未分類

ビフィーナSは便秘に効果大?成分と効能から効く便秘と効かない便秘を分類

投稿日:

便秘は、あらゆる行動へのテンションがお腹の調子次第で決まってしまうくらい、生活に支障が出てくるものですよね。体調が悪くなったり、時には肌荒れや吐き気など、体全体の問題になってきます。

お腹の悩み堂々1位の便秘。そして、乳酸菌サプリメント売り上げ1位を19年連続更新中のビフィーナS。

どちらも1位のこの2つ、手を取り合って悩みを解消してくれるコンビネーションなのでしょうかビフィーナSの成分や臨床データ、そして便秘の分類による向き不向きまで、細かく解説します。

機能性表示食品
届け出表示
腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。
価格 初回限定2,980円
内容量 1箱30包
1日の目安量 1日1包
菌の種類 ビフィズス菌ロンガム種

乳酸菌アシドフィルス菌

乳酸菌ガセリ菌

その他の成分 オリゴ糖(ラフィノース)

ビフィーナSについて

ビフィーナSは【森下仁丹】というメーカーが販売する、乳酸菌サプリメントの先頭を突っ走るサプリメントです。

成分

ビフィーナSには、3つの生きた菌が含まれています。

  • ビフィズス菌ロンガム種
  • 乳酸菌ラクトバチルス ガセリ種
  • 乳酸菌エンテロコッカス フェシウム種

ビフィズス菌ロンガム種がメインで、乳酸菌2種はお手伝いさん、と言ったイメージです。ビフィズス菌ロンガム種を使用した実験がありますので、見ていきましょう。

排便回数が増加

ビフィズス菌ロンガム種を、飲んだ時と飲まない時で、お通じの回数を比較したものがこちらです。

20億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、対照食品群で8.4±0.4回/14日であった排便回数が、9.6±0.6回/14日に有意に増加したことが報告されました。

平均値±標準誤差, * p<0.05

被験者:21歳から45歳(平均年齢31.6±7.2歳)までの重度の便秘症を除く便秘傾向者55名(男性12名、女性43名)のうち週あたりの排便回数が2~5回の者48名

摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)

清水(肖)ら, Japanese Journal of Lactic Acid Bacteria, 18(1), 31-36, 2007 から改変

出典:おなかの調子を整えたい方に 森下仁丹のビフィーナ

ビフィズス菌ロンガム種の摂取時期には、排便回数が増加していることが分かりますね。

理由は、ビフィズス菌ロンガム種の腸においての優秀な働きによります。ビフィズス菌は腸内で、糖をエネルギー源にコツコツ乳酸をつくり、腸内を酸性に近づけます。

アルカリ性の腸でエネルギッシュだった悪玉菌は、次第に精気を失って勢力が衰えていきます。そうして、善玉菌が増えやすい環境と、増えるためのスペースが確保できるのです。

善玉菌は、腸壁に刺激を与えてくれるので、スムーズな排便も促すことができます。

ただ、こちらの実験データですと排便回数が8.4回→9.6回と、そこまで増加していないと思われる人もいるかもしれませんね。

鋭いです。口コミから種明かししますと、実は、回数の上昇よりも便の形状が変わったという意見が多いのです。証拠として、糞便中のビフィズス菌が増加した、というデータがあります。

腸内フローラの変化 善玉菌の増加

20億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、対照食品摂取時に9.7+0.3回 log10/g fecesであった糞便中Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属菌の菌数が、9.9+0.3回 log10/g fecesに有意に増加し、さらに占有率も、対照食品摂取時に34.4±19.2%に有意に増加したことが報告されました。(平均値±標準偏差)

値は平均値で示した,*p<0.05

被験者:健常女性11名

摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)

Yaeshima et al., Bioscience Microflora, 16(2), 73-77, 1997 から改変

出典:おなかの調子を整えたい方に 森下仁丹のビフィーナ

善玉菌であるビフィズス菌が増加したお通じの色は、黄色から黄土色の明るい色をしていて、フワフワと柔らかいんですよね。こちらは数字上のデータですが、色の変化にも感動されたのではないかと思います。

便秘の人のお通じは、決まって黒く硬いものです。善玉菌が増えたことで、お通じの形も良くなったのだと分かります。

ビフィズス菌は減ってしまう

健康的なお通じの基準となるビフィズス菌ですが、年齢アップと反比例して減ってゆきます。赤ちゃんで99%を占めていたものが、60歳ごろには1%以下と、寂しいものに。

子供のころは便秘知らずだったのに、出なくなってきた・・・という人が多いのは、ビフィズス菌の減少からすると当たり前なんですよね。

ビフィズス菌を生きたまま届けるシームレスカプセル

ビフィズス菌が減ってしまうなら、補ってしまえばいい!と言うことで、気軽に飲めたら良かったのですが、デリケートなビフィズス菌は「胃酸」というどぎつい消化液で死んでしまう運命でした。腸まで生きて届けるのは、無理とされてきました。

しかし、森下仁丹は運命を変えました。つなぎ目がなく胃酸に耐えられるカプセルに、生きたビフィズス菌と乳酸菌を閉じ込めたのです。

この施策によって、胃酸下での生存率は90%を保証されています。

オリゴ糖配合

糖は、ビフィズス菌のエネルギー源でしたね。ビフィズス菌と乳酸菌を生きたまま腸に届けた後で、しっかり増えられるように腸まで吸収されないオリゴ糖も入っています。

まるで、我が子の遠足におにぎりを持たせているようです。用意周到なところも、人気の理由なのかもしれません。

以上の調査結果を消費者庁へ提出し、機能性表示食品として認定されています。

機能性表示食品とは
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。

出典:「機能性表示食品」って何?消費者庁

便秘とは

便秘になると、以下のような不快症状が起きます。

  • 何日も便が出ていない
  • お腹が張る
  • お腹が痛い
  • 便が硬くコロコロ便ばかりだ
  • 吐き気がある

一般的に、お通じが週に3回未満で便秘とされることが多いようです。

便秘でお腹が痛くなる他、頭痛・胃もたれなども便秘の症状としてあります。便秘に悩んでいる人は、年齢が上がると同時に増加の傾向をたどっています。

出典:便秘なんでもネット

便秘には、大きく分けて2つに分類されます。

  • 原因が明らかな便秘
  • 原因がハッキリしていない便秘

原因が明らかな便秘

持病や薬などが、腸に影響を与えている場合が、原因が明らかな便秘に分類されます。

消化器官の病気(器質性便秘)

病気が原因で腸の構造が変わって、腸管が狭くなることで便の通り道がなくなるタイプの便秘です。大腸がんやクローン病などがこの病気にあたります。

内科的な病気(症候性便秘)

糖尿病やパーキンソン病など、持病の影響で起こるタイプの便秘です。治療中の方がほとんどだと思いますので、主治医に相談してくださいね。

薬の服用(薬剤性便秘)

服用中の薬の影響でなるタイプの便秘です。便秘に影響する薬には、抗生物質や抗うつ薬などがあります。

原因がハッキリしていない便秘

薬や疾患などに身に覚えがない場合は、原因を推測して対処していく必要があります。

一般的な便秘(機能性便秘)

もっとも一般的な便秘が、機能性便秘です。主に、以下の理由が原因で腸の動きが低下します。

  • 不規則な生活リズム
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足

過敏性腸症候群(便秘型IBS)

主にストレスが原因となって、下痢や便秘を繰り返すのが「過敏性腸症候群」です。症状が便秘である場合は、便秘型に分類されます。便秘型は女性に多くみられます。

ビフィーナSの便秘効果について

便秘には様々な原因があって、原因が複雑に絡み合って起こることもあります。解消までの道のりとしては、根気よくしらみつぶしにしていく根気良さが必要になりそうです。

それでは、それぞれの原因でビフィーナSは解消のお手伝いをしてくれるのかどうかを、検証してみたいと思います。

消化器官の病気(器質性便秘)

ビフィーナSは腸内フローラを良好にするサプリメントです。ですから、構造の異常を正す力は持っていませんので、こちらのタイプには不向きです。

しかし、構造を変化させるほどの病気に、働きかけられることが分かってきました。潰瘍性大腸炎での一例ですが、ビフィーナSで症状が安定してきた、との体験談をお寄せいただいたのです。
>>ビフィーナSは潰瘍性大腸炎に効果アリ?体験談や臨床データから考察してみた

腸内環境を整えることで免疫が最適化され、自己免疫反応の異常で起こる潰瘍性大腸炎の症状が安定したのだと考察されます。

内科的な病気(症候性便秘)・薬の服用(薬剤性便秘)

この2つが排便の妨げになっている場合は、医師に便秘の旨を伝え、指示を仰いでください。

一般的な便秘(機能性便秘)

原因が複数ある便秘ですが、ビフィーナSを飲むことで、何らかの効果を見せてくれることと思います。

例えば、生活リズムやストレスは、自律神経を不安定にさせます。つまり「便を出せ」という脳からの指令が、腸に届かなくなっている状態です。生活リズムを正しくしてストレスを溜めない生活を心がければ、自律神経は本来の働きを取り戻せるでしょう。

しかし、一度型にハマってしまった癖を変えるのは、一苦労と言うもの。直している最中にビフィーナSを飲むことで、穴埋めできる可能性があります。

なぜなら、ビフィーナSは腸内フローラを良好にしてくれ、善玉菌であるビフィズス菌を増やすというデータがありましたよね。善玉菌は、腸内を酸性にして腸壁を刺激することができます。

ビフィーナSを飲むことで、自律神経とは無関係に、腸の蠕動(ぜんどう)運動を起こさせることができるのです。同様に、運動不足による腸の筋力低下にも対処できます。

食生活への不安も、ビフィーナSが助けになってくれます。野菜不足で腸内細菌のエサが枯渇すると、善玉菌の勢力が弱まって、悪玉菌の温床になります。

ビフィーナSは、善玉菌そのものと、増えるエサも入っています。ビフィーナSを飲んでから、お通じがフワフワで大きくなったという声が多いのは、腸内細菌の量も増えたことも大きな要因です。

機能性便秘は、どれも体に負担がかからない形に修正していく必要がありますが、その補助としてビフィーナSが優秀な働きをすることは、間違いなさそうです。

過敏性腸症候群(便秘型IBS)

ストレスが原因の重度の便秘ですから、ストレスを取り除く治療で心療内科へ行く場合もあります。ビフィーナSは、ストレスまで力及ばないとお思いの人もいるかもしれませんが、実は大いにあるんです。

腸では、免疫も作られますが、セロトニンやドーパミンと言った、精神状態に影響する物質も作られます。腸内環境が正常な時は多く作られ、気持ちの安定をもたらしてくれます。

腸内環境が乱れると、柔軟な考え方ができなくなると言います。ストレスを感じてしまいやすい人は、ビフィーナSを飲んで善玉菌を元気づけることで、何かしらの変化が起きる可能性もある、ということです。

強いストレスは、うつ病の原因にもなります。うつ病患者は、ビフィズス菌・乳酸菌が少ないことも分かっていますので、腸内フローラで気持ちが左右されるのは間違いなさそうです。

まとめ

近年、腸内細菌は全身の健康に影響が大きいという前提で、様々な研究が進んでいます。乳酸菌サプリメントは各社発売していますが、便秘対策を目的に飲み始めたい方は、実績のあるビフィーナSから始めてみましょう。

ビフィーナSは、公式ホームページからの購入が一番お得ですよ。

>> ビフィーナS 公式 <<


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-未分類

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.