サプリメント

ビフィーナSはお腹のガス溜まりに効果あり?不快感やオナラへの効き目を調査

投稿日:2017年6月6日 更新日:

お腹にガスが溜まると、不快感がすごいですよね。更にはオナラが出ることへの不安や、着る服への影響など、ネガティブな出来事がついて回ります。

ガスの有無が、一日のテンションを左右すると言っても良いでしょう。

そんなガス溜まりを抑制するものとして、ビフィーナSは効果があるのでしょうか?ビフィーナSの成分・効能と、ビフィーナS愛用者の体験談などと照らし合わせて調査をしました。

機能性表示食品
届け出表示
腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。
価格 初回限定2,980円
内容量 1箱30包
1日の目安量 1日1包
菌の種類 ビフィズス菌ロンガム種

乳酸菌アシドフィルス菌

乳酸菌ガセリ菌

その他の成分 オリゴ糖(ラフィノース)

パンパンのお腹はもう見たくない!とお思いの方は、必見の内容かもしれません。

ビフィーナSについて

まず、乳酸菌サプリメント部門では、堂々19年連続第一位を誇る「ビフィーナS」の実態についてお伝えします。

ビフィーナSは、お腹の調子を整えて腸内フローラを良好にし、便通改善の機能が報告されているサプリメントです。

ビフィーナSの製造販売は森下仁丹

ビフィーナSを手掛けるのは「森下仁丹」で、医薬品から化粧品まで幅広く手掛けるメーカーです。創業明治26年の歴史ある企業で、生薬を銀箔でコーティングした「銀箔仁丹」は、広く流通しました。

含まれている乳酸菌

ビフィーナSには、3種類の乳酸菌が配合されています。

  • ビフィズス菌ロンガム種
  • 乳酸菌ラクトバチルス ガセリ種
  • 乳酸菌エンテロコッカス フェシウム種

このうち、効果の主役が「ビフィズス菌ロンガム種」です。

排便回数の増加 ビフィズス菌ロンガム種の効果

こちらは、ビフィズス菌ロンガム種を服用した時としていない時の、排便回数の変化をグラフにしたものです。

20億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、対照食品群で8.4±0.4回/14日であった排便回数が、9.6±0.6回/14日に有意に増加したことが報告されました。

平均値±標準誤差, * p<0.05

被験者:21歳から45歳(平均年齢31.6±7.2歳)までの重度の便秘症を除く便秘傾向者55名(男性12名、女性43名)のうち週あたりの排便回数が2~5回の者48名

摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)

清水(肖)ら, Japanese Journal of Lactic Acid Bacteria, 18(1), 31-36, 2007 から改変

出典:おなかの調子を整えたい方に 森下仁丹のビフィーナ

服用時は、排便回数が増加したことが分かりますね。なお、実験で摂取したビフィズス菌ロンガム種は、1日当たり20億個でした。ビフィーナSには、50億個のビフィズス菌ロンガム種が含まれています。

実験とのブレなく、より効率的なお通じ改善の可能性を秘めているのがビフィーナSということです。

ビフィズス菌ロンガム種は、腸で糖を分解して乳酸を作り、腸内pHを酸性に傾ける働きがあります。腸内フローラにおいて悪玉菌が優勢になると、腸はアルカリ性に寄って、どんどん有害物質が作られてしまいます。

腸内が酸性になることで、悪玉菌の活動を抑えることができるので、腸内環境の改善につながります。

ビフィズス菌を始めとした善玉菌は、腸の内側の壁(腸壁)の刺激もするので、出そうという大腸の本来の力も目覚めさせてくれます。

腸内フローラに影響

ビフィズス菌ロンガム種の摂取時期に、腸内フローラが改善されたというデータもございます。

20億個のビフィズス菌(ロンガム種)を含む食品の摂取により、対照食品摂取時に9.7+0.3回 log10/g fecesであった糞便中Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属菌の菌数が、9.9+0.3回 log10/g fecesに有意に増加し、さらに占有率も、対照食品摂取時に34.4±19.2%に有意に増加したことが報告されました。(平均値±標準偏差)

値は平均値で示した,*p<0.05

被験者:健常女性11名

摂取期間:2週間(ビフィズス菌(ロンガム種)を20億個含む食品または対照食品を2週間毎日摂取)

Yaeshima et al., Bioscience Microflora, 16(2), 73-77, 1997 から改変

出典:おなかの調子を整えたい方に 森下仁丹のビフィーナ

摂取時期は、ビフィズス菌そのものを摂取していますし、ビフィズス菌が腸内を酸性に向かわせ、悪玉菌の勢いを弱らせることに成功したのでしょう。

加齢で減るビフィズス菌

善玉菌であるビフィズス菌は、整った腸内環境において欠かせないものです。しかし、年々その割合は減少していきます。

うまれたばかりの赤ちゃんの腸内細菌が99%ビフィズス菌で占められているのに対し、加齢と共に減少し、還暦を迎えるころには1%と以下という残酷なデータがあるのです。

ですから、ビフィーナSでビフィズス菌を送り続けることは腸内環境において助けになる、ということです。

胃酸で死滅しない特殊カプセル採用

ビフィズス菌を腸に届けることで得られるメリットは、分かっていました。しかし、ビフィズス菌は熱や酸などの、外的刺激に弱く、胃酸という関門を生きたままスルーをすることが出来ず、商品化は難しいと言われていました。

しかし、森下仁丹が開発したシームレスカプセルというつなぎ目のない特殊なカプセルにより、腸でビフィズス菌を放つことに成功したのです。

このカプセル下でのビフィズス菌生存率は90%を誇ります。開発当時の秘話や想いについての記事もございます

当時の一般的なカプセルには、継ぎ目があった。だが中に入れる液体が染み出さないようにするには、継ぎ目をなくさねばならない。改良を重ねて生まれたのが、球形のシームレスカプセルだった。

(中略)

ビフィズス菌研究を長年手がけてきた東京大名誉教授・光岡知足氏と「ビフィズス菌を胃酸から守る方法はないか」と検討の末、シームレスカプセルをさらに強化して胃酸に耐えられる性質の皮膜を開発した。これを2重にしたカプセルを使用する。

出典:「ビフィズス菌を腸に届けよ」 難題を解決した凄いカプセル | Jcast

このシームレスカプセルは、経口ワクチンに応用する研究にも登場しています。さらなる発展を見せてくれそうです。

オリゴ糖

ビフィーナSは筒状のサプリメントです。内容をお皿に出してみると、黄色と白のカプセル、そして白い粒粒が見えると思います。カプセルには生きたビフィズス菌と乳酸菌が閉じ込められていて、白い粒粒は「オリゴ糖」です。

オリゴ糖は、善玉菌の栄養源になるもので、こちらを添加することで、腸に届いてからの繁栄は約束されていると言えそうです。

整腸作用の高い乳酸菌2種も入れられ、相乗効果にも期待できます。ビフィーナSは、機能性表示食品の届け出もしており、信頼と実績の伴ったサプリメントだとお分かりいただけたと思います。

お腹のガス溜まりが起こるメカニズム

今回の議題「お腹のガスの溜まり」について、詳しくみてみようと思います。まず、お腹にガスが溜まるメカニズムです。

お腹に溜まるガスは、大きく分けて以下の3つに分類されます。

  • 口から入る空気
  • 胃液と膵液が混ざった時に発生するもの
  • 腸の悪玉菌が作り出すもの

それぞれの原因と、対処法をみてみましょう。

口から入る空気

誰でも口から呼吸して生きていますが、今回は食べたり飲んだりするときに、空気を巻き込み、消化管に空気を入れてしまった場合を指します。

一口に食べる食事の量が多い場合や、早食いだと、空気を取り込む量が増えてしまうようです。炭酸飲料なども、お腹の中で空気を発生させるのでガスの増える原因になります。

対処法

口から入る空気を減らすことが、対処法になります。無意識に空気を飲み込む病気(かみしめ呑気症候群や空気嚥下症)もあり、この場合は医師の診断が不可欠です。

一口の大きさや早食いに、思い当たることがあるようでしたら、一口を適量にし、よく噛んで食べるようにすることで、ガス溜めを防ぐことができるでしょう。ビールなどの炭酸入りのお酒も控えるべきです。

胃液と膵液が混ざった時に発生するもの

こちらは、消化の過程で起こりうることなので、どなたにでも発生するものです。胃酸は膵液で中和されるのですが、この反応で炭酸ガスができます。

対処法

この時に発生したガスは、腸から血液中へ吸収されて、肺から体外に出ていってしまうので、この反応で不快になるほどのガスの発生は考えにくいようです。

腸の悪玉菌が作り出すもの

腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、中間的な菌(日和見菌)も悪玉菌と同じ働きをして便を腐敗させ、有害物質が絶えず作り出されるようになります。その結果ガスも多くなり、お腹が張るなどのガス溜まりの症状が出てくるのです。

対処法

まずは悪玉菌を減らし、腸内環境を整えることが対処法になります。食事内容も、ガスの増えやすいものを避けることで、防ぐことができます。

健康的には貢献してくれる以下の食材は、腸内ガスが出やすくなるため、症状がひどいときは控えるようにしましょう。

  • イモ類
  • 豆類
  • 根菜
  • 発酵食品

悪玉菌の大好物である肉類・脂肪もNGです。

ビフィーナSはガス発生を抑制してくれるの?

以上から、自分で意識できるガス溜まりの対処法は以下の2つに絞られるのではないでしょうか。

  • 口から入れる空気を少なくする努力
  • 腸内環境を整える努力

食事や飲み物を飲むときは、ゆっくり落ち着いて行ってください。飲み込む空気の量を、最小限にできます。よく噛むことで食べ物は消化のよい状態になり、消化管への負担も減って腸内環境の改善につながるでしょう。

ここで、もう一つの議題「ビフィーナS」に話を戻します。先ほどもお伝えしていますが、ビフィーナSには「腸内のビフィズス菌増加効果による腸内フローラ改善」のデータと認定がありました。

ビフィーナSは、腸内を酸性に保ち、悪玉菌の繁殖に抗うことができます。つまり、悪玉菌の発生させる有害物質とガスの抑制も可能ということです。

善玉菌は、腸の蠕動(ぜんどう)運動も促進して、排便を促す役割もあります。異常なガス発生にはつきもののお通じ改善も期待できることから、ガス溜まり経験者には、強い支えになってくれることは、疑う余地がなさそうです。

実際に、ガスだまりの解消を体験されたかたの口コミを寄せていただきましたので、こちらでご紹介させていただきます。

ビフィーナSでお腹のガス溜まりが解消?体験談

もともとガス溜まりを悩んでいた方は、腸内環境の悪さに目を付け、腸内環境の改善をうたうビフィーナSを飲み始めた人も多いようで、宿便とは違って、沢山の口コミの入手ができました。

悩み 夕方になるとガスが溜まって苦しい26歳女。快便ではない。
ビフィーナS購入のキッカケ ガス溜まりのコミュニティで話題になっていたから。
飲み始めての変化 お通じも良くなってきて、張りもなくなった。

几帳面な性格なので、食事も運動も気を配っていたつもりでした。でも、2~3日に一回ほどのお通じで、物足りないと思っていました。一番の悩みだったのは、お腹がパーン(ピーン?)と張ってたことですね。

普段はガスを漏らさない努力!(当たり前だけど)
張ったお腹が隠れる服!
トイレで出そうと思うときは、、、、出ない涙

なんてことが続いてて、SNSで同じ悩みを持つ人が集うコミュニティがあるんですが、そこで話題になっていたビフィーナSを買って試してみました。1週間飲み続けたら、便通が変わってきました。

コロコロ便を見なくなって、お腹の張りとガスもかなり軽減されました。ずっと効いてくれるといいなーって思います。

まとめ

ビフィーナSで、腸内フローラを良好に保つことで、ガスの溜まり防止にもなり、そのことを体感されている方の存在も明らかになりました。

悪玉菌が増えるような腸のトラブルは、やがて有害物質が全身に回り、肌荒れや臓器を痛めるなど、様々なトラブルの出どころになるでしょう。お腹のガスによる張りは、その予兆に過ぎないのかもしれません。

予兆が出た時点での対策は、その後の惨事を防ぐことになりますので、パンパンに張ったお腹を放置しないようにお願いいたします。

ビフィーナSは、Amazonや楽天での購入よりも、公式ホームページでの購入がお得ですよ。

公式ホームページ Amazon 楽天
30日分価格 2,980円 3,060円 3,856円
送料 無料 無料 アリ
備考 初回限定価格
おなかチェックカレンダー付

様々な特典が受けられる上に、一番価格の安い公式は、こちらからご確認ください。


腸内環境の改善はサプリメントが効果的


食事やヨーグルトで乳酸菌を摂取するのも良いですが、改善までに時間がかかるし、まず第一に、継続することができますか?

継続のしやすさ、コスト、効率、から見てもサプリメントが最強。主婦からサラリーマン、老後の人生を送っている方に支持されているサプリをランキングしました。

外さないランキング。となっています。

btn-low

-サプリメント

Copyright© 腸内フローラを改善!意外と知らなかった腸の影響 , 2017 AllRights Reserved.