悩み別改善方法

腸からアレルギー対策。腸内フローラ改善で体質改善

投稿日:2016年8月8日 更新日:

花粉症や食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、喘息など、アレルギー疾患に悩む人は多く、しかも患者数は急速な増加傾向にあります。日本では約2人に1人が何らかのアレルギーをもっているといわれます。

アレルギーは免疫反応に基づく障害で、花粉やほこり、ダニ、食べ物など本来は病原性のないアレルゲンに対する抗体IgE(免疫グロブリンE)が体内につくられ、過剰に反応するものです。

近年では、腸内フローラの状態と深く関係していることが明らかとなってきており、話題を呼んでいます。アレルギーは本当につらいものですよね。腸内環境を整える方法を知って、ぜひとも克服しましょう!

一体どんな関わりが?『腸内フローラとアレルギー』

腸内フローラとアレルギーには、どのような関係性があるのでしょうか。

腸内フローラの状態が免疫機能に影響する

腸には体内の約6割もの免疫細胞が集まっています。この免疫機能に大きく関わっているのが腸内フローラです。

菌の割合は、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割がもっともいいとされますが、このバランスが崩れて悪玉菌が増えると、腸内フローラは乱れてしまい、それが原因となって免疫機能が異常を来します。

免疫力が低下することで、病原菌やウイルスの攻撃に弱くなることは以前から知られていましたが、最近注目されているのが「免疫反応が過剰になるアレルギー」への影響です(詳しい研究報告は後述します)。

免疫力低下だけではなく過剰。人間の体は本当に不思議です。良くも悪くも、腸内フローラが非常に大きな影響力をもっていることがわかります。

Th1細胞とTh2細胞のバランスを保つことがカギ

免疫機能は、自分以外の物質である「非自己」を認識し、排除する反応です。私たちはこの働きによって生体の恒常性を維持しています。

免疫機能を司る免疫細胞の中で、司令塔の役割を担っているのが、有名な「ヘルパーT細胞」。マクロファージから情報を受け、B細胞に抗体をつくるよう指令を出します。この連携によって抗原(外敵)が攻撃を受けるのです。

ヘルパーT細胞は、機能的に「Th1細胞」と「Th2細胞」に分かれます。Th1細胞は、菌やウイルスによる感染を防ぎ、Th2細胞は花粉やダニなどのアレルゲンに反応。アレルギーを引き起こすのは、Th2細胞です。アレルギー症状が出ないためには、Th1細胞とTh2細胞のバランスがとれて

いることが重要。しかし腸内フローラが乱れると、このバランスが崩れてしまいます。腸内環境の悪化が、アレルギー発症に関わるのには、こんなしくみがあったのですね。

デトックスで代謝の滞りをなくすことが改善につながる

悪玉菌がはびこる悪い腸内フローラでは、メタンガスや硫化水素が発生し、腐敗物質、毒素、発がん性物質などの有害物質がつくられています。この点も、腸内環境の悪化が、免疫機能の異常につながる一因となっていると考えられます。代謝の滞りをなくして、腸内をきれいにすることが極めて重要。

デトックスで有害物質を体外に排出しましょう。スッキリしてきっと気持も晴れやかになりますよ。

 

アレルギーを軽減・改善する食べ物について考えよう

免疫機能が過剰に反応しないために、食べ物も見直してみましょう。なんといっても、日々の食事が健康の原点ですからね!

正しい免疫活性を維持し、細胞をつくる食材を取り入れる

まず食の基本である主食を、「玄米」に変えてみるのはいかがでしょうか。玄米には、ビタミンB1、B2、B6、ビタミンE、カルシウム、リンなど多くの栄養素が含まれ、食物繊維は白米の5倍近く。食物繊維は腸の中を掃除してくれるので、腸内フローラの改善に役立ちます。また、フィチンという物質には、体内の重金属と結合して排出し、解毒してくれる働きがあるといわれています。掃除と解毒。玄米はやっぱり優秀な主食なんですね。

トマト、タマネギ、ブルーベリー、大豆、そば、緑茶、コーヒーなどポリフェノールが豊富な食品も、免疫力を正常に保つために有効な食品です。

また玄米にも入っているビタミンB2は、細胞再生や粘膜の保護、エネルギー代謝に関わるので、オススメの栄養素です。うなぎや納豆、焼き海苔、煎茶の茶葉、とうがらしなどに多く含まれます。

抗アレルギー、抗炎症作用のある食材でダイレクトに!

青魚を多く食べる小学生は、統計的にぜんそくが少ないのだとか。EPAに含まれる不飽和脂肪酸がアレルギー物質を抑制すると考えられています。

大根、ハーブ、生姜、はちみつには、抗ヒスタミン作用が。エゴマ、大葉、春菊に含まれるフラボノイド・ルテオリンにも、抗アレルギー作用があります。

柑橘系果物、緑色の葉野菜やトマトは、慢性的な炎症を抑えるといわれています。美味しい料理を楽しみながら、一歩一歩、改善していきたいですね。

アレルギーの改善が期待できる乳酸菌一覧

菌種 菌株 菌を含む商品
ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株 カルピス 守る働く乳酸菌L-92
ラクトバチルス・ラムノーサス GG株 タカナシヨーグルト おなかへGG!
ラクトバチルス・パラカゼイ

 

KW3110株 小岩井プラズマ乳酸菌ヨーグルトKW乳酸菌プラス
ビフィドバクテリウム・ロンガム

 

BB536株

 

森永ビヒダスヨーグルトBB536
エンテロコッカス・フェカリス

 

FK-23株 伊藤園「朝のYoo」フェカリス菌1000
ラクトコッカス・ラクティス亜種クレモリス FC株

 

フジッコ カスピ海ヨーグルト
ラクトバチルス・カゼイ

 

シロタ株 ヤクルト400 ジョア
ラクトバチルス・アシドフィルス

 

L-55株 オハヨー乳業 低糖低脂肪ヨーグルト

庄司いずみさん流デトックススープをまねしたい!

ベジタリアンとして有名な野菜料理家・庄司いずみ先生。健康をベースとした何冊もの料理本を出されています。

ご自身のブログを拝見すると、そこにはいかにも体に良さそうで美味しそうなデトックススープのレシピが!その名も「夏のデトックス味噌スープ」。さっそくご紹介します!

≪材料(スープボウル2杯分)≫

  • キャベツ 1枚(50g)
  • 大根 1.5㎝(50g)
  • トマト 1/4個(50g)
  • 椎茸 1枚
  • 玉ねぎ 1/4個(50g)
  • 切り干し大根 ひとつまみ
  • にんにく、生姜(みじん切り) 各小さじ2
  • 味噌 小さじ2
  • 香菜 適量

≪作り方≫

  1. キャベツ、大根、トマト、椎茸、玉ねぎは1㎝角に、切り干し大根・香菜は洗ってざく切り
  2. 鍋に香菜を除く上記の野菜、にんにく、生姜と水2カップ(分量外)を入れて中火に。
  3. 煮立ったら弱火で3~4分、野菜が柔らかくなったら味噌を溶き入れます。
  4. スープボウルに盛って香菜をちらしていただきます。

≪ポイント≫

最後に散らす香菜がアクセント。美味しそうですね。
野菜を大ぶりに切ると食べ応えが出ます。しかしその分調理時間が長くかかるので、夏場はちょっとつらいかも。2杯分ではなくたっぷりつくったときは、夏場は必ず冷蔵庫で保存を。

 

簡単そう、美味しそう、そしてデトックスができるので、私もさっそく試してみます。たまにでは毒出し効果も上がらないと思うので、バリエーションを工夫して習慣化したいものですね。みなさんもぜひどうぞ!

 

サプリメントを上手に利用するのも有効な手段です!

食生活を見直して、腸内フローラを改善することはもちろん重要です。その上で、サプリメントを利用してみるというのはいかがでしょうか。

きっとさらにいい結果が待っていますよ!

乳酸菌、サプリで摂れば便利で手軽

乳酸菌を摂取するのは、免役機能を正常に保つ上で有効なこと。腸内フローラが乱れ、悪玉菌が優勢になっていたのでは、改善の望みは薄いからです。積極的に善玉菌を補給して、情勢を整える必要があります。

「生きて腸までとどかなければ意味がない」という見方もありますが、乳酸菌の中にはもちろん胃酸に負けない菌もいますし、たとえ死滅して腸に届いても、免役機能の向上に関与する種類もあるといわれます。

しかしヨーグルトや乳酸菌飲料は、温度管理の問題もあり、なかなかいつも持ち歩けるというものではありません… そこで便利なのが、乳酸菌のサプリメント。軽いパウチタイプをバッグの中に入れておけば、いつでもどこでも、ラクラク摂ることができます。水なしで飲めるタイプだとさらにいいですね。

青汁なら緑黄色野菜をたっぷり摂れる

青汁は、質の高い栄養をラクに補給できる方法です。
なにしろ原料となる緑黄色野菜には、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの栄養素がたっぷり!もう“凝縮”というか“詰まっている”という感じさえしますよね。

そしてもうひとつ魅力的なのが、食物繊維。不溶性食物繊維が腸の掃除をしてくれるだけでなく、水溶性食物繊維は、善玉菌の栄養源になるのです。善玉菌を元気にして、腸内環境を整えるために、どんどん摂りましょう!

 

アレルギー改善効果のあるサプリメント一覧(乳酸菌・青汁)

サプリ名 含有菌と特徴
乳酸菌EC-12

(久光製薬)

・フェカリス菌EC12株

1袋(1g)でヨーグルト約100個分、約1兆個の乳酸菌が摂取できる。善玉菌の栄養分となるミルクオリゴ糖も配合。水なしでそのままサッと飲めるので便利。

生命の乳酸菌7選

(ミーロード)

・ラクリス菌

ラクリス菌をはじめ7種類の乳酸菌と、乳酸菌のエサになるオリゴ糖を配合。胃酸で溶けない特許製法のコーティングカプセルを使用している。

花菜の選べる乳酸菌

(花菜)

・フェカリス菌

箱を開けると、「うつくし美菌5000億」「すこやか健菌ナノ型」という2種類のサプリが登場。体が菌に“慣れて”しまうことを避けるため、違うタイプの乳酸菌を交互に摂る。

乳酸菌革命

(健康いきいき倶楽部)

・ラクトバチルス・アシドフィルス等

ラクトバチルス・アシドフィルスをはじめ話題の乳酸菌6種に、ビフィズス菌、ラブレ菌、カゼリ菌をプラス。耐酸性カプセルが酸やアルカリから乳酸菌を守りながら腸に届ける。

善玉菌のチカラ

(フジッコ)

 

・クレモリス菌FC株

カスピ海ヨーグルトから生まれたサプリメント。含まれるクレモリス菌は、生きて大腸まで届く力が強い乳酸菌だ。海藻生まれの食物繊維も配合されている。

おいしい青汁

(やわた)

・ 大麦若葉、モロヘイヤ、桑の葉、ゴーヤ、抹茶等

化学合成肥料や農薬を使わず、雑草、害虫、病気などを抑えるために様々な工夫をこらして栽培。ビタミン、ミネラルなど50種類の栄養素を含有している。

極の青汁

(サントリー)

・大麦若葉、明日葉、ケルセチンプラス

野菜の力を引き出すポリフェノールの一種「ケルセチンプラス」を配合。「ケルセチン」の吸収力は120倍にアップした。高い抗酸化作用が期待される。

乳酸菌が入った青汁

(世田谷自然食品)

・大麦若葉、クマザサ、食物繊維、植物性乳酸菌

米からとられた植物性乳酸菌を配合。野菜の栄養と乳酸菌を同時に摂ることができる。クマザサは食物繊維が豊富な上、トウモロコシ由来の食物繊維もプラスしている。

神仙桑抹茶ファイバー

(お茶村)

・桑の葉、シモン、茶葉、食物繊維、オリゴ糖

桑の葉は余分な糖の吸収を防ぎ、シモンのカリウムはスムーズな代謝をサポートする。味は、お茶処・八女の茶師だからこそできた本物の抹茶風味。

青汁満菜

(えがお)

・大麦若葉、モロヘイヤ、ケール、はと麦若葉等

九州産の大麦若葉を主原料に、10種類の有機原料で健康力を強化。大麦若葉を微粉砕加工することで、なめらかな喉ごしを実現している。

 

腸内フローラ、免疫、アレルギーを結びつけるデータがあった!

さて、冒頭部分でお知らせした、腸内フローラと免疫過剰の関係について、研究報告や実例をみてみたいと思います。

腸内に菌を入れたらアレルギーが改善

米国シカゴ大学の研究グループは、無菌マウスと、腸内細菌を殺菌する抗生物質を投与したマウスで実験を行った。2種類とも普通のマウスに比べ、ピーナッツに対して強烈なアレルギー反応を示した。

その後、腸内環境のような酸素濃度が低い環境に生息するクロストリジウム菌を2種類のマウスの腸内に投与したところ、これらのマウスのアレルギー症状が緩和された。

微生物が多いと制御性T細胞が増加する

米国ヘンリーフォード病院の研究グループが、母乳で育てられた赤ちゃんと、粉ミルクで育てられた赤ちゃんについて、消化管内の微生物と、免役システムを調整する「制御性T細胞(Treg)」との関係を調べた。

母乳で育った赤ちゃんの方が、腸内の微生物の集まりが確立していた。

そして母乳で育った赤ちゃんには、ペットアレルギーを起こしにくいという特徴が。腸内の微生物の組成が多様であるほど、Tregも増加していた。赤ちゃんがなるべく多くの微生物と接することで、免疫システムが強力になるようだ。

ビフィズス菌の摂取で花粉症の症状が軽減

森永乳業によると、花粉症患者44名に、スギ花粉が飛び始める約1ヵ月前から、ビフィズス菌BB536粉末またはプラセボ粉末を13週間にわたって摂取してもらったところ、ビフィズス菌BB536粉末摂取群では花粉症の自覚症状が緩和され、症状と関連する血中マーカーも改善された。

レンコンと乳酸菌で花粉症患者の8割が改善

埼玉医科大学短期大学の和合治久教授は、レンコンエキスがアレルギー改善の漢方薬として用いられていることに着目。レンコンから煮出したエキスに抗アレルギー作用があることを確認した。さらに乳酸菌と合わせると効果が高まることがわかった。

錠剤を精製して花粉症患者51人のモニター調査を行ったところ、3ヵ月以上の飲用で8割以上の人が改善した。

 

腸内フローラとアレルギー……いろいろなことがわかってきましたが、さらなる研究の進歩を期待したいと思います。

 

気持ちのいいデトックスともっとお近づきに!

老廃物や有害物質は日々体に蓄積しますから、デトックスは毎日行うにこしたことはありません。面倒でも大変でもありませんよ。無理なく気軽に始められるデトックスをご紹介します。

今日からでも始められるデトックス習慣

≪体を冷やさない、温める≫

体を冷やすと腸の細菌たちが元気をなくし、免疫の活性も乱れがちになります。また血行が悪くなると、血液が体の隅々に酸素を届けたり、老廃物を回収する効率も落ちてしまいます。疲れやすくなる、肩こりもひどくなるなど、いいことはありません。冷房がきついところでは洋服で調節し、夜はゆっくりお風呂につかってやすみましょう。体表で36.5度はキープするようにしてください。

≪良い水分を補給しよう≫

ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどで、こまめな水分補給を忘れずに。便秘の人は水分が不足すると悪化してしまいますので、デトックスができなくなります。ハーブティーやココアも便秘解消にはいいですね。ココアのグリニンには善玉菌を増やす働きもあります。

≪軽くでいいので運動も≫

ストレッチやウォーキングなどで血流やリンパ流がよくなると、代謝が上がって老廃物が流れ出やすくなります。軽く汗をかくのもいいですね。汗と一緒に毒素も排出されるますので。

食習慣で行うアレルギー解消デトックス

≪油分の多い食事は控えめに≫

マヨネーズやバターなど油分の多い食べ物はアレルギーを悪化させます。外食やファストフード、外で買うお弁当、スナック菓子なども要注意です。油分が欲しいなというときは、オメガ3脂肪酸(えごま油など)がオススメです。アレルギーが緩和されるといわれています。

≪糖質の摂りすぎに注意≫

甘いものや炭水化物も、摂りすぎはよくありません。糖質を制限したら、アレルギーが改善したという方も多くいらっしゃいます。もちろん無理は禁物ですが… バランスの良い食事を目指しましょう。でも糖質、どうしても無性に摂りたくなるときありますよね…。

≪乳製品、すべてが有用なわけではない≫

牛乳は、アトピー性皮膚炎や花粉症との関連が疑われている食品です。一説には、もともと牛乳を飲む習慣がなかった日本民族は、牛乳を分解する酵素を持っていなくて、腸に余計な負担がかかるのだとか。もちろんヨーグルトなど発酵乳は腸内フローラを整えますので、積極的に摂ってください。

アレルギーで辛くならないメンタルデトックス

ストレスは自律神経に影響を与え、アレルギーを悪化させます。疲労などの肉体的ストレス、受験などの精神ストレスを感じたときに、アトピー性皮膚炎を発症することもあるそうです。

私たちは笑い、泣くことで、何か有害物質を洗い流したようにスッキリすることがあります。この「感情的デトックス」でストレスを発散しましょう!

デトックスにオススメの映画・本

笑える映画

  • 「サマータイムマシン・ブルース」(邦)(主演:瑛太/ヨーロッパ企画の舞台から生まれたドタバタコメディ)
  • 「ディック&ジェーン 復讐は最高!」(洋)(主演:ジムキャリー/ブラックユーモアたっぷりの、元エリートによる復讐劇)

笑って泣ける映画

  • 「横道世之介」(邦)(主演:高良健吾/長崎から上京してきたお人好しな主人公の青春ストーリー )
  • 「秘密」(邦)(出演:広末涼子/母娘でバス旅行中に事故に遭い、娘は一命を取り留めるが…)

泣ける映画

  • 「半分の月がのぼる空」(邦)(主演:池松壮亮/純粋な少年と難病を患った少女、心に傷を負った医師がひたむきに生きる)
  • 「きみに読む物語」(洋)(出演:ライアン・ゴズリング/一組の男女の、時を経た永遠の愛を描く)

スカッとする映画

  • 「12人の優しい日本人」(邦)(出演:塩見三省/陪審員として集められた人々をテンポ良くコミカルに描く)
  • 「ストリート・オブ・ファイアー」(洋)(主演:マイケル・パレ/トム・コーディは無法者にさらわれたかつての恋人を救う)

泣ける本

  • 「ぼくのメジャースプーン」 「名前探しの放課後」(辻村美月/ひどい事件があってふみちゃんは心を閉ざす。それでぼくはある決心をした)
  • 「センセイの鞄」(川上弘美/ひとり通いの居酒屋でツキコが隣あったのは30歳離れたセンセイだった…)
  • 「いま、会いにゆきます」(市川拓司/妻の澪は生前、「1年経ったら雨の季節にまた戻ってくるから」と言った)
  • 「手紙」(東野圭吾/弟のために空き巣に入った兄は、思わず殺人まで犯してしまい…)

 

みなさんいろいろな方向性を試してみて、自分に合ったストレス解消法、自分を解放する方法を見つけてくださいね!心のデトックス、頑張りましょう!

 

まとめ

最後にご紹介したデトックスの方法ですが、それだけを実行するというのではなく、アレルギーを軽減する食材を使用した食事、デトックススープの習慣化、青汁、乳酸菌の摂取(ヨーグルトあるいはサプリメント)をぜひ並行して行うようにしてください。せっかく改善した腸内フローラがまた逆戻りしては大変。いい状態を維持していくことが大切なのですから。

「アレルギーに打ち勝つ」。快適な明日のために、この目標は絶対譲れませんよね!

 

>>アレルケアはアトピーの救世主となるのか。成分から考察


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-悩み別改善方法

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.