知識

膣カンジダと腸内フローラの関係に関して。改善の糸口となるのか

投稿日:

膣カンジダという言葉を聞いたことはありますか?
性器部分に強いかゆみや炎症が起きる病気で性感染症と思われがちですが、実際には自己感染のパターンがほとんどなのだそうです。

そこで、カンジダ菌や、カンジダ菌によって発症する病気の種類、発症する原因、改善方法などを詳しくご紹介していきます。

カンジダ症とは?

カンジダ症とはカンジダ菌に感染することで引き起こされる病気のことで、一般には膣カンジダ症を思い浮かべる方がほとんど。ところが実際にはいろいろなカンジダ症があるんです。

カンジダ菌って何?

カンジダ症の原因と言われているのがカンジダ菌です。
カンジダ菌はもともと人間の体内に住んでいる菌で酵母カビの一種。男女問わず体に棲みついているのですが、カンジダ症を発症するのは女性が多いことからカンジダ菌は女性特有のものというイメージが強いようです。

カンジダ菌は元気なときには大人しくしていますが、免疫力が落ちたとき、抗生物質やホルモンバランスが崩れたなどにカンジダ菌が繁殖して膣カンジダを発症しやすくなります。

カンジダ菌は口の中や消化器、膣、わきの下、肛門周辺などの汗や湿気がたまりやすい場所に生息しています。

カンジダ菌が引き起こす病気

カンジダ菌が引き起こす病気には「皮膚カンジダ症」と「性器カンジダ症」があります。皮膚カンジダ症はカンジダ真菌が皮膚に感染したもので、皮膚の表面がガサガサしたり、患部が赤くなって痛みやかゆみが出る、膿や小さな水泡などの炎症が発生するなどの症状があります。

おもに湿気の多く擦れやすい部分に発症しやすいと言われています。

性器カンジダ症は女性がかかりやすいため、女性の性病と認識している方が多いようです。そのため、膣カンジダとも呼ばれています。

膣や外陰部にかゆみが発生し、人によっては我慢できないくらいの強いかゆみを感じることも。他にはおりものの量が増える、チーズ状になる、炎症が起きて痛みを感じるなどの症状があります。

カンジダ菌は男性も持っているのですが、ほとんどの場合は症状が出ないことが多いため、女性特有の病気と思われてしまうんですね。

もし男性が発症した場合には、亀頭や陰嚢(いんのう)の部分に赤みやかゆみが起こります。場合によっては患部がただれたり、性器に白いカスや垢が付着することもあります。軽い痛みがある場合には、皮膚の炎症を疑ったほうが良いでしょう。

カンジダ菌が引き起こす病気には上記以外にも、アレルギー症状や皮膚炎、筋肉や関節の痛みなどがあり、消化不良や下痢、食欲不振など胃腸に症状が現れることもあります。また、精神的に不安定になったり不眠症などの症状もカンジダ菌が原因で引き起こされる可能性があります。そのほかにも頭痛やめまい、耳鳴り、ホルモン異常などなど様々で、カンジダ菌の影響は全身に及ぶのです。

 

膣カンジダ症が悪化する原因

それでは、カンジダ菌について分かったところで、女性特有の「膣カンジダ症」について詳しく見ていきましょう。膣カンジダ症は、どのように発症するのか、発症後放置するとどうなるのかなどを詳しく見てゆきましょう。

カンジダ菌が繁殖する環境

カンジダ菌は、ヒトの体のいろいろな部分に常在する菌ですが、それが繁殖する≪ある環境≫があり、そのために膣カンジダ症として悪化します。

カンジダ菌が繁殖しやすいタイミングには、

  • 風邪などの病気で体力が低下している
  • 仕事などのストレスが溜まって免疫力が低下している
  • 不規則な生活をして、体を十分に休めることができない
  • 栄養バランスの崩れた食事を続けて、便秘や下痢をになりやすい

不健康な状態、このときカンジダ菌が繁殖しやすい環境を作ることになります。

ちょっと意外なのが抗生物質の使用です。薬の効果から良い菌も死滅させてしまい、抗生物質に強いカンジダ菌が生き残りそのまま増殖することもあります。また、生理や妊娠でのホルモンバランスの崩れから膣粘液による自浄作用の働きが弱くなってカンジダ菌が繁殖することもあります。

膣カンジダは治りにくい!?

膣カンジダは治ったと思っても再発しやすいのだそうです。
原因としては、性交渉での再感染や、生活習慣の見直しなど根本的な要因が改善されていない、腸管にいるカンジダ菌が肛門から膣に感染してしまうというパターンもあります。膣カンジダを治したいなら、一番は免疫力が低下しないようにすることでしょう。

膣カンジダを治すいろいろな方法

膣カンジダを治すには病院へ行って薬を処方してもらうのが一般的。治療薬は塗り薬や飲み薬のほかに膣内部に薬を入れる膣錠もあります。最近ではドラッグストアでも膣カンジダの薬が販売されています。

他にはカンジダ菌の増殖を抑える効果が期待できる乳酸菌を積極的に摂取したり、ティーツリーという植物から抽出されるオイルを使用した座浴があります。

ニンニクを加熱せずに食べて内側からカンジダ菌にアプローチするという民間療法もありました。

これも民間療法なのですが、ヨーグルトを直接膣に塗布して乳酸菌でカンジダ菌を撃退するという方法もあります。ただし、使用するヨーグルトは無糖が良いのだとか。カンジダ菌は糖分をエサとしているため、糖分が含まれているヨーグルトではカンジダ菌を撃退することはできないとのことでした。

乳酸菌はカンジダ菌を抑える力があるようですね。それでは次に、免疫力を掌る腸の健康とカンジダ菌の関係について掘り下げていきます。

 

腸の健康とカンジダ菌との関係

カンジダ菌は腸管にも住んでいます。
腸には善玉菌・悪玉菌がいますが、一番多いのは日和見菌です。善玉菌が多い時には大人しくしていて、悪玉菌が増えると悪玉菌の手助けをするのが日和見菌ですが、カンジダ菌は日和見菌に入るのだとか。

どうやら腸の健康とカンジダ菌には関係がありそうです。

腸が健康だと免疫力が上がる

私たちの体は口から食べ物を取り入れて胃や腸に運ばれますが、ウイルスなどの細菌が口から入ってきた場合にも同様に胃を通って腸に運ばれます。

腸はこうした病原菌の侵入を阻止する役割も持っていて、腸内フローラが整っていると病原菌が侵入しても善玉菌が攻撃して排除します。逆に腸に悪玉菌が多い場合には善玉菌の数が減ってしまい、病原菌が侵入してきても十分に攻撃することができず風邪をひいたりするのです。

腸には免疫細胞の約6割が存在し、体の中の器官では最大の免疫器官だと言われていますので、腸内フローラが良い状態だと腸内が酸性になって健康な状態となり、病気に負けない強い体に繋がります。

腸の善玉菌はカンジダ菌より強い

通常、腸内は善玉菌の働きによって酸性の状態に保たれていて、カンジダ菌などの常在菌を適度に死滅させて数が増えるのを抑えています。このことから、カンジダ菌よりも善玉菌のほうが強いことが分かります。

ただし、善玉菌の数が減ってしまうと酸性の状態を保つことができず、免疫力が低下してしまいます。その結果、カンジダ菌が増殖して膣カンジダを発症します。

常に体内に存在しているカンジダ菌が増殖せずにうまく共存していけるのか、それとも一気に増殖して膣カンジダを発症させてしまうのかは、腸内フローラの状態によって左右すると言えるでしょう。

 

膣カンジダにかかったら腸内フローラを見直すタイミング

不快な思いをする膣カンジダ。
免疫力に大きな影響を及ぼすことがわかっている腸内フローラを改善することで膣カンジダを撃退することは可能なのでしょうか?

腸内フローラが改善されれば膣カンジダも怖くない

腸内フローラと膣カンジダは大きく関係しています。
腸内フローラの改善には乳酸菌が効果的であること、そして乳酸菌摂取のためにヨーグルトを食べることが推奨されていることはすでにご紹介のとおりです。民間療法でも以前から乳酸菌を活用されていて、その効果の高さを裏付けています。

プロバイオティクスなどの乳酸菌を摂取することで乳酸菌が生きたままで腸に届き、善玉菌が増えてカンジダ菌の増殖を抑制すること、その結果腸内フローラが改善して免疫力が上がり、カンジダ菌に負けない強い体になることもすでにご紹介しましたね。

腸内フローラへの注目度はここ最近になって一層高まり、カンジダ菌との関係性についても研究が進んでいます。

カンジダ菌の研究は以前から行われていて、1988年に帝京大学医真菌研究センターによるマウスを使った研究では人のカンジダ症とできるだけ似せた感染モデルを作って行われました。その結果、腸内にいる乳酸菌の状態によってカンジダ菌が増殖すること、カンジダ菌が腸から他の臓器へ広がることが分かっています。(出典元:実験的カンジダ症-動物モデル作成における常在細菌叢および宿主抵抗因子の関与-)

 

腸内フローラが改善されれば膣カンジダも改善される

腸内フローラの環境が悪いとカンジダ菌が増殖して膣カンジダを発症することはこれまでにご紹介してきた通りです。逆をいえば、腸内フローラが改善されれば膣カンジダも改善されるということですよね。

では、膣カンジダを改善するためには具体的にどうすれば良いのでしょうか。

膣カンジダ改善:生活から見直す

カンジダ菌が繁殖して発症する膣カンジダは免疫力の低下が原因で引き起こされることが多いようです。膣カンジダを改善したいなら、とにかく免疫力をつけることが大切。

栄養バランスのとれた食事を心がけ、体をゆっくりと休めるために睡眠をしっかりと取りましょう。体を動かしてストレス発散をすることも健康維持に効果的です。カンジダ菌はカビの一種なので、高温多湿だと繁殖しやすいのだとか。通気性の良い下着をつけるのも良いでしょう。

膣カンジダ:乳酸菌を積極的に摂り入れる

私たちの体にはデーデルライン桿菌(かんきん)というカンジダ菌を抑制する効果を持った殺菌力の高い乳酸菌が住んでいます。

デーデルライン桿菌は主にアシドフィルス菌・ラムノーサス菌・ロイテリ菌・プランタラム菌などのラクトバチルス属の乳酸菌で構成されています。

デーテルライン桿菌は膣内を酸性に保つ効果があり、カンジダ菌の増殖を抑える働きを持っているのですが、ストレスや病気などで働きが弱くなるとカンジダ菌が増殖して膣カンジダを発症する要因になってしまうのです。

≪デーデルライン桿菌の働きを良くしたいと思うならヨーグルトが効果的≫

ヨーグルトなら何でも良いというわけではありません。
デーテルライン桿菌の仲間となる乳酸菌にはガセリ菌SP株やLG21乳酸菌、カゼイ・シロタ株があります。これらの乳酸菌を含んでいるヨーグルトは、

  • ガセリ菌SP株が使われている雪印メグミルク「ナチュレ恵」
  • LG21乳酸菌を使用した明治プロビオヨーグルト「LG21」
  • カゼイ・シロタ株が入っているヤクルトの「ソフール」

などがあります。

サプリを活用する

いろいろな種類のサプリがありますが、膣カンジダ対策のサプリも販売されています。

その中の一つがドクターズチョイスの「カンジダクリアスーパー」。免疫力を高めて整腸作用が期待できるアシドフィルス菌やアラビノガラクタン、カンジダを体外に排出する効果があるアロエベラエキストラクト(抽出物)も配合されています。

同じくドクターズチョイスから販売されている「フェミプロバイオ」。フェミプロバイオにはカンジダ菌を抑制するデーデルライン桿菌が配合されています。1日に1粒でデーテルライン桿菌を増やせるという手軽さは忙しい方やヨーグルトが苦手という方にもおすすめです。

ヘルスエイドの「ビフィーナS」

デーテルライン桿菌に含まれているアシドフィルス菌は免疫力アップや腸内環境の改善に効果があると言われていて、カンジダ菌対策としても有効と言われています。「ビフィーナS」にはアシドフィルス菌が配合されており、膣カンジダが改善したという方もいます。ビフィズス菌も入っているので整腸作用も期待できますよ。

 

まとめ

カビの一種であるカンジダ菌は増殖することで膣カンジダを発症させます。主に免疫力の低下が原因で増殖するため、腸内フローラを整えることでカンジダ菌の増殖を抑制することができます。

腸内フローラを理想的な状態にするためには、ヨーグルトやサプリを活用して乳酸菌を摂り入れると良いでしょう。免疫力を落とさないために規則正しい生活をし、食事の栄養バランスに気を付ける、軽い運動を取りいれる、そしてストレスをためないことも大切です。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-知識

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.