サプリメント

善玉菌のチカラは【軟便】の原因を取り除く?成分から改善の可能性を考察

投稿日:2017年6月12日 更新日:

下痢に比べたらコントロールはできますが、水分が多くドロッとした軟便はキレが悪くて出てもスッキリが得られないものですよね。今回は、善玉菌のチカラにキレの悪い軟便を改善するチカラがあるのかどうかを、成分と作用から検証していきたいと思います。

スパッ!とキレのよいお通じを手に入れるヒントが、善玉菌のチカラには秘められていますよ。

価格 初回限定1,950円

定期初回1,550円

内容量 1袋31粒
1日の目安量 1~2粒
菌の種類 クレモリス菌FC株
その他の成分 食物繊維

カルシウム

善玉菌のチカラとは

善玉菌のチカラは、株式会社フジッコが販売している乳酸菌サプリメントです。つくだ煮や煮豆のメーカーとして有名ですが、カスピ海ヨーグルトなどの乳製品の取り揃えもあります。

そのカスピ海ヨーグルトの菌「クレモリス菌FC株」を、サプリメントに閉じ込めたのが善玉菌のチカラです。まずは、クレモリス菌FC株の働きを見てみましょう。

クレモリス菌FC株の機能

クレモリス菌FC株の優秀な機能は、クレモリス菌FC株が作り出す強力なねばりにあります。カスピ海ヨーグルトをスプーンですくうと、ネトーッと他のヨーグルトにはないねばりを見せます。

ねばりの正体は、クレモリス菌FC株が産出する物質EPSです。EPSは、私たちの消化酵素では分解されないため、クレモリス菌FC株と一緒に生きたまま大腸に届くと考えられています。

大腸で更に繁殖し、善玉菌(ビフィズス菌)が活性化するようにpHを酸性に近づけます。同時に独特のねばりEPSが、腸の中の不要なものを絡めとって排出しようと働きます。ちょうど、食物繊維と似た働きをします。

クレモリス菌FC株5週間摂取により、糞便中のビフィズス菌占有率が5倍になったというデータもあります。

生きて届くことと、ねばり成分の実績は証明されているんです。

食物繊維とカルシウム

他にも、本物の食物繊維が含まれているので、乳酸菌界の食物繊維(クレモリス菌FC株)とのコラボレーションが実現しています。日本人に不足しがちなカルシウムも含まれています。

ビフィズス菌を増やすことに徹底しているサプリメントだと分かりますね。

軟便とは

軟便とは、水分量が多い便のことを言います。形の定まらない下痢とは違って、軟便は形がありますが、キレが悪く残便感がつきまといます。

軟便になる理由

柔らかい軟便になる理由には、次の2つが考えられます。

  • 腸の働きに異変があった時
  • 腸内環境(腸内フローラ)に変化があった時

腸の働きに異変があった時

何らかの負担がかかって腸の動きが高まった場合、普段のスピードよりも速く内容物が移動して腸で水分の吸収が追い付かず、軟便になってしまうことがあります。腸の水分分泌が増えた場合にも、軟便となります。

腸内環境(腸内フローラ)に変化があった時

軟便が続く場合は、腸内フローラに乱れが生じていることが考えられます。善玉菌が減って悪玉菌が増えてしまった腸内環境では、水分が多めの便になることがあります。

軟便の対処法

軟便の原因となる、腸の異常や腸内フローラの異変を起こさないために、軟便時に行うべき対処法がこちらです。

生活の改善

腸の異常な動きを起こさせないために、腸の刺激をしない生活を心がけましょう。腸を刺激する代表は、食べ過ぎ・飲み過ぎです。その内容にも原因はあり、刺激のある食べ物や、コーヒーなどのカフェイン、冷たいものやアルコールも該当します。

消化の良い食べ物を、適量・適温で口にするようにしましょう。

お腹の冷えを避ける

お腹を冷やすと、腸の運動が高まって便の通過スピードが速くなります。お腹の冷えが原因の軟便であれば、お腹を冷やさない工夫や、温めをしましょう。

ストレスをためない

脳と大腸は、位置的に離れていますが、とても近しい関係にあります。脳がストレスを感じることで、腸の異常な動きを招いていることも考えられます。

腸内環境(腸内フローラ)を整える

乳酸菌やビフィズス菌などの、腸で善玉菌として働いてくれる菌をとり入れることも、軟便対策になります。

善玉菌を積極的に摂ることで、悪玉菌の優勢な腸内環境を変えることができます。ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、善玉菌そのもとして働いてくれたり、善玉菌の増殖の助けになったりします。

軟便における善玉菌のチカラの効果とは

このように、軟便は過剰な腸の動きや、腸内環境の乱れから生じることが分かりましたね。それでは、善玉菌のチカラが軟便解消のために役立てるかどうかの検討に入りましょう。

結論からお伝えすると、ずばり「役に立つ」と断言することができます。ただし、条件付きです。

理由は、善玉菌のチカラが軟便対処法として役に立つのは、腸内フローラの乱れで生じた軟便だけだからです。善玉菌のチカラは、クレモリス菌FC株の働きにより、高い整腸作用が認められています。

よって、悪玉菌による水分の影響を防ぐことができます。

しかし、この3つが原因の軟便は、善玉菌のチカラだけで軟便を防げるものではありませんので、条件付きとさせていただきました。

  • 生活の改善
  • お腹の冷えを避ける
  • ストレスをためない

ただ、お腹の不調は、様々な原因が絡み合って、お通じに表れてくることがほとんどです。どれか一つだけ手をつけるのではなく、全ての原因に気を配りながら軟便の追放を目指すべきです。

まとめ

軟便が起こる原因と照らし合わせながら、善玉菌のチカラを使うべき理由をお伝えしてきました。お通じは、腸からのお便りだとよく言いますが、軟便もまた腸からのメッセージなんです。

そのメッセージを的確にキャッチして、対処を始めましょう。善玉菌のチカラは、公式ホームページからの購入が、どこよりもお安くなっています。

>> 善玉菌のチカラ 公式ホームページ <<


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.