にはビタミンAやたんぱく質も豊富に含まれているため、栄養バランスという面でも非常に優秀です。低カロリー高タンパクの理想的な食材です。

 

まとめ

アレルケアはインフルエンザに対して一定の良い影響を与えるということができると思います。ただしあくまでサプリはサプリ。メインに据えてはいけません。

免疫力を向上させ、インフルエンザに罹患しないためには、普段から腸内環境を整えて、健康を維持していくことが大切ですね。それには、適度に運動をしながら、良質な睡眠と食生活を心がけることが基本になります。そこへ良質のサプリを摂りいれることで「サプリの持つ優れた効能」を十分に発揮させることができるようになります。

インフルの流行が落ち着く春から、免疫力向上計画を立て、実行してみませんか。インフルエンザが流行する季節までにインフルに負けない体を手に入れましょう。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.